投資情報

SNSで貴重な時間を浪費するな

投稿日:

Pocket

スマホで変わった

スマホ出現のおかげで、最近は電車に乗っている時、順番を待っている時などの時間を有効に使えるようになりました。

一方で、いつでもどこでもスマホを使えるようになり、ゲームやネットサーフィンについつい時間を費やしてしまいがちです。

中でもフェースブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSに、かなりの時間を使っている人が多いのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

確かに楽しい

確かに、見たことも聞いたこともない人と話して盛り上がると楽しいです。リアルとは違った新鮮さがそこにはあるのです。

さらに盛り上がると、実際に会ったりすることもあるため、必ずしもネット上で完結するわけでもないところが魅力的なのかもしれません。

また、自分と違った意見に反論したり、同じ意見に同意したりと、リアルではなかなか言えない人もネット上では何でも言えてしまいます。

そして、芸能人やスポーツ選手などの有名人が身近に感じられ、まるで友達になったかのような錯覚を覚えたりするのです。

一旦やり始めると、何人かと友達になり、毎日のようにやり取りしたり、有名人の行動が気になったりして、途中でやめられなくなってくるのです。

[ad#shoshinsha336280]

一日のうち費やす時間は?

しかし、SNSに興じていると本当にあっという間に時間が過ぎてしまい、気がついたら2~3時間が経っていた、なんてことも普通にあります。

その時間を他のことに充てれば、もしかしたらものすごいことができるかもしれません。勉強したり、本を読んだり、セミナーに出たり。

しかもこれが毎日ともなると、かなりの蓄積になります。

<スポンサーリンク>

SNSで得られること

個人では

SNSでは単に個人的に楽しむ人と、ビジネスに利用する人が同じフィールドにいます。

はっきりとビジネスに使っているのがわかる人はいいのですが、個人で楽しくやっているように見えて、実はネットビジネスだった、みたいな人もいるのが困りものです。

たまに役に立つ情報を発信してくれる人もいますが、ほとんどは残念ながら役に立ちません。

そういう意味では、SNSをやってなくても何も困りません。

だから個人的には、得られるものはほとんどないと考えて、短時間で純粋に会話を楽しむ程度にした方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>

ビジネスでは

ではビジネスではどうでしょうか。

やはりビジネスではSNSは強力なツールになりますので、上手く使うべきでしょう。

通常、広告を出せば莫大なコストがかかりますが、SNSはそのものが広告になりえますし、これを無料で使えるのは、はっきり言って奇跡です。たとえ有料のものでも金額は知れています。

SNSで集客してLINE @に誘導するのは、ビジネスではもはや必須です。

というわけで、SNSは個人では最小限に、ビジネスではしっかり時間をかけてやるべきではないでしょうか。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

買い物はセルフバックでお得にする

Contents1 アフィリエイト2 企業(広告主)も積極的に活用2.1 手数料が少なくて済む2.2 広告宣伝費の削減3 アフィリエイトで食っていく?4 セルフバック5 セルフバックでお買い物6 自分 …

有名ホテルのタイムシェアはお得か?

Contents1 タイムシェアとは1.1 会員権を買う1.2 値上がり、値下がりは?1.3 やめるときは?1.4 年間の使用限度日数まで部屋を使える1.5 その都度コストはかかる?1.5.1 メリッ …

どこの何に投資するべきか

Contents1 投資対象は星の数ほどある2 「失敗しない」こと3 長期、分散4 ポートフォリオ4.1 関連 投資対象は星の数ほどある どこの何に投資したら良いのか、これは本当にその時、その瞬間によ …

東南アジア不動産投資(ベトナム、カンボジア編)

Contents1 ベトナム1.1 遂に解禁1.2 賃貸付けは大丈夫?2 カンボジア2.1 更にわかりにくい2.2 詐欺事件も3 自分の立場を考える3.1 信頼できる人であっても3.2 気になれば現地 …

投資すべき本当の理由

Contents1 投資すべき理由2 本当の理由3 投資しないと生きていけなくなる3.1 雇用形態3.2 物価の上昇3.3 増税、社会保険料の負担増等4 人間は必要に迫られないとやらない4.1 例えば …