旅情報

オールインクルーシブでゆったり過ごす

投稿日:

Pocket

海外ではスタンダードなオールインクルーシブ

海外のリゾート地のホテルには、価格にそのホテル内での飲食代、アクティビティ代をすべて含んだ、オールインクルーシブという方式を採用してところがあります。

日本にもあるにはありますが、有名なクラブメッドくらいしか思い浮かびません。最近は徐々に増えているみたいですが。

海外でも日本人に馴染みがあるのはクラブメッドでしょうが、ネットで調べれば結構出てきます。海外ではスタンダードなのですね。

そこでオールインクルーシブの良いところ良くないところを挙げてみました。

<スポンサーリンク>
マレーシア航空

良いところ、良くないところ

<良いところ>

1.料金を気にせずに飲み食いできる

当たり前ですが、なんといってもこれでしょう。

食事中はアルコールであれば、ビールとワインが飲めます。バーでは、カクテル等も飲むことができます。お酒の好きな人にはたまらないでしょう。

食事の種類も豊富なので、家族で好き嫌いがあっても全く問題ありません。

都度料金を払うのだと、「高いものはやめとこう」とか「アルコールはやめとこう」とかつい我慢してしまいがちですが、何にもそういったことを考える必要がありません。

<スポンサーリンク>

2.子どもを1日預けることができる

これは結構大きいです。

国内でももちろん、海外ならなおさら子どもの行動によって親の行動は制約を受けますが、この手のホテルは子ども向けのプログラムがあり、食事を含め丸一日預けることができます。

少々英語がわからなくても、子ども達には関係ありません。スタッフがうまく誘導してくれ、朝はイヤイヤ参加していたのに、夕方になると「もっと遊びたい」となります。

3.スタッフがみんなフレンドリー

スタッフは当たり前ですがみんなフレンドリーです。客と一緒に遊び、食事も一緒にするところもあります。

4.アクティビティが豊富

通常有料のアクティビティも無料で思いっきり楽しめます。

普段やったことのないことにもチャレンジできるという意味では、ありがたいですね。

Sponsered Link

良くないところ

1.食事に飽きる

日替わりでは出てくるし、種類も豊富なのですが、どれも平均で、コレッというのが無いですね。結局いつも同じものを食べてるような気がします。

アラカルトでオーダーできるところもありますが、一品の量が多いため、逆に種類を食べられないという不満が残ります。

朝とかは非常にいいですが。

2.街へのアクセスが悪い

基本的にホテル内で全てが完結されるというコンセプトなので、街からは離れたロケーションにあることが多いです。

街へのシャトルバスがあるところもありますが、ほとんどがタクシーを呼ぶことになります。

3.実は高いのではないかという疑念

食べ放題、飲み放題で得した気分になっていますが、かなりコストは高いです。
特に物価の安い国では、レストランで食事をしても大した金額にならないので、そこだけを考えると高いですね。

いずれにせよ、良し悪しの判断は自分で泊まってするしかないですね。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アユタヤへはこう行く

  Contents1 アユタヤ2 3種類の行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット:2.1.2 デメリット:2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

ピンクのガネーシャに会いに行こう

  Contents1 バンコクからのショートトリップ2 タイでもヒンドゥー教の寺院は多い3 最新のガイドブックにも載ってない?4 ピンクのガネーシャへの行き方4.1 電車→車→車(ガッツが …

ワット・パクナムへの行き方

Contents1 人気爆発2 行き方2.1 タクシー、Grab2.2 MRT (地下鉄)2.3 BTS(スカイトレイン)2.3.1 徒歩2.3.2 乗り物2.4 バス3 仏塔は5階建て3.1 各階3 …

ラオスの首都ビエンチャンを1日で楽しむ

Contents1 ラオスという国2 首都ビエンチャン2.1 こぢんまりした首都2.2 1日で十分2.3 主な見所2.3.1 パトゥーサイ2.3.2 タート・ルアン2.3.3 ワット・シーサケット2. …

バンコクの人体博物館へ行こう(museum of human body)

Contents1 街のど真ん中にある2 授業用?3 人体の内部がわかりやすく4 頭のてっぺんからつま先まで5 直視できないものもあるが5.1 関連 街のど真ん中にある バンコクの中心地サイアム・スク …