投資情報

金融機関のカモになる日本人

投稿日:

Pocket

金融商品を扱う金融機関

金融商品を扱う日本の金融機関には、合併、統合を繰り返してできたメガバンクや、地銀およびその他の信金等の銀行と証券会社があります。

今までは国に守られた護送船団方式で利益を上げ、銀行そのものもそうですが、銀行マンは高給取りの代名詞でした。

なぜ銀行が儲かったのか、ひと言で言うとそれは儲かる仕組みと、バカ高い手数料があったからです。

<スポンサーリンク>

iDeCoで節税しよう

カモがネギを背負ってやって来る

「貯蓄から投資」への掛け声のもと、お金に余裕がある高齢者を中心に株や投資信託を始める人が急増しました。

今まで投資をしたことがなかった人たちは、まず銀行や証券会社の門を叩きます。

この行為は極めて普通ですが、極めて危険なのです。謂わば「カモネギ」状態です。

銀行などの金融機関が客を騙すはずはない、と普通の人は思います。確かに騙しはしません。当然です。

しかし、金融機関側は素人の客に対して彼らの儲け(手数料)が大きくなる商品を普通に提案してきます。商売なので当然です。

客側は投資を始めたという心地よさと高揚感に満足して内容などあまり見てないのです。

なんの知識もない人に金融商品を売りつけるなんて、赤子の手をひねるようなものでしょう。

<スポンサーリンク>

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

[ad#shoshinsha336280]

半分以上の投資家は儲からないという事実

何も知らない投資家でも、今は金融機関が商品を販売するときは、しっかりとした説明を受けることができます。

ただ、金融機関がリスクとリターンのどちらを大きな声で言うかは明らかです。

その結果、投資家の耳にはリターンのことしか残らないのです。そうすると当然、自分に紹介してくれたこの商品は儲かるんだと勘違いしてしまう訳です。

さらに金融機関が稼げるネタである手数料についてもうやむやにされ、結局儲かるのか儲からないのかよくわからないまま契約してしまうことになるのです。

実績としても半分以上の投資家が儲かってないというのが現実です。

営業マンに聴いてみよう

よく内容がわからなかったら、金融機関の営業マンに聴いてみましょう。「あなたはこの商品を買いますか?」と。

「買う」と答える営業マンは皆無でしょう。それが現実です。

<スポンサーリンク>

金融庁長官が異例の指示

これに対し、現在の金融庁長官は金融機関に対し、投資家にもっと儲けさせろという趣旨の指示をしています。

何という情けないことでしょう。

これは投資家が情けないからです。今のままでは金融機関は儲かっても、投資家が儲からず、そうなると結局投資を続ける人が減っていくことになるという警告です。

言い方を変えると、投資家はいつまで経っても勉強しないので、あなたたち金融機関がちゃんと教えてあげてね、儲けさせてあげてね、ということです。

行政機関が金融機関の経営に近いところまで関与すると同時に、自己責任を基本とするということを考えると、地方を始めとする各金融機関も楽ではないことはわかります。

この指示は更にこれらの金融機関を苦しめることになるかもしれません。

<スポンサーリンク>

原因はいつも同じ

金融機関から買う投資信託等だけでなく、色々な投資においても詐欺に遭いやすい日本人の原因はやはり同じところにあるのでしょう。

つまり結論はいつも同じです。

他の記事に何度か書いてきた、金融に対する知識のなさなのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロスポーツの厳しい現実

Contents1 戦力外通告2 野球以外でも同じ3 若い選手も例外なし4 野球しかできません・・・5 投資と同じ5.1 関連 戦力外通告 プロ野球のペナントレースが終わり、まだ日本シリーズが終わらな …

都内でも消費減退が顕著に

Contents1 住みたい街、吉祥寺でも消費が落ちる2 豊島区では3 消費税増税で日本は終わる4 魅力ある街作り4.1 関連 住みたい街、吉祥寺でも消費が落ちる 住みたい街ランキングで何年も1位を獲 …

日本の不動産はとにかく立地を重視せよ

Contents1 ポートフォリオの一つとして2 日本を取り巻く環境3 それでも投資する4 投資敵地は日本の2%しかない5 2%に投資するには5.1 業者5.2 勉強5.3 フィルター6 大都市でもキ …

日本はもはや後進国?

Contents1 孫さんの言葉2 「後進国」である理由2.1 イノベーションが起こりにくい2.1.1 なぜ起きない?2.1.2 実は昔からそうだった2.2 生産性の悪さ2.3 台風が来ても2.4 ど …

コロナで医療費増大、自己負担率増の悪夢

Contents1 医療費も年金に迫る勢い2 医療費も確実に財政を圧迫する3 予防という観点の欠如4 医療費を削減するには4.1 平均在院日数を減らす4.2 セルフメディケーション4.3 薬剤自己負担 …