投資情報

ギャンブルより本当の投資で稼ぐ

投稿日:

Pocket

なぜギャンブルに行くのか

世の中でギャンブルと言われている競馬、競輪、競艇、パチンコ、宝くじ等はいつの時代もなくなりません。なくならないどころか、いつも盛況です。

なぜこれらに行くのでしょうか?

馬がキレイだから?競輪選手の太ももが魅力的だから?ボートの操縦技術がすごいから?

純粋にそれらを楽しむという人が稀にいるかもしれませんが、ほとんどの人はもちろんこれらで稼ぎたいからです。

経験上ほとんどの人が負けているのを知っているのに、自分だけは今度は勝てると信じてしまうのです。

<スポンサーリンク>

本当に稼げるのか

では本当にギャンブルで稼げるのでしょうか?

確かにプロはいます。

パチンコなどではよく聞きますし、競馬や競艇でも高い確率で勝ってる人もいます。

しかし、プロとはそれで飯を食える人ですので、それこそそんな人は数えるほどしかいないでしょう。

ということは、ほとんどの人が稼げないのです。

<スポンサーリンク>

なぜ稼げないのか

総枠が決まっている

ギャンブルは総枠が決まっていて、それをみんなで分け合う仕組みです。

だから、もし大当たりしたと思っても、そこに多くの人がいればその人たちと分け合うことになり、身入りは大したことがないことになります。

そしてもちろん取り合いなので、数少ない勝者以外のほとんどが敗者になります。

胴元の取り分が大きい

ギャンブルは胴元がしっかり儲ける仕組みになっているため、そもそもプライヤーの取り分が少ないのです。

胴元の取り分(控除率)はギャンブルによっても違い、それによってプレイヤーの取り分(期待値または還元率)も決まってきます。

総務省によると、競馬、競艇、競輪の期待値は74.8%、パチンコ、スロットは70〜85%、宝くじに至っては45.7%という悲劇的な数字です。

一回のみの行為であれば、運が良い時もありこの限りではありませんが、何回もやればこの数字に収束するのです。

前述の通り総枠が決まっていて、さらに胴元が確実に決まった割合を持っていくので、その中で取り合いをしなければならないのです。

※総務省の資料より

<スポンサーリンク>

再現性がない

運の部分が大きいギャンブルでは、一度勝って稼ぐことができたとして、また同じような方法を取ったとしても再度勝てるとは限りません。

むしろ、限りなくその可能性は低いのです。つまり再現性がないのです。そうでないと、ギャンブルではなくなってしまいます。

<スポンサーリンク>


宝くじで高額当選すると

上記の期待値の通り、宝くじは最もやってはいけないことと言われています。

まずはほとんど当たらないこと(少額ならじゃんじゃん当たります)と、万一高額当選となった場合、ほとんどの人がその後の人生がダメになると言われているからです。

当たらなくても地獄、当たっても地獄というわけですね。「10億円当たったらどうしよう。アレしてコレして」と考えているだけが一番幸せかもしれません。

<スポンサーリンク>

優良企業多数!フリーランスエンジニア案件情報サイト【ポテパンフリーランス】

ギャンブルより投資で稼ぐ

どうしてもギャンブルをやりたいのであれば、ギャンブル性の高い投資、つまりハイリスク・ハイリターンの投資をすればいいのです(オススメはしませんが)。

しかし、そうやっていろいろ調べているうちに、だんだんローリスク・ローリターンの投資が堅いと思えてきます。

そして、最終的に、株、債券、不動産に落ち着くはずです。

しっかりやれば、ギャンブルとは比較にならないくらい稼げることもあり得ます。

なんといっても総枠がない、稼ぎは青天井なのです。

 

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老後2,000万円問題に見る自己責任の感覚

Contents1 「老後2,000万円必要」はショッキングな報告か?2 これを聞いた人の反応2.1 一般人2.2 政治家3 実際年金はどうなる?3.1 支給額減額3.2 支給時期の繰り下げ3.3 保 …

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

投資すべき本当の理由

Contents1 投資すべき理由2 本当の理由3 投資しないと生きていけなくなる3.1 雇用形態3.2 物価の上昇3.3 増税、社会保険料の負担増等4 人間は必要に迫られないとやらない4.1 例えば …

現金至上主義ニッポン

Contents1 便利にはなった2 日本人は慣れているが3 中国でさえも4 海外からの旅行客に不評5 東京オリンピックに向けて5.1 関連 便利にはなった 最近、大都市圏では電車やバスの公共交通機関 …

小銭を軽んじるな!

Contents1 1,000円の攻防2 具体的には2.1 嗜好品2.2 携帯代やゲーム2.3 タクシー代2.4 100円ショップ2.5 コンビニでの買物3 お金持ちにはなれない3.1 関連 1,00 …