投資情報

英才教育にお金を使うことは投資になり得るか

投稿日:

Pocket

ゴルフに投資する?

私は時々「ゴルフに何百万も投資した」と言っては後悔しています。しかし本当にゴルフをするのは投資でしょうか。またどうして「投資」という言葉を使うのでしょうか?

ゴルフは少なくとも筆者には投資ではなかったですね。プロではないので、当然最初からリターンの方が少ないとわかっています。単に言葉の使い方が間違っていただけです。

もっとも、ゴルフを通じてスゴイ人脈を得たとか、上手であれば会社で重宝され、出世が早くなったとかいうこともあり得ますが、飽くまで結果論です。

ただ、筆者としては、当時は楽しくゴルフをしてましたし、自分としては当時のベストの選択だったとしか言いようがありません。時間が経たないとわからないことは沢山あります。

もし当時に戻れるなら、おそらくもっと歳をとってから始めることを選択したでしょう。若い時には他にやるべきことがもっとあると思います。

<スポンサーリンク>

[ad#shoshinsha336280]

もしそのお金を運用していたら?

特に、ゴルフに使ったお金を、20歳くらいから海外のファンドなり保険なりに毎月積立投資し、複利で運用していれば、と思うと悔やんでも悔やみきれません。

しかし当時、筆者にそのようなことを教えてくれる人は誰もいませんでしたし、自分でもそういう知識もなく、その存在すら知らなかったので、しょうがないといえばしょうがないかもしれません。

<スポンサーリンク>

幼少期から英才教育をすることは?

では、野球などプロスポーツ選手になるため、幼い頃からその道一筋に英才教育をすることはどうでしょうか?

野球以外では、サッカー、ゴルフ、テニス等が挙げられますが、これらも普通に考えると非常に厳しいと言わざるを得ません。

まず、入口の門が狭すぎるし、運良くそこに入ってもスポーツ選手としての寿命も短かすぎます。また、その後の長い人生の選択肢も狭まります。

短い競技生活で毎年何億も稼げるのであれば話は別ですが、現実的にそのような人はひと握りもいません。

ワールドカップやオリンピックで日本人が活躍すると、そのスポーツが一時的にブームになり、それを教える教室も活況を呈します。

しかし、だんだん日を追うごとに生徒が減っていきます。親も現実がわかり、諦めていきます。

親が勝手に子供にやらせといて、やっぱりダメだと思い、無理矢理やめさせるのは許されませんが、子供をうまくリードすることは大切です。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

いろいろなことに興味を持ち、経験したい

一つのことに夢中になるのは素晴らしいことですが、それしかできない人間になるのはリスクが大きすぎます。

人生100年時代になり、サラリーマンでも引退後相当な期間生きることができますし、逆にそれは「長生きリスク」とも言われます。

長い人生は何があるかわかりません。浅く広くやることも重要です。特に若いうちは吸収が早いので、いろいろなことを経験させてあげるのが理想です。

要はバランスです。人生でも投資においても、ハイリスク、ハイリターンは避けたいですね。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バングラデシュの不動産に賭ける

Contents1 実際にバングラデシュに行ってみた2 実際のところ、バングラデシュってどうなの?3 バングラデシュのポテンシャル4 バングラデシュには富裕層も多い5 だからバングラデシュに投資する …

だから、金持ちにならなければならないのだ

Contents1 消費税増税で議論される税制2 消費税は最も取りやすい税金3 金持ちは優遇されている3.1 お金のない人3.2 富裕層4 日本は先進国で最低の所得税の負担率5 文句を言っても仕方ない …

あなたにもできる、保険金請求

Contents1 保険2 保険会社は儲かる3 そんなもの?4 普段あまり使う機会がない保険4.1 火災保険4.2 地震保険5 最近の異常気象6 ダメ元で請求する7 修理しなくても良い8 保険に限らな …

楽天ユーザーは楽天証券がお得

Contents1 楽天証券2 楽天証券と楽天銀行の連携2.1 マネーブリッジで資金の流用2.2 ハッピープログラム2.3 優遇金利3 楽天ポイントを貯めることができる3.1 売買手数料で貯める3.2 …

世の中、焼肉屋と唐揚げ屋ばかりなり

Contents1 日本の食文化も危機2 食べなければ生きていけない3 それでも競合して倒産激増4 もうこの流れは変えられない5 老舗や高級店も廃業6 簡単な料理のお店ばかりが増える 日本の食文化も危 …