旅情報

訪日外国人急増で日本は潤うか

投稿日:

Pocket

6,000万人へ

2018年の訪日外国人は3,000万人を超えたようです。5年前は1,000万人だったので、5年間で3倍、なんと2,000万人くらい増えたことになります。

増え方がハンパではないのですが、これは日本がいくつかの国に対してビザの要件を緩和したりして、積極的に外国人を呼び込んだことと、外国人、特にアジアの人達の所得が増えて裕福になり、お金を旅行に使えるようになったからです。

それに加えてLCCが多数参入し、アジアからなら場合によっては片道1万円くらいで日本に来ることができるようになったからです。

<スポンサーリンク>

ホームページ作成サービス「グーペ」

日本が選ばれる理由

狭い国土に見どころが多い

日本はほぼ全国になんらかの見どころがあり、それが四季折々変わった景色を見せてくれ、自然と人工の調和も素晴らしいです。

そして一般的に治安も良く、非常に旅行がしやすい国です。こんな国は世界中探してもそうはありません。

アクセス良好

日本はインフラが整備されているため、国内の移動が楽で、東京、京都、大阪等大都市以外の全国の見どころにも、ほとんど新幹線か飛行機で短時間でアクセスできます。

さらに最近は地方空港にもダイレクトに外国からの就航が増えているので、中国、韓国、東南アジア等からは非常に来やすくなっています。

相対的に物価が安くなった

日本は世界の中でも物価の高い国ですが、最近は諸外国のインフレ率が高く、逆に日本はデフレが続いているので、相対的に日本の物価が下がってきています。

だから、食事も安く済ませることだってできます。特に牛丼などのファーストフードの価格は奇跡と言ってもいいのではないでしょうか。

日本は潤うか?

ところで、観光客がどんどん増えるのはいいのですが、これで日本は潤うのでしょうか。

人が集まるところにはお金が落ちるので、日本には相当な額が落ちて、経済効果も大きいはずです。

政府の試算では経済効果は44千億円となっています。確かにこの金額はすごいです。

ホテルや電車、飛行機などは最近いつもいっぱいで、かなり潤っていることでしょう。

では飲食店はどうでしょうか。観光客みんながみんなホテルのレストランや高い寿司屋で食べてるわけではありません。むしろ前述の安いファーストフードやコンビニで済ませてる人が多いと聞きます。

そして、飲食店は人手不足で、客が多くても捌ききれないという問題もあります。

ですので、かなり業種によって潤い方も偏っているでしょう。

<スポンサーリンク>

問題も多い

訪日外国人の急増で問題も起きています。

観光地の混雑

京都などでは各観光地に人が押し寄せ、本来の寺社仏閣の雰囲気や風情がなくなったり、人が多過ぎてまともに見物できなくなったりしています。

公共交通機関の混雑

特に京都はバスが重要な移動手段ですが、観光客に占拠されて市民の足が確保できなくなってきているといいます。

交通渋滞

路線バス以外の観光バスも多く乗り入れるため、交通渋滞が発生したり、住宅街にまでバスが入り、危険で地元の住民が迷惑しています。

宿泊施設不足

都心では慢性的にホテルが不足していますので、建設ラッシュが続いています。

そして需要が増えれば当然宿泊料金も高くなり、一見法外な価格を設定するところもあり、大都市では日本人が回避せざるを得ない価格になっている時もあります。

マナー

どこでもそうですが、マナーの悪い人はいるもんです。しかし場合によっては、犯罪行為になるようなことも平気で行われているようです。

単にゴミが増えるとか散らかるといったレベルではありません。

Sponsered Link

現実的な話として

様々な問題は起きますが、今後人口が減少する日本では、経済の一部を外国人に頼らなければならないのは事実です。

とは言え、旅行者は所得税や住民税を払うわけではないので、この外国人の消費を維持増大させる必要があります。

しかしその消費も、流通を外国人が牛耳っている場合があるのです。

例えば中国製の製品を日本にいる中国人が輸入し、売るお店も中国人が経営しているという笑えないことが現実にあるのです。

外部の人間が入りにくい京都ですらそういった話を聞くのですから、他の観光地も十分その可能性があります。

<スポンサーリンク>

外国人料金の設定

日本が潤うためには、外国人料金を設定するべきでしょう。

これは海外の観光地では特に珍しいことではありません。外国人は現地の人の10倍くらいの入場料を要求されるところもあります。現地の物価からしたら驚くほど高い金額でも外国人は普通に払っています。いやなら、そこに入らなければいいだけです。

また、既に導入している地域もある宿泊税も有効ですが、日本人に対しては免税にするべきです。

もし日本で上記のような料金設定をしても、おそらく何の問題もないでしょう。これが理由で日本に来ない、ということはないはずです。

ちなみに、出国税も日本人に負担をかけるのでダメです。

拙稿「ニセコに見るこれからの日本」も参考にしてください。

http://tabitoushi.net/2018/05/21/ニセコに見るこれからの日本/

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ユナイテッド航空がマイルの有効期限を撤廃

Contents1 ユナイテッド航空が顧客の囲い込み2 メリットを受ける人3 それでも貯める4 他社はどうなっている?4.1 デルタ航空(DL)4.2 日本航空(JAL)4.3 全日空(ANA)5 改 …

マレーシア航空のゴールデンラウンジを楽しむ

Contents1 ゴールデンラウンジ2 凌ぎを削る各社3 ここがいい3.1 24時間利用可能3.2 仮眠室3.3 ダイニング3.4 1泊2食4 香港のキャセイラウンジも5 世界中のラウンジを経験する …

カトマンドゥ〜ポカラ間をバスで移動するには

Contents1 ポカラへ行く2 時間がかかる理由2.1 街中でまず渋滞2.2 道路が1本のみ2.3 道路の舗装2.4 大型車が多い2.5 途中の休憩3 飛行機の方が楽だが4 バスの種類4.1 ロー …

最強のクレジットカードは何か

Contents1 永遠のテーマ2 目的別最強カード2.1 ◎ポイント派2.1.1 三重獲りが常識2.2 ◎マイル派2.2.1 原則:貯めるべきキャリアの発行するカード2.2.2 例外:JALカードと …

ピンクのカオマンガイを食べに行く

Contents1 シャツがピンク2 場所は少し不便3 早い、安い、美味い3.1 早い3.2 安い3.3 美味い4 昼の休み時間に注意5 日本へも進出したが6 シンプルだからこそ6.1 関連 シャツが …