旅情報

ホテル京セラでゆったり過ごす

投稿日:

Pocket

京セラ唯一のホテル?

「ホテル京セラ」は鹿児島県にある京セラが運営するおそらく唯一のホテルです。

筆者も京セラと聞いて「?」となりましたが、間違いなくあの京セラです。

なぜなら、HPで創業者があの稲盛さんであることを確認したからです。余談ですが建物の設計はあの黒川紀章氏です。

ちなみにこのホテルの近くには京セラの工場もあります。工場の用で出張する人は間違いなくこちらに泊まるでしょう。

吹き抜けがすごい

 

<スポンサーリンク>

微妙な立地

場所は鹿児島市中心部から約30キロ離れた霧島市にあり、逆に鹿児島空港からは近く、車で20分ほどで、路線バスも空港から出ています。

またJR隼人駅から徒歩15分ほどなので、極端に不便というわけでもありません。隼人から鹿児島市内へは電車で30〜40分くらいで行けます。

ただやはり立地的に、ビジネスで泊まる人よりレジャーで利用する人がほとんどだと思います。

 

別館へは渡り廊下で

<スポンサーリンク>

リゾートホテルの部類

このホテルは立地そして下記の施設を考えると普通のビジネスホテルではなく、リゾートホテルです。

この立地故、霧島連山や桜島を望む南霧島温泉を楽しめる大きなメリットがあります。

圧倒的な吹き抜けの周りに客室が配置され、非常にゆったりした空間がとても気持ちいいです。

ここにゆっくり滞在し、ゴルフなり観光なりを楽しむのがいいと思います。

鹿児島県ではあるものの、薩摩半島と大隈半島のちょうど中間くらいに位置しており、宮崎県や熊本県もすぐそこです。

<スポンサーリンク>

施設

温泉

本館地下一階に、ホテル直下1,050mの源泉を持つ温泉大浴場があり、朝6:30から夜11:00まで入浴することができます。

部屋から浴衣とスリッパのまま手ぶらで行き、入口で部屋番号を告げタオルをもらいます。この気軽さはいいですね。

またロッカー、セイフティボックスもあり安心して入浴することができます。

露天風呂はないですが、水温が熱めとぬるめ、そして水風呂があり、サウナもあって十分です。

プールとジムも

温泉の隣には温水プールがあります。またジムも完備しており施設としては申し分ありません。

他にスパや期間限定の施設もあるため、夏休みなどはもっと楽しめるかもしれません。

ウェディング

本館にはチャペルがあり、もちろん披露宴もできます。

縄文遺跡ミュージアム

本館と別館が3階部分の渡り廊下でつながっていますが、ここに「縄文遺跡ミュージアム」があります。

ミュージアムといっても、日本各地の縄文遺跡の紹介や、遺跡から出土した縄文土器などが展示してあるだけです。

ただ、意外と日本中にいろんな遺跡があることがわかり、勉強になりました。

縄文遺跡ミュージアム

 

<スポンサーリンク>

建物は古いが

2022年で創業から27年が経ち、客室等もだいぶくたびれているので、最新のホテルがいいという人には向きませんが、清潔感があり、筆者には十分すぎます。

そして、やはりなんといっても前述の通りゆったりとした空間は魅力的です。

田舎なので土地が広く、建物も余裕を持って建てているので非常に開放感があります。

 

 

古さは否めない

 

<スポンサーリンク>

【投資の達人になる投資講座】

ビジネス利用でもOK

鹿児島市内から離れたリゾートホテルであっても、少し移動すれば十分ビジネスとしても使えます。

特に温泉好きな人はあえてここに泊まってもいいでしょう。

ビジネスホテルの所謂「なんちゃって温泉」とは違います。

また、スポーツなどの合宿にも使えます。実際、筆者が宿泊した時も、実業団の団体が使っていました。

少し時間に余裕がある人は泊まってみてはいかがでしょうか。

 

ホテル京セラでゆったり過ごす

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最強のクレジットカードは何か

Contents1 クレジットカードは永遠のテーマ2 目的別最強カード2.1 ◎ポイント派は楽天カード2.1.1 ポイントがザクザク2.1.2 プライオリティ・パスがついてくる2.1.3 三重獲りが常 …

ベストな旅のスタイルは?

Contents1 旅のスタイル2 歩きまわる3 旅のスタイルが変わっている4 苦労するのも旅のうち5 必ず考える事6 具体的なオススメのスタイルは? 旅のスタイル 一口に旅といってもそのスタイルは様 …

ラオスの首都ビエンチャンを1日で楽しむ

Contents1 ラオスという国2 首都ビエンチャン2.1 ビエンチャンはこぢんまりした首都2.2 1日で十分2.3 ビエンチャンの主な見どころ2.3.1 パトゥーサイ2.3.2 タート・ルアン2. …

日本人は人生を楽しんでいるか?

Contents1 海外旅行先での日本人の少なさ2 海外旅行をしない理由2.1 休みが取れない2.2 国内に楽しいことがたくさんある2.3 お金がない3 海外旅行だけが人生の楽しみではないが・・・4 …

世界で住みたい場所を考える

Contents1 わからないことが多すぎる2 移動の自由を楽しむために3 どういうところに住むか?4 定住しなくても住む場所にはこだわる わからないことが多すぎる 世界には本当にいろいろな素晴らしい …