旅情報

ピー・オー(Pe・Aor)でトムヤムクンヌードルを食す

投稿日:

Pocket

旅行者で溢れる

 

ピー・オー外観

 

バンコクに美味しいトムヤムクンを食べさせてくれる店は、それこそ星の数ほどあります。

本場だから当然といえば当然ですが、そんな中、ピー・オー(Pe・Aor)は少しわかりにくい場所にあるにもかかわらず、日本のほとんどのガイドブックに載っていますし、おそらく他の国のそれにも載っているのでしょう。明らかに外国人旅行者という客が相当数店内で食べています。

もちろん、タイ国内でも有名で、ピー・オーは「タイで最も美味しいトムヤムクンヌードルを食べさせてくれるお店」という評判のようです。

店内はそれほど広くはないので、結構ギュウギュウに詰めて着席する感じで、一人客なら相席も普通です。

ただ、酒類がないので、少人数で来る客はそんなに長居することもなく、回転は速いです。

筆者は18時頃お店に到着しましたが、運良く空席がありすぐに座ることができました。

旅行者ばかり

 

<スポンサーリンク>

マレーシア航空

何を注文するか

 

 

定番を食す

今回は、ピー・オーで一番オーソドックスなトムヤムクンヌードルを頼みました(60B)。

おそらくほとんどの客がこれを頼むのでしょう。店員もメニューのその部分を指して、コレ?と聞いてきました。

筆者も初心者のため、迷わずこれを注文しました。

トムヤムクンには、ナームコン(今回食べた濃いスープ)と、鶏ガラベースで薄いスープのナームサイがありますが、何も言わなければ濃いスープのナームコンが出てくるでしょう。

店員もめんどくさいのか、どちらにするか聞いてきませんでした。

料理が出てくるまでメニューを眺めていると、アレもコレも全部食べたくなりましたが、初めてなのと一人だったので、今回は我慢です。

注文して料理が提供されるまで5分とかかりませんでした。

まあ、麺を茹でるだけなのでそんなものでしょう。

[ad#shoshinsha336280]

絶品

噂には聞いていましたが、ピー・オー名物のトムヤムクンヌードルはスープが濃厚で絶品です。

エビから出る出汁とココナッツミルク、ナンプラーなどの調味料やライム、レモングラスその他の具材が一体となり、得も言われぬ味を実現しています。

本当に最後の一滴まで飲み干したくなるほど美味しいのです。

普段スープとして飲むトムヤムクンほど酸っぱさがなく、むしろ甘めです。

そして麺は、基本的に米粉で作った麺(センレック)で、それとの相性も素晴らしく、一気に食べてしまいます。

<スポンサーリンク>

量は少なめ

タイのこの手の料理はいずれも量が少なく、普通の大人なら物足りない量です。そしてピー・オーも同様です。

アジアの人はみんな少食なのでしょう。欧米人なら確実に二つは頼まないと足りないでしょう。

価格

ピー・オー定番のエビ入りトムヤムクンヌードルが最安値の60Bです。これは通常その辺りで食べる麺類の1.5倍の価格です。スープや具材を考えたら妥当かもしれませんが、固定費は安いはずです。これ以上上がらないことを祈ってます。

複数人で行きたい

ピー・オーにはできれば四人くらいで行って色々と食べてみたいですね。

どうしても、一人で行って一皿食べるには途中で飽きてしまうものもあります。中華や居酒屋と同じ感覚です。

<スポンサーリンク>

次の旅へ JALカード

行き方

ピー・オーは、距離的にはエアポートリンクとBTS(スカイトレイン)スクムビット線のパヤタイ駅とBTSの次の駅ラチャテーウィ駅の間くらいに位置し、どちらから行くにしても、パヤタイ通りからペッブリー通りを西に行くのが分かりやすいです。

(パヤタイ駅からGoogleマップ通りに行ってもいいです)

パヤタイ駅からならペッブリー通りを渡らずに北側を西に進み、ラチャテーウィ駅からなら、ペッブリー通りを渡って西に進みます。

そして、パヤタイ通りから一本目のSoi7を右折し、さらに一本目を左折して数十メートル歩くと右手にあります(Googleマップでは二本目を左折になっていますが、実際は一本目です)。

そこは住宅街のような感じもしますが、周りにもお店があり、活気があります。

どちらの駅からも10分くらいですが、途中本当にここにお店があるの?と不安になるかもしれません。でも大丈夫です。必ずあります。

※上記の通り、Googleマップで出る店の位置と実際の位置が違いますのでご注意下さい。

バンコクでは、トムヤムクンもお店によって味が違いまので、色々なお店で食べてみるといいと思います。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネパールでの銀行口座開設挑戦記

Contents1 ネパールで銀行口座開設2 ネパールのローカル銀行2.1 INVESTMENT BANK2.2 PRIME BANK 2.3 Citizens Bank 3 おそらく非居住者は無理3 …

アユタヤへはこう行く

  Contents1 アユタヤ2 3種類の行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット:2.1.2 デメリット:2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

「ピンクのカオマンガイ」へ食べに行く

Contents1 シャツがピンク2 場所は少し不便3 早い、安い、美味い3.1 早い3.2 安い3.3 美味い4 昼の休み時間に注意5 日本へも進出したが6 シンプルだからこそ6.1 関連 シャツが …

時差ボケにはこう対処する

Contents1 時差ボケ2 西から東行きがきつい3 時差ボケ解消法3.1 どんな時間であろうが、現地時間に合わせた生活をする3.2 寝てはいけない時間に寝ない、寝なければいけない時間には寝る3.3 …

ベストな旅のスタイルは?

Contents1 旅のスタイル2 歩きまわる3 旅のスタイルが変わっている4 苦労するのも旅のうち5 必ず考える事6 具体的なオススメのスタイルは?6.1 関連 旅のスタイル 一口に旅といってもその …