旅情報

カトマンドゥ〜ポカラ間をバスで移動するには

投稿日:

Pocket

カトマンドゥ(カトマンズ)からポカラへ行く

カトマンドゥから西におよそ200km行ったところに、ネパール第2の都市で美しい街ポカラがあります。

この距離を飛行機なら30分ですが、バスだとなんと7時間以上もかかってしまいます。もっとも、飛行機で30分とはいっても、空路も渋滞しているので、遅れるのは普通だそうですが。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

時間がかかる理由

たかだか200kmの距離なのに7時間以上もかかるのは、下記の理由からある意味納得できます。

街中でまず渋滞

まず下りはカトマンドゥ、上りはポカラの街を出るのに時間がかかります。ポカラはカトマンドゥより小さい街なのでまだマシですが、カトマンドゥから出るには1時間程要します。もちろん、街へ入る時も同じです。

道路が1本のみ

街を出たらスムーズかというとそうでもありません。

この二つの街を結ぶ道路は事実上1本しかなく(ハイウエイという名前は付いているが、もちろん高速ではない)、その道も峠を超えるため、さながら日光のいろは坂のようで、しかも道幅が狭く、まともに対面通行すらできないので、ノロノロ運転が続きます。

朝のカトマンドゥ発は、事故でもないのになぜか途中で完全に車が止まってしまいます。

<スポンサーリンク>

道路の舗装

前述の通り、バスや大型トラックが普通に対面通行できないところが多く、さらに道路の舗装もボロボロで、たとえ渋滞が解消されてもスピードが出せません。

大型車が多い

全体的にバスやトラックが多いため、そもそも遅く、かといって直線がほとんどないので、抜かすこともできません。

途中の休憩

時間がかかる故に、トイレと食事休憩が3回くらいあり、やはりこれで計1時間近くかかります。

<スポンサーリンク>

飛行機の方が楽だが

このように飛行機の方が圧倒的に楽なので、時間を有効に使いたい旅行者は普通は飛行機を使うでしょうと思うのですが、実は意外とそうでもないのです。

旅行者向けの高めのバスが、満員の客を乗せて何十台と連なって往復しているのです。

やはりこの区間の飛行機代が120ドルくらいするところ、バスだと安いのは5ドルくらいから、旅行者が使うものでも、バスやサービスのレベルによって10ドル、20ドル、25ドルと飛行機に比べ圧倒的に安いため、バスを選ぶ人が多いのでしょう。

バスの種類

ローカルバス(5ドルくらいから)

エアコン無しのかなり古いバスで走ります。基本的には現地の人が多く、旅行者はほとんどいないでしょう。

それ故、途中での乗降が多くさらに時間がかかることになります。

しかし、これが使える人はある意味ホンモノです。

ツーリストバス(10ドル前後から)

旅行者がカトマンドゥの宿泊しているホテルや旅行会社で予約すると、大体3つのランクから選ぶのですが、一番安いのがこれです。

普通の観光バスで特別なサービスもありませんが、特に問題もありません。バス自体は快適で、これで十分です。

20ドルくらい出せば、さらにバスが良くなり、ランチ付きになったりします。

さらに、デラックスバス(25ドルくらいから)にすれば、セパレートされた3列シートで、トイレまで付いたバスもあります。もちろん途中のレストランでランチも付いており超快適です。

[ad#shoshinsha336280]

ガッツが必要

朝早い

まず、ツーリストバスは朝7時から7時半に出発し、バス乗り場も大体ホテルから離れているので、朝早起きの必要があります。

所要時間

そして、かかる時間は飛行機でハワイへ行くのと同じくらいですが、実際問題エコノミークラスでハワイへ行くよりかなりキツイです。

揺れ

バスのグレードにもよりますが、基本的にどのバスでも上下、左右に揺れます。そして、安いバスだとトイレの心配もあります。車酔いする人は要注意です。

<スポンサーリンク>

JALカード

移動を楽しむ

上記理由から、カトマンドゥからポカラにバスで行って、懲りて帰りを飛行機にする人が多いのもわかります。

もっとも、この移動自体を楽しめば、旅全体がさらに楽しくなるでしょう。

 

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

ポカラの新国際空港に期待

2020年完成予定で、現在中国が支援して、ポカラに国際空港を建設中です。

ポカラにはいつも多くの観光客が押し寄せるのですが、そのほとんどはカトマンドゥ経由で来ます。

だからいつも渋滞するのです。もしポカラに国際空港があれば、他の国からダイレクトにポカラに入れます。このメリットは非常に大きいです。

そうなるとポカラへの訪問者はさらに増えるでしょう。一日も早い国際空港の完成が望まれます。

※カトマンドゥ関連記事はこちら

カトマンドゥ(カトマンズ)の空気がヤバすぎる!

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラオスの首都ビエンチャンを1日で楽しむ

Contents1 ラオスという国2 首都ビエンチャン2.1 ビエンチャンはこぢんまりした首都2.2 1日で十分2.3 ビエンチャンの主な見どころ2.3.1 パトゥーサイ2.3.2 タート・ルアン2. …

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

マイルを貯めるべき航空会社(乗る編)

Contents1 旅する人の必需品2 どこの航空会社のマイルを貯めるか3 JALかANA4 基準は3つ4.1 ①航空券の安い方4.2 ②海外の就航地が多いこと4.3 ③アライアンスの充実度4.3.1 …

タリンチャン水上マーケットへの行き方

Contents1 79番のバス2 小ぶりなマーケット3 そのまま地獄寺へ3.1 関連 79番のバス  タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から最も近い水上マーケットで、土日だけの開催となります。 …

今どきのビジネスクラス

Contents1 隔世の感1.1 シート1.2 食事1.3 その他2 プライバシーと孤独感3 コミュニケーション3.1 関連 隔世の感 今どきのビジネスクラスはシート、食事、エンターテイメントどれを …