投資情報

世の中、焼肉屋と唐揚げ屋ばかりなり

投稿日:

Pocket

日本の食文化も危機

コロナで外食産業が大きく変わりました。

外出を控えることによって、外食、宿泊、観光などの産業が大きく毀損され、倒産、廃業が続出しました。

飲食店については、コロナ前も年々店舗数が減少しており、厳しい業界であることに変わりはありませんでした。  

そこへ来てコロナですので、さらに厳しさに拍車がかかりました。

<スポンサーリンク>

食べなければ生きていけない

生活に必須の衣食住の中でも、食はどこかでは食べなければ生死に関わります。だから必ず食べるのですが、外出できないので、多くの人は外食をやめて中食、内食に大きくシフトしました。

そうすると、当然外食産業はまともにやっていけません。

家賃や人件費などの固定費が重くのしかかり、食材の仕入れなどの問題も生じてきます。

テイクアウェイを始めてなんとか穴埋めしようと頑張りますが、店内飲食と比べたら客単価が全く違うので焼石に水です。

もともと宅配をやっていたり、持ち帰りが容易な業態は逆に売上を伸ばしたところもありますが、全体的には大打撃です。

<スポンサーリンク>

Xserverドメイン

それでも競合して倒産激増

これだけ厳しい状況でも、辞めていく店もあれば、新規に参入するお店もあります。

撤退したお店を居抜きで入れば、コストを抑えることができますし、厨房設備を安く譲り受ければさらに創業費用を節約できます。

どんなお店でも開店するにはそれなりのコストがかかり、マイナスからのスタートになるので、そのマイナスを少しでも減らせれば大きなアドバンテージになります。

事実、気がついたらお店が変わってたということがよくあります。

だから新規参入店と既存店はまた競合し、負けたお店は潰れるのです。

<スポンサーリンク>

【投資の達人になる投資講座】

もうこの流れは変えられない

飲食店は、緊急事態宣言等が発令されている間はもちろん、そうでない時でも人数制限等があり、まともに営業できない日が続きました。

そして宣言等が解除されたからといって、一気に人が街に繰り出すこともありません。

企業ではテレワークが浸透し、そもそも家から出ないという人が多くなり、自然と飲食店にも行かなくなりました。

もしコロナが完全に終息しても、この流れは変えられないでしょう。

もう完全に行動様式が変わってしまったのです。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人になる投資講座】

老舗や高級店も廃業

老舗や高級な飲食店も例外ではなく、老舗だったり有名だからといってこの流れに抗うことはできません。

むしろ社用族に支えらるこういったお店こそがしんどいのです。

伝統ある和食やフレンチのお店も例外ではないのです。

その結果日本食をはじめ、日本の食文化がかなり廃れる危機にあります。

簡単な料理のお店ばかりが増える

和食やフレンチは作り手の手間ひまがかかります。また、食材もそれなりにいいもの、を使います。

そうすると、当然料理の単価も張り、一般人の足は遠のきます。

また、居酒屋は安いのですが、品数が多くそれなりに在庫管理が大変です。

結果、焼肉や唐揚げのような安くて簡単な料理で、オペレーションも楽なお店ばかりが増えていきます。

事実、大手居酒屋で原則焼肉店に業態転換しているところもあります。

このままいけば、世の中本当に焼肉屋と唐揚げ屋ばかりになるでしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SNSで貴重な時間を浪費するな

Contents1 スマホで変わった時間の使い方2 確かにSNSは楽しい3 一日のうちSNSに費やす時間は?4 SNSで得られること4.1 プライベートでは4.2 ビジネスでは4.3 関連 スマホで変 …

八王子アパート階段崩落事故の衝撃

Contents1 不動産投資業界に激震2 責任の所在2.1 まずはオーナーの責任が問われる2.2 建物の建築会社の責任2.3 建物の管理会社や検査機関も3 手抜き工事が原因4 安かろう悪かろうの典型 …

確定拠出年金で節税、運用益をダブルゲット

Contents1 貯蓄から投資へ2 確定給付から確定拠出へ3 それぞれのメリット、デメリット3.1 企業側3.2 従業員側3.2.1 リスクが大幅に上昇3.2.2 メリットもある3.2.2.1 1. …

南アジア不動産投資(スリランカ編)

Contents1 スリランカのイメージ2 他のアジア諸国の不動産は?3 スリランカは最後のフロンティア?3.1 経済成長率3.2 地理的場所3.3 内戦終結3.4 観光客増3.5 ホテル不足3.6 …

これからが本当の働き方改革だ

Contents1 コロナウイルスの影響で世界は大混乱2 会社の対応2.1 進んでいる会社は違う2.2 一方で何もしない会社も3 今流行りの働き方改革4 これは不幸中の幸いだと思うしかない5 従業員は …