投資情報

だから、金持ちにならなければならないのだ

投稿日:

Pocket

消費税増税で議論される税制

19年10月から予定の消費税増税が近づいてくると、消費税やその他税制の是非を巡って議論が展開されます。

もうほぼ決まった(諦めた?)感じのする消費税ですが、もっと早く議論しなければならなかったはずです。

<スポンサーリンク>

消費税は社会保障費へ?

日本は、消費税を増税して社会保障費に充てなければ大変なことになる、とIMFからも勧告されている程社会保障費はうなぎ登りになっています。

だから、大義名分の下、政府は消費税を上げる方向で強行すると思われます。取りっぱぐれのない消費税は、一見痛みを分かち合う、平等な税と理解されていることを国民に信じ込ませているからです。これは元々消費税が導入された理由でもあります。

[ad#shoshinsha336280]

金持ちは優遇されている

ここでは消費税そのものというよりも、他の税と合わせてお金持ち(富裕層)は優遇されているということに焦点を当てたいと思います。

お金のない人

まず、消費税は消費した人に平等に課せられるものです。ですので、一見平等です。

しかし、お金のない人は所得のほとんどを消費に回します。というか、余裕がないため回さざるを得ないのです。そうすると、所得の全部に例えば税率8%が課せられます。

富裕層

一方で富裕層は所得の一部を消費に回せばいいのです。だから、全所得に占める消費税の割合が8%以下に薄まります。

そしてここからが大事なのですが、富裕層は消費に使った分以外を投資に回します。その投資が例えば株だとします。その株で得た利益については原則20%しか税金がかからないのです。

20%は高い?いえ、そんなことはありません。

通常所得税は累進課税で、所得が多ければ多いほど、全所得に対し高税率の税金が課せられるはずですが(住民税と合わせて最高55%)、株の譲渡所得に対しては通常の所得と損益通算しないので、富裕層にはお得になるのです。

こうやって富裕層とそうでない人の格差が広がっていくのです。

<スポンサーリンク>

先進国で最低の負担率

先進国の所得税で、日本は最低の税率と言われれています。そして所得税はそのほとんどを富裕層が払っているため、そのまま富裕層の税率が低いと考えていいのです。

これは前述の株の譲渡益に対する税率の他にも、富裕層はいろいろな節税方法を知っているので、結果的に負担率は意外と低いのです。

文句を言っても仕方ない

本来富裕層の富を社会に再分配するのが、税制の基本的な考え方ですが、現実は上記の通りです。

だから、税制を変えろと叫ぶべきで、その意思を選挙に反映するべきです。

しかし、残念ながらその意思が国政に反映されないのであれば、自分が富裕層になるしかありません。富裕層になって徹底的に優遇されればいいのです。

<スポンサーリンク>

ホームページ作成サービス「グーペ」

世の中は公平ではない

世の中は税金だけではなく、あらゆることは、基本的にお金持ちに有利なように出来ているいるのです。

あのピケティも言ってるように、資本を持っている人がますます金持ちになり、持ってない人との格差が広がっていくのです。

このことを肝に銘じて日々生活するべきなのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

とにかくキャッシュポイントを多く持つ

Contents1 キャッシュポイントが命2 副業は必須2.1 企業2.2 公務員3 国は国民を守ってはくれない4 どんな時代でも稼ぐ4.1 関連 キャッシュポイントが命 危機の際に思い出すのが、この …

為替の影響を受けないための3つの要素

Contents1 為替を考えずに生きて行ける?2 大事なことは?3 必要な3つの要素3.1 自分で決めたルールに則って取引をする(ルールを絶対守る)3.2 定期的に投資する3.3 世界の情勢を常に意 …

自分をコントロールする事の難しさ

Contents1 一流の人は2 「自分をコントロールする」とは2.1 プロスポーツの世界2.2 宝くじの高額当選者も3 投資の世界では3.1 欲と戦う?3.2 ルールを作る3.3 関連 一流の人は …

国内不動産投資はもう終わったか?

Contents1 投資の王道2 ネガティブな要因2.1 人口減少2.2 供給過多2.3 可処分所得の減少2.4 金利2.5 有事3 対策3.1 立地3.2 業者3.3 分散投資3.4 関連 投資の王 …

日本へは投資すべきか?

Contents1 日本の景気はいいのか?1.1 法人の所得額は過去最高1.2 飲み屋はいっぱい、タクシーも行列1.3 株高も2 恐ろしい今後の日本2.1 株価は下がっていく2.2 人口減少と超高齢化 …