投資情報

SNSで貴重な時間を浪費するな

投稿日:

Pocket

スマホで変わった時間の使い方

スマホ出現のおかげで、最近は電車に乗っている時、順番を待っている時などの時間を有効に使えるようになりました。

一方で、いつでもどこでもスマホを使えるようになり、ゲームやネットサーフィンについつい時間を費やしてしまいがちです。

中でもフェースブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSに、かなりの時間を使っている人が多いのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

確かにSNSは楽しい

確かに、見たことも聞いたこともない人と話して盛り上がると楽しいです。リアルとは違った新鮮さがそこにはあるのです。

さらに盛り上がると、実際に会ったりすることもあるため、必ずしもネット上で完結するわけでもないところが魅力的なのかもしれません。

また、自分と違った意見に反論したり、同じ意見に同意したりと、リアルではなかなか言えない人もネット上では何でも言えてしまいます。

そして、芸能人やスポーツ選手などの有名人が身近に感じられ、まるで友達になったかのような錯覚を覚えたりするのです。

一旦やり始めると、何人かと友達になり、毎日のようにやり取りしたり、有名人の行動が気になったりして、途中でやめられなくなってくるのです。

[ad#shoshinsha336280]

一日のうちSNSに費やす時間は?

しかし、SNSに興じていると本当にあっという間に時間が過ぎてしまい、気がついたら2~3時間が経っていた、なんてことも普通にあります。

その時間を他のことに充てれば、もしかしたらものすごいことができるかもしれません。勉強したり、本を読んだり、セミナーに出たり。

しかもこれが毎日ともなると、かなりの蓄積になります。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

SNSで得られること

プライベートでは

SNSでは単にプライベートで楽しむ人と、ビジネスに利用する人が同じフィールドにいます。

はっきりとビジネスに使っているのがわかる人はいいのですが、プライベートで楽しくやっているように見えて、実はネットビジネスだった、みたいな人もいるのが困りものです。

たまに役に立つ情報を発信してくれる人もいますが、ほとんどは残念ながら役に立ちません。

そういう意味では、SNSをやってなくても何も困りません。

だから個人的には、得られるものはほとんどないと考えて、短時間で純粋に会話を楽しむ程度にした方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>

ビジネスでは

ではビジネスではどうでしょうか。

やはりビジネスではSNSは強力なツールになりますので、上手く使うべきでしょう。

通常、広告を出せば莫大なコストがかかりますが、SNSはそのものが広告になりえますし、これを無料で使えるのは、はっきり言って奇跡です。たとえ有料のものでも金額は知れています。

SNSで友達になり信用を得て集客するのは、ビジネスではもはや必須です。

というわけで、SNSはプライベートでは最小限に、ビジネスではしっかり時間をかけてやるべきではないでしょうか。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

現金至上主義ニッポン

Contents1 便利にはなった2 日本人は慣れているが3 中国でさえも4 海外からの旅行客に不評5 東京オリンピックに向けて5.1 関連 便利にはなった 最近、大都市圏では電車やバスの公共交通機関 …

投資と消費

Contents1 投資と消費のどちらが好きですか?2 投資とは?2.1 居住用の不動産を購入するのは投資か?2.2 自宅は資産?それとも負債?3 お金を使う行為は全て投資と考える3.1 関連 投資と …

素人こそ投資に向いている

Contents1 ウォーレン・バフェットさん2 プロのファンドマネージャーは勝てない2.1 目先の評価2.1.1 プロは決算あり2.1.2 素人に決算なし2.2 休み2.2.1 プロに休みなし2.2 …

日本はテキサス州を見習え!

Contents1 大増税時代を迎える日本2 特に怒らない日本人3 昔からしっかり考えている国はある4 テキサス州にも集まる4.1 税金4.1.1 個人4.1.2 法人4.2 働き方の変化5 魅力的な …