旅情報

マイルを貯めるべき航空会社(乗る編)

投稿日:

Pocket

旅する人の必需品

世界を旅する人が持っておくべき物(価値)として航空会社のマイルがあります。マイルがあれば安くまたは無料で旅行することができるため、これ無しでは筆者は生きていけません(大げさですが)。

マイラーには、もちろん飛行機に乗って貯める人と、特に飛行機に乗らなくてもショッピング等他の手段を使って貯める陸マイラーという人もたくさんいます。

そういう人は、クレジットカード等で買い物をしてマイルを貯めたり、○○ポイントをマイルに交換したりしています。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

どこの航空会社のマイルを貯めるか

ここでは、飛行機に乗ってマイルを貯めるという手段に限定してお話しますが、どこの航空会社のマイルを貯めるべきかを考察します。

最初に、これは永遠のテーマ(これも大げさ?)で、各人の属性によって変わってきますので、何がベストかとかは各人によって異なります。

したがって、参考程度にしてもらえればと思います。
[ad#shoshinsha336280]

JALかANA

まず、日本に住んでいる以上、JALかANAが原則かと思いますが、陸マイラーの方はUA(ユナイテッド航空)など他の選択肢もあります。

しかし、貯めたマイルを旅に使うこうを前提にした場合、国内線、国際線共に発着便数が多いJALかANAが基本になると思います。

この2社のいずれを選ぶかは非常に難しいです。例えば、実家や頻繁に訪問する場所の最寄りの空港へどちらか一方しか就航していないなら、そちらに自動的に決まり話は早いですが、何の縁もゆかりもない場合は何を基準にしたらいいのでしょうか。

<スポンサーリンク>


基準は3つ

筆者は次の3つを基準に決めるとよいと考えます。

①航空券の安い方

国内線の運賃は基本的に横並びですが、国際線についていえば結構差がつきます。

正規の割引運賃はほとんど変わらないと思いますが、パッケージツアー等で差がついています。

そういう意味では、やはり基本的にANAの方が安いです。特にビジネスクラスで魅力的なツアーを見かけます。

以前から言われていますが、いろいろなコストがANAの方が安いのでしょうか?JALは、ああいうことがあっても変わらないのかなーと。

②海外の就航地が多いこと

乗るのが前提なら当然就航地は多い方がいいですね。

ANAは元々国内が多かったのですが、最近のANAの海外戦略には目を見張るものがあります。JALの1歩も2歩も先を行っているような気がします。

以前から飛ばしてたヤンゴン、そして新規にプノンペン。また、フィリピン航空とのコードシェアなど、伸びると見込んだところにはどんどん出て行っています。

そういった場所へは私達もプライベートでもビジネスでも行きたいと思い、需要と供給が合致するのです。

<スポンサーリンク>

③アライアンスの充実度

JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスという航空連合に属しています。

やはり効率良くマイルを貯めるためには、日系以外に乗る場合でも当然同じアライアンス内のキャリアを使いたいわけです。

そして、このどちらのアライアンスが良いかというと、総合的にはANAの属するスターアライアンスでしょう。

理由としては、

加盟航空会社が多い

単純に加盟数が多い(2020年3月現在26社)。世界を隈なくカバーしているのはもちろん、アジア、北米、欧州のバランスが良い(ワンワールドへの加盟数は13社)。

加盟数が多いということは、特典航空券も取りやすいというか、選択の幅が広がります。

シンガポール航空とタイ航空が加盟している

日本から特に利用が多いと想定されるアジア内で、シンガポール航空(SQ)とタイ航空(TG)がある。この2社は航空券が安いのにサービスが良く、評価も高い。

一方のワンワールドが、キャセイパシフィック航空(CX)とマレーシア航空(MH)なので、ちょっと弱いですね。

リーズナブル

ビジネス、エコノミーに限らず、安い魅力的なツアーに使われているのはスターアライアンスのキャリアが多い。

といった具合で、個人的にはANAに軍配があがるのではないかと思っています。

ちなみに筆者はJALですが・・・

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最近の航空会社のラウンジがすごい

Contents1 各キャリアが力を注ぐところ1.1 国内線1.2 国際線2 キャセイラウンジ2.1 関連 各キャリアが力を注ぐところ 航空会社のラウンジも最近かなり充実してきました。 国内線 国内線 …

本家出国税も導入の方向

Contents1 その手があったか!2 旅行業界の反発は必至3 この徴収した血税で何をする?4 安易な方法4.1 関連 その手があったか! 政府は、日本から出国する全ての人に対して、一人あたり100 …

エラワン・ミュージアムへの行き方

Contents1 エラワン・ミュージアムはガイドブックにひっそりと2 BTSで楽勝3 チャーン・エラワン駅から10分歩くと着く4 入場料は高い5 エラワン・ミュージアムの見どころ5.1 エラワン象5 …

ワット・パクナムへの行き方

Contents1 人気爆発2 行き方2.1 タクシー、Grab2.2 MRT (地下鉄)2.3 BTS(スカイトレイン)2.3.1 徒歩2.3.2 乗り物2.4 バス3 仏塔は5階建て3.1 各階3 …

バンコクのアートスポット「チャンチューイ・クリエイティブパーク」に行こう

Contents1 バンコク近郊の人気スポット2 全てがアート2.1 トイレまで素敵2.2 ここのシンボルは航空機3 ゾーンにより営業時間が違う4 チャンチューイ・クリエイティブパークへの行き方4.1 …