投資情報

日本の銀行も淘汰の時代

投稿日:

Pocket

銀行の支店、営業所が減っていく

昨今、銀行の支店や営業所の閉鎖、統合、そしてそれに伴う従業員の削減が激しくなってきています。

もう数年前から地銀の倒産、合併が頻繁に起きています。人口減少の激しい地方は銀行も経営が厳しいので、当然といえば当然です。

それは今後地方にとどまらず、都市圏でも同様のことが起きてきます。

予想されていたことではありますが、いよいよ来たか、という感じです。

人口の減少も大きな要因ではありますが、その他にも銀行を取り巻く環境が非常に厳しくなっています。

<スポンサーリンク>

女性に人気!マンション投資の【JPリターンズ】

その他の要因は

具体的には下記の要因が挙げられます。

決済手段の多様化

基本的に銀行は手数料収入と、貸出と預金の金利差を収益の柱としています。

特に手数料については、窓口で振り込み等の依頼をすると、そんなに取るか?というくらい高額な金額を要求されます。

ネットの普及

しかし、今では新規参入の銀行を中心にネットバンキングが充実してきており、ネットで振り込めば手数料が格安または無料になり、窓口で手続きするという選択肢はなくなりました。

これからの時代、窓口を使うのはネットを使えない年寄りだけになるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の台頭

この数年で世の中を変えたと言ってもいい、暗号資産の台頭も大きいですね。

暗号資産を決済に使えば、銀行が介在する余地がないのです。つまり銀行に手数料が入って来なくなるのです。

決済スピード、手数料のことを考えれば、間違いなくみんな暗号資産を選択するでしょう。

今は銀行さえ暗号資産に参入しているわけですから。

[ad#shoshinsha336280]

AIの進化

以前からAI の進化により今後なくなる職業として、銀行の営業マンも挙げられていました。

もっともAI云々以前に、今でも特に何のスキルが必要なのかよくわかりませんが。

資産の分散化

日本人は資産の約半分を銀行の預金に入れているという、世界でも稀に見る銀行大好き国民です。

しかしその日本人も最近は資産を海外へ移したり、暗号資産や投資商品を買ったりと預金一本槍ではなくなってきました。

銀行に預けていても何のメリットもないことにやっと気付いてきたのです。

特にHSBCのように海外の銀行でも、世界中どこにいてもネットさえ繋がれば取引でき、世界中のATMから現金を引き出せれば、国内の銀行にこだわる必要はないのです。

<スポンサーリンク>

【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ

日本の金融商品の少なさ

日本は金融ビッグバンとか、貯蓄から投資へ、と言ってる割には投資後進国で、はっきり言ってまともな投資商品はありません。

投資信託のような法外な手数料を取る商品を普通に売っていて、金融リテラシーのない国民が普通に買っていました。

基本的にこの構図は変わりませんが、少なくとも海外に目が向いている投資家や、日本で納税したくないお金持ちは海外に移住し、まず日本の金融商品は買いません。

そしてそういう人たちが今後は間違いなく増えていきます。そうすると、手数料がどんどん減っていくのです。

固定費の高い銀行は淘汰される

以上のように、日本の銀行の役割がどんどん減ってきているのですから、固定費が高い人も支店や営業所の数も減らさなければ銀行はやっていけないのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大坂なおみから国籍の意味を考える

Contents1 全米オープン制覇2 別の話題も3 日本人とは4 日本特有の問題か5 もはや何人か?など問題ではない6 それでも世界に差別はある7 国籍にほとんど意味はない8 日本のパスポートを持つ …

日本の貧困率がヤバい

Contents1 経済大国のはずが2 街を歩いても、ニュースを見ても3 なぜそうなる3.1 富の偏在3.1.1 所得税3.1.2 消費税3.2 お金持ちが寄付をしない4 今後も変わらない5 最悪なこ …

投資にフリーランチなし

Contents1 格言2 永遠になくならない3 高利回りの投資商品4 楽して稼ぐことの誘惑5 楽して稼ぐ方法などない6 投資はこの3つしかない7 損しないようになっている7.1 関連 格言 投資に関 …

国内不動産投資はもう終わったか?

Contents1 投資の王道2 ネガティブな要因2.1 人口減少2.2 供給過多2.3 可処分所得の減少2.4 金利2.5 有事3 対策3.1 立地3.2 業者3.3 分散投資3.4 関連 投資の王 …

お金持ちの行動から学ぶ

Contents1 お金持ちと一緒に行動する2 3つのレベル2.1 ①お金があまりない人2.2 ②小金持ちの人2.3 ③大金持ちの人3 情報弱者にならないために3.1 関連 お金持ちと一緒に行動する …