投資情報

無料でマイルを貯める

投稿日:

Pocket

マイルやポイントは債権

飛行機に乗ったり、ショッピングでカードを使ったりしてマイルを貯めるのは、結局お金を払ってマイルを買っているのと同じことです。
今は、家電でもコンビニでも牛丼屋でさえも何か買えばポイントが付きますが、それは「儲かった!」のではなく、当然、ポイント分はその料金に含まれているので、逆にその貯まったポイントを使わない方が損をしていることになります。

ポイントはお店側からすれば債務、こちらにとっては債権です。ポイントを使わないのは債権を放棄しているのです。
だから、前述の二つの方法でマイルをもらうのは当たり前なのです。

Sponsered Link

お金を使わずに

ここでは、そうではなくて、お金を使わずにいかにマイルを貯めるかを考えます。

最も1回の作業でマイルが貯まるのは、企業が作っている○○クラブとか、○○友の会の会員になることではないでしょうか。大体、1会員あたり200〜300マイルが相場だと思います。

よくあるのが、不動産会社ですね。個人的には、会員登録をするだけでこんなにもらえるんだ、と思っていますが、企業からすれば(特に不動産のような単価の張るものを扱う企業)、これくらいの出費は出費のうちに入りません。家や土地を買ってくれれば安いものです。

<スポンサーリンク>


純粋にタダではない

マイルを貯める側からすれば、無料とはいうものの、結局個人情報と交換しているといえます。

また、一旦会員になると、電話がかかってきたり、メールや会報誌が送られてきますので、それがイヤな人にはストレスがかかります。

あとは、アンケートに答えたり、資料請求で貯める。また、他の貯まったポイントをマイルに交換したりすることが考えられます。

ただし、どんな方法であれ、当たり前ですが前述の通り、何らかの時間や労力を使ったり、個人情報を与えてるため、本当にタダかと言われればもちろん違います。

タダで簡単に手に入る物は大したことないものか、詐欺のエサだと思った方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>

 デルタ航空のキャンペーン

これに関連して最もタダに近いマイルの貯め方があります。それは、「国内線の飛行機に乗って、デルタ航空(DL)のマイルを貯める」というものです。

もうかれこれ7年は実施しているのではないでしょうか。

DLはスカイチームというアライアンスに属しており、日本の航空会社にはスカイチームに所属しているところがないので、国内線とはなんの関係もないのですが、1回国内線に乗るたびに500マイルを加算してくれます(年間の加算マイル数に上限あり)。しかも、特典航空券でもOKという意味のわからないルールになっています。DLに何のメリットがあるのかわかりませんが、いずれにしても、こちらには嬉しいことです。

これはとにかくもらうしかありません。もっとも、スカイチームというアライアンスは残念ながら一番使えないアライアンス(個人的に)なので、貯めても使い途は少ないですが、何とDLはマイルの有効期限がないので、将来何かのためにとにかく貯めておきましょう!

これからもよろしくお願いします。DL様。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成城石井が選ばれる理由

Contents1 成城から各地へ2 決して安くはない3 何が客を惹きつけるのか3.1 顧客優先の原則3.2 品揃え3.3 価格と品質のバランス3.4 立地3.5 商品開発力、マーケティング力3.6 …

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

電車の中でゲームをするな

Contents1 悲しい光景2 電車の中は貴重な場所3 車通勤の人も4 金持ちはやらない5 時はカネなり5.1 関連 悲しい光景 今電車に乗っている人のほとんどがスマホをつついています。その中でも異 …

リアルの崩壊

Contents1 トイザらス閉店の衝撃2 もちろん主流はネットへ3 時代の流れは速い4 日本はついていけるか?4.1 関連 トイザらス閉店の衝撃 アメリカ発の玩具量販店のトイザらスが、経営破綻を受け …

投資で損失を拡大させないために

Contents1 負けはゼロにはできない2 サンクコスト3 これを投資に当てはめると3.1 関連 負けはゼロにはできない 投資の世界では、当然勝率100%ということはあり得ないので、プラスにしようと …