投資情報

タピオカドリンクで稼ぐ

投稿日:

Pocket

昔からあったが

最近タピオカドリンクが巷で流行っています。どうやら台湾の店舗が日本に上陸してから火が付いたようです。

もっとも、タピオカドリンクなんて昔からあったわけで、今出てきたというものではありません。

だから個人的にはすごく不思議な気がしますが、流行とはそういうものでしょう。

このタピオカドリンクも何度か過去ブームがあったようで、何年かに一度またブームが到来するパターンです。

<スポンサーリンク>

それ自体栄養なし

タピオカはキャッサバ芋からとったデンプンを丸めたもので、それ自体はほとんど栄養がありません。もちもちっとしたゼリーのような食感だけが特徴です。

むしろタピオカを入れて飲むミルクティーなどの甘さから、かなりの量の砂糖が入っており、こちらが間違いなくカラダに悪いでしょう。

ですので、美味しいとか不味いとかというよりも、これが入ったプラ容器を持って歩くことがステイタスで流行っているのです。

[ad#shoshinsha336280]

原価の10倍で売れる

それはさておき、このドリンクの原価は150円くらいと言われています。店頭ではそれが10倍の500円で売れるのです。

通常、外食の原価率は30%台と言われているので、これは超優良アイテムです。

ブームに便乗して、中国ではタピオカに廃ゴムを混ぜていたということですので、さらに儲かったことでしょう。

そして、売場面積も、スタッフも、スキルもほとんど最小限で済みます。

だから、業者も雨後の筍のように参入してくるのです。

<スポンサーリンク>

このリンクから登録で
無料ポイント500円分進呈(18禁)

参入した人を見習う

今となってはもうタピオカが手に入りにくくなっているので、新規出店は無理ですが、元々展開していた人は別にして、ブームになることを見越して参入した人はやはり素晴らしいです。素直に尊敬します。

そういった人は、常にアンテナを張り巡らせているのと、嗅覚が優れているのだと思います。ビジネスをする人は当然かもしれませんが。

他人に任せる

しかし、もし参入するとしても、もちろん自分でタピオカを作ってはいけません。飽くまでビジネスオーナーとしてです。

いくら稼げるといっても、金額的には知れています。とても自分の時間とカラダを使ってやることではありません。

引き際も大事

そして、こういったブームはあっという間に終息するので、ブームが去る前に手仕舞いをすることが大事です。

引き際を間違えると、在庫になったり、設備を処分できなかったりと、儲けを帳消しにすることになります。

<スポンサーリンク>

コンスタントに稼ぐ

こういったブームに乗ったビジネスは、当たれば大きいかもしれませんが、所詮一時的な稼ぎです。やはり大事なことは、突出もしないけど、大きく凹むこともせず、コンスタントに稼ぐことです。

固定費や次の新規事業のこと、もし融資を受けるのであれば銀行対策をする上でも、売上、利益共に緩やかな右肩上がりが理想です。

飲食は特に流行り廃りが激しく、さらにそのスピードも速いので、飲食に限らず、次流行るものを探し、それがロングセラーになるようもっていきたいですね。

次のブームが来るまでそのビジネスを少しずつ拡大できたら最高です。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最もリターンの高い投資とは

Contents1 お金を使うのではなく2 目先のことを考えるな!3 人に尽くす4 なぜできない?4.1 関連 お金を使うのではなく 投資におけるリターンはリスクと必ず釣り合うので、そういう意味では純 …

素人も金融緩和の流れに乗る

Contents1 不景気でも株価が上がる2 バブル到来3 ジム・ロジャーズが日本株を買った4 賢人に学ぶ5 歴史から学ぶ6 実際に儲けている人は山ほどいる6.1 関連 不景気でも株価が上がる ある国 …

海外に行って知る日本のデフレ

Contents1 ファーストフードで食べて普通に1,000円超える2 実は日本が変わってない3 デフレは続く4 企業に要請はするが5 消費税増税でデフレのまま5.1 関連 ファーストフードで食べて普 …

日大アメフト部は日本の象徴

Contents1 今日本で最も熱い話題2 初動からその後のすべてが悪い3 これも全て原因は一緒4 来年の受験者数への影響は必至4.1 関連 今日本で最も熱い話題 今をときめく大学のアメフト部が連日ニ …

情けない大学入試制度改革の混乱

Contents1 大学入試が変わる1.1 英語の混乱1.1.1 延期1.1.2 そもそも民間試験の主催者のポリシーが違う1.1.3 グローバル化への対応1.2 記述式の混乱1.2.1 無謀1.2.2 …