投資情報

マイナポイント5,000円分を今すぐゲットだ

投稿日:

Pocket

マイナポイントとは

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、 選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、 そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが 「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

(※)QRコード決済(○○Pay)や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどのことです。(総務省HPより)

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

マイナポイントの目的

マイナンバーカードの普及

マイナンバーカードの普及率は、20207月現在で約16%と依然として低い状況です。

コロナ関連の定額給付金をネットで申請するためには、マイナンバーカードが必要だったため、一気に加速すると思ったのですが、結果的にネットで申請してもしなくてもほとんど給付金が振り込まれる早さは変わりませんでした。

こういったことが、よりマイナンバーカードが普及しない原因となっているのでしょう。

キャッシュレス決済の普及

日本のキャッシュレス決済比率は、20201月時点で約20%と相変わらずの低空飛行です。

主要各国が4060%と言われてる中で圧倒的な低さです。国は、2025年までに40%、将来的には80%を目標にしているようです。

消費の活性化

マイナポイントは、現金ではなくポイントで還元されるので、預金等に回ることなく消費されることが予想されます。

ただ、ポイントをもらったから普段より多く買い物しよう、という人がどれだけいるか不明です。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

どうやってマイナポイントをゲットするか

マイナポイントをゲットするのは簡単です。

以下の手順で誰でもできます。

①マイナンバーカードの取得

      

②クレジットカード等とマイナンバーカードの紐付け

      

20,000円分の買い物またはチャージ(※)

      

④マイナポイントをゲット

(※)チャージでもOK

最大の5,000円分のポイントをもらうためには、20,000円の買い物等をしなければいけないのですが、20,000円も買い物しないよ、という人はチャージをしてもいいのです。
<スポンサーリンク>

子どもの分もゲット

実は未成年者であってもポイントをもらうことができます。もちろん赤ちゃんもです。

子ども等が対象となるクレジットカード等を持っていなくても、法定代理人である親名義のカード等に紐付けすれば良いのです。ただし、親が既に登録したカード等と同じものには登録できません。

だから例えば4人家族であれば、5,000×4人で20,000円分のポイントをもらうことができるのです。

国の予算に注意

このポイント還元事業は国の予算でやっています。

ポイントとして還元されるのは、2,000億円です(事務費などで別途500億円)

つまり、一人当たり5,000円分をもらうとすると、4,000万人に到達した時点で打ち切りです。20213月末までの期間内であっても、予算がなくなれば終わりますので、とにかく早めに行動するべきです。

<スポンサーリンク>

マイナンバーカードの取得には時間がかかる

上記の通り、マイナポイント申込の手続き自体は簡単なのですが、マイナンバーカードがないと手続きができませんので、マイナンバーカードがない人はまずマイナンバーカードを取得する必要があります。

マイナンバーカードの取得には、申請して1カ月以上必要と言われています。しかし現在は、役所で準備はできているんだけど、直接役所に出向いて交付を受ける予約が取れないので、実際に手に入るのは数ヶ月先になるとも言われていますので、要注意です。

とにかくなんでも早めにやるのが鉄則です。

ノーリスク・ハイリターン

投資の世界では、ほぼ必ずリスクとリターンは釣り合うのですが、このマイナポイントについては完全にノーリスク(0%)・ハイリターン(25%)です。

たかが5,000円分ですが、例えば楽天カードに還元されたポイント5,000円分を使って、楽天証券で株を買うこともできるのです。そしてそれを倍々で増やすことも可能なのです。

タダであげると言われてるものを断る理由はありません。

※総務省HP

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャイナマネーを追え!

Contents1 チャイナマネーを追え2 日本人と中国人の違い3 日本人がやるべきこと3.1 基礎を学ぶ3.2 教育4 情報が命4.1 関連 チャイナマネーを追え 標題の文言は、格言みたいによく言わ …

金融機関のカモになる日本人

Contents1 金融商品を扱う金融機関2 カモがネギを背負ってやって来る3 半分以上の投資家は儲からないという事実4 営業マンに聴いてみよう5 金融庁長官が異例の指示6 原因はいつも同じ6.1 関 …

米国不動産投資で、ダブルで稼ぐ

Contents1 米国不動産投資のイメージ2 どこから情報を得るか?3 米国不動産を推す理由3.1 人口増3.1.1 米国3.1.2 他国3.2 法整備3.2.1 米国3.2.2 他国3.3 減価償 …

情けない大学入試制度改革の混乱

Contents1 大学入試が変わる1.1 英語の混乱1.1.1 延期1.1.2 そもそも民間試験の主催者のポリシーが違う1.1.3 グローバル化への対応1.2 記述式の混乱1.2.1 無謀1.2.2 …

日本はもはや後進国?

Contents1 孫さんの言葉2 「後進国」である理由2.1 イノベーションが起こりにくい2.1.1 なぜ起きない?2.1.2 実は昔からそうだった2.2 生産性の悪さ2.3 台風が来ても2.4 ど …