旅情報

パイロットのみんな、そんなにお酒を飲みたいかい?

投稿日:

Pocket

JAL、ANA両方で違反続出

最近、パイロットの飲酒問題が世間を騒がせています。

いずれも前日飲み過ぎた、という話なのですが、普通のサラリーマンが飲み過ぎて次の日仕事にならない、というのとは訳が違います。多くの人命を預かる人達の行為なのです。

<スポンサーリンク>

飲酒問題は今に始まった事ではない

しかしこういった事例は以前からあったわけで、今に始まった事ではありません。

前の日飲み過ぎて、翌日の乗務が出来なくなりその便が欠航になったり、代替のパイロットの手配に時間が掛かり遅延した、とか。

覚えてるだけでそこそこあります。その都度問題のあった航空会社は謝罪しルールを厳格化してきました。しかしずっと個人を監視しているわけではないので、いつのまにか「つい飲み過ぎた」みたいなことが起こり得ます。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

[ad#shoshinsha336280]

パイロットにストレスは多い

どうしてこんなに飲酒問題が多いのでしょうか。

一説には、パイロットは厳しい条件の下で働いているから、ストレスが溜まりその発散のためについ飲み過ぎてしまう、というのがあります。

しかし、ストレス溜めながら働いている人なんて山ほどおり、逆にストレスない人なんてほとんどいないのではないのでしょうか?

残念ながら理由にはならないでしょう。そのストレス分は、既に高い収入に反映されているはずです。

<スポンサーリンク>

どんどん厳しくなるルール

どの世界でもそうですが、不祥事が起きるたびにルールが厳しくなり、そこにいる人はがんじがらめになります。

学校でもそうですが、校則が厳しいところは基本的なことができない生徒が多いのです。できるのであれば、自由なはずです。

そういう意味では、小学生か?とツッコミを入れたくなります。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

モグラ叩きにならないように

ルールを厳格化すると、そこでなんらかのストレスが溜まり、今度は別のことでそのストレスを発散したくなります。

そうするとまたそこでルールに背いたり、罪を犯したりする人が出てきて、結局モグラ叩きのようになってしまいます。

これは、本当は企業がどうこう言っても仕方ないことです。個人の資質の問題です。ただ、結局そういった事態になれば企業に責任が及びますので、企業は普段から教育を徹底したり、コミュニケーションをよく取って、悩みやストレスがないか確認する必要があるのです。

そういった意味では、そこにビジネスチャンスがあるかもしれませんね。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LCCは本当にお得か?

Contents1 LCCとは2 価格3 食事4 シート5 安全面6 機材繰り7 マイレージ8 エンターテイメント9 受託手荷物料金10 空港やターミナルが不便11 全てセルフが基本12 全てを受け入 …

世界一周航空券でお得に放浪

Contents1 世界一周航空券とは2 世界一周航空券の使い方3 世界一周航空券の料金は4 時間が自由になる人にはもってこい4.1 関連 世界一周航空券とは みなさんは、世界一周航空券を利用されたこ …

「ピンクのカオマンガイ」へ食べに行く

Contents1 シャツがピンク2 ピンクのカオマンガイの場所は少し不便3 早い、安い、美味いの三拍子揃っている3.1 早い3.2 安い3.3 美味い4 昼の休み時間に注意5 ピンクのカオマンガイは …

プライオリティ・パスを無料で持つ方法

Contents1 プライオリティ・パス2 日本の主な空港での利用可能ラウンジ2.1 成田空港2.2 羽田空港2.3 関西空港2.4 中部空港2.5 福岡空港3 ラウンジのメリット3.1 飲食3.2 …

本家出国税も導入の方向

Contents1 その手があったか!2 旅行業界の反発は必至3 この徴収した血税で何をする?4 安易な方法4.1 関連 その手があったか! 政府は、日本から出国する全ての人に対して、一人あたり100 …