投資情報

海外に銀行口座を作ることの意義

投稿日:

Pocket

海外の銀行口座を持っていますか?

日本国内に銀行口座を持っていない人はいないと思いますが、海外にはどのくらいの人が持っているのでしょうか。

数年前の超円高と震災、原発による不安から、香港を始めとする海外に銀行口座を作りに行くツアーが流行り、実際多くの人が口座を開設しました。

ちなみに筆者は完全に乗り遅れました。ただ、ここでいう「乗り遅れる」とは、為替(当時より円安になった)ということと、海外投資するのが遅れた(時間を失った)ということです。

筆者のことはさておき、海外に銀行口座を作る意義は何でしょうか。

<スポンサーリンク>

意義

1.通貨の分散

これが究極の目的であり、最も大事なことです。

未だに通貨を日本円でしか持ってない人が山ほどいる(いやむしろ日本人はこちらの方が多いのではないでしょうか)ようです。

もう随分前からこの危険性について叫ばれていますので、敢えてここでその理由を説明することはしませんが(もし簡単に言うなら、一つのカゴに卵を全て入れてないけないということ)、最低でも円、米ドル、ユーロ、豪ドル等それぞれ違う動きをする通貨を数種類持たなければならないのです。

そしてそれは、海外の口座でなければ意味がありません。日本の口座では、預金が守られない危険があります。

通貨を分散しておけば、何かの通貨が暴落しても、他の通貨をもっているので相殺され、被害があったとしても限定的です。

通貨は相対的なものであり、うまくペアを考えておけば、急激な円高や円安でロスカット、ということもなくなります。株と違って「全ての通貨が暴落」ということはありません。

[ad#shoshinsha336280]

2.海外投資のプラットホーム

海外の商品に投資する場合

海外の商品に投資する場合、その資金は日本の代理店等に振り込む場合と現地の代理店や販売元に振り込む場合が考えられます。

日本の代理店等へだと日本円での支払いなので、なんの問題もありませんが、海外へ払う場合、日本からだと高額な手数料を取られた上に強制的に現地通貨に両替させられます。

これは非常にもったいない話です。

<スポンサーリンク>

不動産等の売却代金や投資の配当等の受け入れ先

海外で投資をした場合のその売却代金や配当等の受け取りについても同じことです。

日本の口座に日本円で振り込んでもらうとなると、これは当然現地通貨から強制的に日本円に両替されます。つまり日本円から外貨に両替した時よりも円高に振れていれば為替差損が発生します。これではせっかく配当等があっても、相殺され何をやっているかわからなくなります。

逆に円安に振れれば、差益が出てダブルでゲット出来ます。

ということは、ダブルでゲットするために、好条件の時に両替できるようそれぞれの通貨でひとまず置いておくべきです。

つまり、そのために海外の口座を利用するのです。
また、敢えて両替せずに現地でその通貨を使えば為替の問題はなくなります。

というわけで、後者の方法で海外口座にそのままの通貨で振り込んでもらうのがよいと思います。

そして更に言えば、数カ国で口座があればなおいいですね。

<スポンサーリンク>

ダイエットが続かない方へ/人生を変えるマンツーマントレーニング

3.高金利通貨を預金し利息を稼ぐ

国によっては、預金金利が約9%(ロシア)だったり、7%近くあったり(カンボジア)します。そしてその国の銀行口座を開設し、単純に預金し利息を得るという「ほったらかし状態で、 気がついたら増えていた」みたいな方法をとることもできます。

ただ、これらはそれなりのリスクをともなうため、積極的にというよりも、通貨の分散の一種と考えたり、他の投資をしたついでに置いておくといったイメージの方がいいかもしれません。

いずれにしても、どこの国の金利が高いとか、どの銀行に預金するべきかを調べることも非常に重要で有益な行為だと思いますので、是非やってみましょう。

【参考】

どこの国のどの銀行に口座を開設するべきか

バンコク銀行口座開設体験記

 

 

スポンサーリンク



336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東南アジア不動産投資(ベトナム、カンボジア編)

Contents1 ベトナム1.1 遂に解禁1.2 賃貸付けは大丈夫?2 カンボジア2.1 更にわかりにくい2.2 詐欺事件も3 自分の立場を考える3.1 信頼できる人であっても3.2 気になれば現地 …

最も儲かるビジネスは?

Contents1 最小の元手で最大の利益1.1 最小の元手1.2 最大の利益2 不労所得3 スキルを活かす3.1 関連 最小の元手で最大の利益 何らかのビジネスをする場合、お金を借りるかどうか別にし …

育休明けすぐに転勤命令はどうよ

Contents1 炎上2 昔は普通だった3 それぞれの立場3.1 会社側3.2 従業員側4 価値観の多様化5 よく考えて声明を出す6 最も大事なこと6.1 関連 炎上 ある一部上場会社が、男性従業員 …

情けない大学入試制度改革の混乱

Contents1 大学入試が変わる1.1 英語の混乱1.1.1 延期1.1.2 そもそも民間試験の主催者のポリシーが違う1.1.3 グローバル化への対応1.2 記述式の混乱1.2.1 無謀1.2.2 …

複利の効果を徹底的に享受する

Contents1 人類史上最大の発見2 72の法則3 なぜ利用しない?3.1 時間がかかる3.2 良い投資対象がない3.3 教育を受けてない4 もったいない5 単利でいい人もいるが5.1 関連 人類 …