旅情報

旅をするために必要な3つの条件

投稿日:

Pocket

旅をするために必要なもの

旅をするためには何が必要でしょうか。個人的には次の3つかと思います。

お金

どんな格安旅行でも、ある程度は要ります(当たり前です)。

時間

0泊3日とかもあり得ますが、余程の事情がないと意味ないでしょう。

体力

体力がないと結局気力もなくなり、旅に出ようという気が起こらなくなるでしょう。

<スポンサーリンク>

3つとも自分で作る

以上の3つとも自分で作る必要があります。

世の中には、お金はたっぷりあるが時間がない人、その逆の人、また両方ないが体力だけはある人、3つともない人などいろいろな条件の人がいます。

しかし、3つともたっぷりあるという人は稀ではないでしょうか。

筆者は「体力だけある」人の部類になります。ただ、一般的な人の中でも今までそれなりに自由にできた方です。というより、あとの2つを努力して捻出していました。

どういう事かというと、旅をするために働いて稼ぎ、他のやりたい事を我慢し、スケジュール管理していました。因みに今も変わりません。

これは旅に限らず、好きな事をするためには皆さんやっている事ではないでしょうか。旅の場合、他の趣味に比べて、まとまった時間がより多く必要だという事はありますが。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

お金も時間も手に入れる

ここで、お金も時間も両方手に入れればいいんじゃないの?、という当たり前の疑問が生まれます。

そうなんです。その通りです。両方手に入れれば、行きたい時に行きたい場所へ、予算など気にせず行くことができます。

では、どうやって両方手に入れるか?ですが、ここが大事です。筆者を含めほとんどの人が、現状から捻出しようと考えるためムリが生じるのです。

現状を変える

現状を変える。しかも劇的に変えなければ、それこそ何も変わりません。そうなんです。少し変えたり、今までの延長線上では変わらないのはわかっているのですね。

では、なぜ劇的に変えられないのか。それは、各人様々な事情があるからです。

リスクがある、安定した収入が途絶える、家族がいる、現状のほどほどで満足、等だと思います。

結局、投資と同じで、リスクとリターンの関係です。リスクを大きく取れない人はリターンも僅か。リスクを大きく取れる人はリターンも大きく取れる可能性があるのです。

ただ、方法によっては、一文無しにならなければ(たとえなったとしても)、日本で生活していれば野たれ死ぬことはなくまた復活できます。そう考えれば、もし何かに挑戦して失敗しても、どうってことないと言えます。

<スポンサーリンク>

【投資の達人講座】

もちろん体力が資本

お金と時間があっても体力がなければ話になりません。

旅する前にお金と時間を作るためにも体力の維持向上は大前提です。

自由に旅する

将来はお金も時間も体力も気にせずに自由に旅をしたいと思います。

筆者はそんな夢のような事をいつも考えていますが、自分には必ず出来ると信じて生きています。そのために今投資をし、勉強し、成功者の体験を効率よく真似ていっているのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンラッド バンコク レジデンス 宿泊記

Contents1 ヒルトン系上級ブランド 「コンラッド」2 駅から微妙な距離3 レジデンス4 レジデンスに豪華さはない5 朝食は素晴らしい6 その他のレストラン6.1 LIU(柳)6.2 ディプロマ …

今どきのビジネスクラス

Contents1 隔世の感1.1 シート1.2 食事1.3 その他2 プライバシーと孤独感3 コミュニケーション3.1 関連 隔世の感 今どきのビジネスクラスはシート、食事、エンターテイメントどれを …

アユタヤへの行き方4選

Contents1 バンコク郊外の街アユタヤ2 4通りの行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット2.1.2 デメリット2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

ワット・サムプラン(ドラゴンタワー)への行き方

Contents1 ワット・サムプランへの行き方2 ワットサムプランへは路線バスで楽勝?3 反省4 ワット・サムプランはテーマパークか?4.1 ドラゴンタワー4.2 亀や象も4.3 緑に囲まれたお寺4 …

訪日外国人急増で日本は潤うか

Contents1 訪日外国人6,000万人へ2 日本が選ばれる理由2.1 狭い国土に見どころが多い2.2 アクセス良好2.3 相対的に物価が安くなった3 訪日客増で日本は潤うか?4 オーバーツーリズ …