旅情報

今どきのビジネスクラス

投稿日:

Pocket

隔世の感

今どきのビジネスクラスはシート、食事、エンターテイメントどれを取っても一昔前、いや数年前とは隔世の感があります。

各キャリアも、運賃が高くても会社のお金で乗ってくれるビジネスクラスに力を入れており、逆に高すぎて敬遠されがちなファーストクラスを撤去したり縮小したりする傾向にあります。

結果、座席数は少ないにもかかわらず、機内のスペースの半分はビジネスクラスが占めるようになりました。

シート

シートはフルフラットが当たり前で、フルフラットでない便やキャリアは敬遠されるようになってきました。

限られたスペースを有効に使い、プライバシーの確保と通路へのダイレクトアクセスを実現した、シートを隣と互い違いに並べるスタッガードか、魚の骨のように並べるヘリンボーンが主流になっています。

いずれも一人で旅行する場合はいいですが、ペアーや家族となると仕切られた感じで少し寂しく感じますが。

Sponsered Link

食事

食事は有名シェフがプロデュースしたり、地上での人気店のメニューを採用したりと、一部キャリアでは、今までの常識を覆すような機内食も出始めました。

ただ、ほとんどの機内食は残念な感じが否めません。ビジネスクラスで、すごいことがメニューに書いてあっても、実際は地上のファーストフードの方が美味しいかも知れません。

この辺りはキャリアによっても随分違うので、一概には言えませんが、そもそも機内食に多くを求めるのがムリなのかもしれません。

その他

エンターテイメントもモニターの大きさが昔の何倍にもなり、選べるチャンネルも豊富で乗客は退屈しません(JALの成層圏麻雀がくだらなくて好きです)。

アメニティは、東南アジアなどの近距離線ではほぼないに等しいですが、欧米の長距離線であれば、有名ブランドと組んでなかなか魅力的なものもあります。

<スポンサーリンク>


プライバシーと孤独感

以上の通り、いろいろな面でビジネスクラスは進化しているのですが、前述の通り、シートはプライバシーを重視した形状が多くなっており、嬉しい反面こちらから何か要求しないとCAさんからは声をかけられない、いわば「ほったらかされる」ような感覚になります(単なる被害妄想でしょうか)。そして、頼みごとや注文はスマホのようなもので行います。

特に、スタッガードの窓側の席だったり、3列の真ん中だったりすると。完全に自分一人の世界です。

CAさんも覗き込むのが悪いと思うのか、あまり絡んでくれません。仕事や勉強をしている人にはいいと思いますが、何か物足りない感じがします。

そのことをもって、サービスが良いとか悪いとかいうのは違うとは思いますが、某キャリアの元CAも先日言ってました。「最近サービスが悪くなった!」と。

<スポンサーリンク>

JAL 日本航空 国際線航空券

コミュニケーション

これはおそらく、CAさんと乗客のコミュニケーションの少なさが物足りなく感じたのだと思います。

CAさんにとっては間違いなく業務が楽になっているはずですが、プライバシーの確保と声かけのバランスが難しいと思います。

時代はプライバシー確保を重視する方向に向かっているような気がします。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅行のための英語の必要性

Contents1 お得に旅行するために2 日本人はまだ裕福だと思われている3 今から挑戦?4 旅行以外で必要4.1 関連 お得に旅行するために 海外をお得に旅行する(ボラれないようにしたり、交渉で安 …

人間には旅が必要だと思います

Contents1 非日常性2 人間の幅を広げる3 ジム・ロジャース4 現在の居所からなるべく離れる4.1 関連 非日常性 旅の良いところは何でしょうか? 人それぞれ目的が違えば、行き先、かけられる時 …

カトマンドゥ(カトマンズ)の空気がヤバすぎる!

Contents1 ネパールの首都カトマンドゥ2 街は魅力的だが大気汚染が激しすぎる3 PM2.5などが原因3.1 PM2.5発生原因3.1.1 車3.1.2 工場の排煙3.1.3 土ぼこり4 地形も …

ワット・ムアンへの行き方を徹底紹介

Contents1 ワット・ムアン1.1 地獄寺1.2 金の大仏1.3 鏡張りの礼拝堂1.4 その他2 行き方2.1 往路2.1.1 北バスターミナルへ2.1.2 ロットゥでアントーンへ2.1.3 ア …

初めてのスリランカを5日間で楽しむ

Contents1 南アジアの小国2 実はそう簡単でもない3 行程3.1 1日目3.2 2日目3.2.1 アヌラーダプラ→ポロンナルワ3.2.1.1 アヌラーダプラ3.2.1.2 ポロンナルワ3.3 …