投資情報

東南アジア不動産投資(タイ、マレーシア編)

投稿日:

Pocket

タイ、マレーシアの不動産

東南アジアでは既に何年も前から、日本人による不動産投資が行われてきました(実際は日本人だけでなく、中国、ロシア他世界中から投資資金が注入されました)。

そしてその具体的な対象国は、タイ、マレーシアがメインでした。過去形なのは、前述の通り外国人からかなりの資金が流入し価格が高騰しているため、うまみがなくなり、もはや投資対象として不適格になったからです(それぞれの首都であるバンコク、クアラルンプールの中心部は東京と変わらない価格になっています)。

また、一気に何千戸も市場に出回るため、思うように賃貸付けできず空室のまま放置されている部屋がかなりあると言われています。

更には、マレーシアにおいては、加熱する投資を抑制するため、外国人が買える不動産の価格を、クアラルンプール中心部などは約3,000万円以上とするなど、かなり投資するには厳しい状況になりました。

こういった物件を買うのは基本的に外国人なので、既に持っている人は、将来売る時はかなり大変だと思います。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

[ad#shoshinsha336280]

タイ、マレーシアは確かに住みやすい

タイ、マレーシアはみなさんご存知の通り、日本人が将来住みたい国の上位常連国です。だから、あまり不安を覚えず、国としても安定しているため、借り手がいなければ将来住んでもいいや、という気持ちで買われた方も多いと思います。

ただ、実際はそう簡単に移住もできないでしょうし、住みたいと思った時に部屋が空いてないといったことが容易に想像できます。

もっとも、それを覚悟で将来自分の子どもの留学先等としてその場を選び、そこの物件を購入するという戦略的な選択もあります。

その場合の具体例はマレーシアのジョホールバルです。

<スポンサーリンク>
未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

マレーシアのジョホールバル

こちらでは、ジャングルを切り開いて大きな都市を作ろうと、マレーシアとシンガポールが国を挙げて共同で開発しており、娯楽施設やコンドミニアムがものすごい勢いで出来上がっています。そして、イギリスの名門校等のインターナショナルスクールも既に相当数進出しています。

ジョホールバルであれば、イギリス等の本校に行くよりも費用が格段に安く、いろいろな人種の学生が通っていることから、日本人であっても浮いたり、差別されたりということは少ないと思います。

という訳で、もう既に多くの日本人が通っています。

こういった明確な目的があれば、そこにコンドミニアムを買って、たとえ賃貸付けができなくても、たとえ大きく価格を下げたとしても、あまり関係ありません。将来本当に子どもや家族が住むのですから。

<スポンサーリンク>

不動産は流動性が悪い

いずれにしても、不動産は流動性が悪くすぐ現金化できないのと、さらには、ASEAN諸国の中では先進的なタイ、マレーシアでさえ、賃貸付けや物件の管理はメチャクチャな場合があり、相当のリスクを覚悟しておく必要があります。つまり、それがリターンとの関係で冒頭の「うまみがない」ということにもつながっているのです。

首都以外も視野に

タイであれば、バンコクを避けパタヤや日本人が多いシーラチャーに今視線が注がれています。まだ価格が上がりきってないということです。それだけ首都は厳しいのです。

首都以外となるとハイリスクにもなりますが、その分リターンも高くなります。

<スポンサーリンク>



336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資金(資本)がある人はココに投資する!

Contents1 お金を遊ばせておくのはもったいない2 本当のお金持ちの人2.1 居住用の建物を建てる2.2 生命保険に入る3 お金持ちではないが、少し余裕資金がある人3.1 暗号資産(仮想通貨)3 …

国内不動産投資はもう終わったか?

Contents1 投資の王道2 ネガティブな要因2.1 人口減少2.2 供給過多2.3 可処分所得の減少2.4 金利2.5 有事3 対策3.1 立地3.2 業者3.3 分散投資3.4 関連 投資の王 …

米国不動産投資で、ダブルで稼ぐ

Contents1 米国不動産投資のイメージ2 どこから情報を得るか?3 米国不動産を推す理由3.1 人口増3.1.1 米国3.1.2 他国3.2 法整備3.2.1 米国3.2.2 他国3.3 減価償 …

展示会に出展する心得はコレだ

Contents1 毎日どこかで展示会2 出展にかかるコスト2.1 小間代2.2 装飾代、デモ代2.3 搬入、搬出費用2.4 人件費2.5 旅費交通費3 期待される効果3.1 新製品を現物で紹介できる …

ノーベル賞の賞金は投資の結果で増減する

Contents1 2019年は旭化成の吉野さんが受賞2 ノーベル賞とは3 経済学賞はノーベル賞ではない?4 賞金は投資で捻出4.1 関連 2019年は旭化成の吉野さんが受賞 先日、旭化成の吉野彰さん …