旅情報

マイルを貯めるべき航空会社(ショッピング編)

投稿日:

Pocket

マイラー必須の武器

いわゆる陸マイラーが最も多くのマイルを稼げるのは、クレジットカードを使ったショッピングです。

基本的に空で稼ぐ人にとっても、クレカはもちろん重要な稼ぎ方で、クレカを徹底的に使うことでマイルを大量ゲットしています。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

どのクレカを使うべきか?

ただここで悩ましいのが、どのクレカを使うか、ということです。「JAL派は当然JALカード、ANA派は当然ANAカードでしょ!」といった声が聞こえてきそうですが、意外とこれがそうでもない場合があるのです。

「そうでもない場合がある」という歯切れの悪い言い方になったのは、やはり貯めるキャリアによってクレカも異なってくるし、年会費や、ポイントからマイルに移行するのに別途費用がかかったりすることもあり、なかなか単純に比較できないからです。

また使う店によっても、優待店とか特約店であれば倍付になったりするので、結局最低でも2枚のカードは必要で、それぞれ別のキャリアになってしまいます。

どうしても1つのキャリアに集中させたい場合は、付与率が悪くなっても我慢するしかないと思います。その辺りの損得の許容度はその人の考え方によって変わってきます。

<スポンサーリンク>

[ad#shoshinsha336280]

絶対に損したくない人は2つのキャリアを持つ

本当は、少々付与率が悪くても、一つのキャリアにまとめるのがいいのでしょうが、損した気分を味わいたくない筆者の場合、マイルを貯めるのはJAL(ワンワールド)とユナイテッド・UA(スターアライアンス)にしています。

乗って貯める

乗って貯める場合は基本JAL(ワンワールド)しか使いません。ただし、どうしてもANAしか飛んでないため止むを得ずANAを使う場合はUAにマイルを貯めます。

ショッピングで貯める

ショッピングの基本は、UAセゾンカードを使い、UAのマイルを貯めてきました。そして、JALカードの方がセゾンより高い付与率の場合は、JALカードを使ってきました。

しかし最近は、アメックス プラチナ ビジネスがメインになっています。

具体的には以下の付与率です。

・UAセゾンカード(最大1.5%)

別途マイルアップの費用(5,000円)を払うと、全て、1,000円で15マイル獲得。

<スポンサーリンク>

・JALカード(最大2%)

別途マイルアップの費用(3,000円)を払うと、通常100円で1マイル、特約店は100円で2マイル獲得。

いずれも、マイルアップのための費用を別途払っていますが、払ってもマイルをたくさんもらった方がお得です。

<スポンサーリンク>


・アメックス プラチナ ビジネス(最大1.75%?)

上記のUAセゾンカードでUAのマイルを貯めても、正直特典航空券の予約が取り辛く、マイルが貯まる一方になってきてもったいないので、最近はアメックス プラチナ ビジネスを使いJALに貯めています。

年会費は少々高いですが、JALに集中させた方が結局はメリットありそうです。

以上、参考にしていただければ幸いです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスクラスがお得な路線はここだ!

Contents1 ビジネスクラスに乗りたい2 調べてみれば3 もちろんサービスは同じ4 やはり東南アジア5 長距離路線5.1 関連 ビジネスクラスに乗りたい 国際線のビジネスクラスがお得な路線は日本 …

世界で住みたい場所を考える

Contents1 わからないことが多すぎる2 移動の自由を楽しむために3 どういうところに住むか?4 定住しなくても住む場所にはこだわる4.1 関連 わからないことが多すぎる 世界には本当にいろいろ …

旅をするために必要な3つの条件

Contents1 旅をするために必要なもの1.1 お金1.2 時間1.3 きっかけ、動機等2 お金と時間は作る3 お金も時間も手に入れる4 現状を変える5 自由に旅する5.1 関連 旅をするために必 …

ブルーモスクへの行き方

Contents1 クアラルンプールの通称ブルーモスク2 ブルーモスクへの行き方2.1 ガイドブック2.2 ネット3 ブルーモスクへはバスで行く3.1 乗り換えは簡単3.2 KLセントラル近くで停車3 …

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …