「 投資情報 」 一覧

別荘は要らない

コロナで脚光を浴びた別荘 コロナパンデミックで社会の様々なことが変わっていますが、リモートワークが広がり、ある意味どこでも仕事ができる環境が整ってきたことは一番の変化かもしれません。 だから自宅が必ず …

物価は上がるもの

激しく上がる物価 元々コンテナ不足で海上輸送が滞っていたり、コロナ明けのリベンジ消費などで需要が旺盛になっていたところに、ロシアのウクライナ侵攻が重なり、世界中で激しく物価が上がっています。 物価が上 …

コロナ減退で運輸系は蘇るか

入国が厳しい日本 コロナ禍はもう2年以上も続き、新規の感染者はまだまだいるものの、世界的にはそろそろ落ち着いてきたような雰囲気があります。 しかし日本では未だマスク必須で、イベントもまだ中止だったり規 …

世の中、焼肉屋と唐揚げ屋ばかりなり

日本の食文化も危機 コロナで外食産業が大きく変わりました。 外出を控えることによって、外食、宿泊、観光などの産業が大きく毀損され、倒産、廃業が続出しました。 飲食店については、コロナ前も年々店舗数が減 …

減価償却費計上で節税だ

所得圧縮スキームの定番 不動産投資において、建物の減価償却費を計上し、賃料や会社員としての給与所得などの収益と相殺すれば、課税所得が減り、その結果納める税金も少なくなります(税の還付を受けられます)。 …

もはや日本円は安全資産ではなくなった

「有事の円買い」は何処へ 過去何年もの間、戦争や自然災害など有事においては日本円が買われる、所謂「有事の円買い」が常識でしたが、ここ最近はこれが通じなくなっています。 つまり、今まで有事の際に、安全資 …

大手企業のサラリーマンからの独立が王道だ

お金持ちへの道 この世の誰しもがお金持ちになりたいと願っていると思います。 しかし、どうやって金持ちになるかの方法は様々です。 また、どの程度の金持ちになりたいのか、金持ちになって何がしたいのかによっ …

海外不動産投資はこれからだ

税法改正 海外不動産の減価償却費計上による損益通算 令和3年分から、賃貸用海外不動産の簡便法で計算された減価償却費による赤字と、国内の給与所得等を損益通算できなくなり、このスキームを使って節税していた …

インフレの国に投資し、デフレの国に住む

インフレ 物価は上がるもの 風船が膨らむが如くモノやサービスの価格が上昇することをインフレ(インフレーション)といいます。 日本は長らくその反対のデフレ(デフレーション)だったので、インフレを意識する …

岸田くんの安易な政策に失望感MAX

新しい資本主義と岸田ショック 「成長と分配」の名の下、安易な増税案をぶち上げた岸田首相。 いまさら何を言っているんだ、というのが第一印象でした。 昔から所得の再「分配」は行われていますが、さらに踏み込 …