投資情報

出国税で富裕層を狙い撃ち

投稿日:

Pocket

出国税とは

日本の富裕層が国外に居住地を移す際に適用される税制度。正式名称は「国外転出時課税制度」。国外移住による富裕層の課税逃れ防止を目的に、2015年7月1日より導入された。対象となるのは、1億円以上の金融資産を持ち、国内在住期間が5年を超える資産家。海外への移住の他、1年以上の海外転勤や留学の際にも適用され、株式や投資信託などの有価証券、未決済の信用取引といった金融資産の含み益に所得税が課せられる。納税せずに出国した場合、加算税などを含む額が追徴課税される。

<スポンサーリンク>

【MileagePlus JCBカード】

利益と損失を考える

なんでもそうですが、何かを始めたり、規則等を作る場合、それを実施することにより発生する利益と損失を衡量し、利益の方が大きければそれを実施するし、損失の方が大きければ当然実施しないという結論になります。

ところで、この法律を作る場合はそれを考慮したのでしょうか?

利益

当然、この税の目的は、富裕層がその資産を処分した際に、本来日本で納税するべき税金を税率の低い国で納税することを許さないことです。

日本は全世界課税の国ですから、居住地が日本であれば世界のどこにいようが、日本に納税する義務があります(現地で払えばその分は相殺される等の例外はあります)。

ですので、目的は間違ってないのです。

<スポンサーリンク>

Xserverドメイン

損失

では損失は何でしょうか。

この制度が作られる以前から、最高税率が上がったりして、重税に苦しむ富裕層は居住地を海外に移しています。

私達が知っているような人ですらそうなのだから、普通の起業家や日本に住む必要がない富裕層は当然に海外に移住します。

「海外に住んでる」と主張しても、日本での滞在日数等で、「日本に住んでいる」とみなされると、追徴課税されたりしますが、その辺のことはみんなよく知っているので、日本での滞在は何日まで、というふうにうまくやっています。

現在、日本にいなければ仕事にならないということも少なくなってきているので、ますますこれから加速します。

そうするとどうなるかというと、日本に住んでいるのはお金持ち以外の人ということになります。

その結果、当然納税額も減っていきます。

これは日本にとって損失です。

<スポンサーリンク>

ではどうする?

こういうくだらない制度を作るより、ズバリ減税によって、お金持ちを呼び込むのです。

資源がなく、これから超少子高齢社会を迎える日本がやるべきことは、香港、シンガポールのように金融で生きていくことなのです。

日本人だけに頼れない社会になるのは間違いないのだから、海外から人やカネを呼び込まなくては日本の未来はありません。

無策のまま、増税しか知らないお上の人達が変わらなければ、日本はとんでもない国になるでしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資で損失を拡大させないために

Contents1 ウォーレン・バフェットの名言2 負けはゼロにはできない3 サンクコスト4 これを投資に当てはめると4.1 関連 ウォーレン・バフェットの名言 世界三大投資家の一人、ウォーレン・バフ …

「年収が増えても貯蓄がない」を回避せよ

Contents1 年収が増えても貯蓄が増えない?2 なぜ貯蓄がない?2.1 贅沢な生活2.1.1 住宅2.1.2 車2.1.3 教育費2.1.4 旅行2.2 累進課税2.3 お金に無頓着3 とにかく …

ケフィア破産に見る日本人の金融リテラシー

  Contents1 ケフィア事業振興会2 被害に遭った人は?3 具体的にはどんな属性の人達か3.1 1.お金に余裕がある高齢者3.2 2.全財産をつぎ込んだ人3.3 3.財産を構築してい …

破産者にならないために

Contents1 破産者が増加中2 老後に必要な資金2.1 年金と定年2.2 実際いくら必要か2.3 捻出するには3 だから投資4 単なる老後破産対策ではない4.1 関連 破産者が増加中 最近また破 …

インフレの国に投資し、デフレの国に住む

Contents1 インフレ1.1 物価は上がるもの1.2 インフレの国1.3 物価も上がるが賃金も上がる2 デフレ2.1 経済停滞の証し2.2 デフレの国3 現状を嘆いても仕方ない4 デフレの国に住 …