投資情報

英語習得は投資になるか

投稿日:

Pocket

英語習得は永遠のテーマ

「英語習得」(他の言語もありますが、とりあえず英語に絞ります)にお金等を費やすことは、投資といえるでしょうか?

これは本当に永遠のテーマです。

英語を身につければ必ず稼げるかと言ったら、当然そんなことはなくて、一方で英語を武器にバリバリ稼いでいる人もいますし、統計的に、英語を話せる人は話せない人より年収が高いという結果も出ています。

なんでもそうですが、そのスキルをどう活かすかが大事です。

<スポンサーリンク>
今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

今までは英語がなくても生きていけた

英語の必要性が叫ばれて久しいですが(筆者が学生の頃である30年前にはすでに言われてました)、筆者を含めてこの30年、全く英語無しで問題なく生きてこれた人がほとんどだと思います。

逆に私の周りでは、英語が喋れるから他の人より給料がいいかといったらそんなことはなく、むしろ宝の持ち腐れ状態の人がたくさんいました。

これは日本という国の特殊事情が大きく影響していると思います。1億人以上のほぼ同じ民族の人口がいて、その人たちにどうやってモノやサービスを売るかを考えれば良かったからです。

[ad#shoshinsha336280]

英語なしで生きていけるか?

では、これからはどうでしょうか。

日本では人口減少問題が大きくクローズアップされています。人口が減少してもまだ1億人以上もいるじゃないか、という考え方もありますが、減るスピードと年齢構成を考えると、ビジネスにしろ何にしろ今までのやり方では通用しないのはハッキリしています。規模を縮小するか、海外に行くかしか選択肢はありません。

これはお隣韓国、そして中国も状況は同じです。だから彼らは以前から英語の重要性を理解し、勉強にも力を入れています。

また、アジアの国々も、稼ぎたかったら英語を勉強する、という考え方が定着しています。ノンビリしているのは日本くらいかもしれません。

というわけで、今後「英語は必要である」と考えるべきで、英語を勉強することは投資だと考えていいと思います。

<スポンサーリンク>

ではどうやって投資するか?

ただ、この投資にどのくらいの時間とカネと労力を費やせばいいのかがわからないのです。

なぜなら、配当やキャピタルゲインのようなものがはっきりしないからです。つまりそこが永遠のテーマなのです。

当然、最小の努力で最大の効果をあげたいのですが、ご存知の通り何がベストかがわかりません。

だから世の中には次から次へと色々な教材が出てくるのです。筆者も相当「投資」しましたが、全く回収できてません。

視点を変えれば、今からでもこれで稼ぐこともできます。

<スポンサーリンク>

英語には投資すべき

いずれにせよ、これからの日本は内需が減り、多くの外国人を迎えなければならないため、いままで以上に世界を意識しなければならないのです。

つまり世界との競争にさらされる以上、英語には投資して当然なのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最も儲かるビジネスは?

Contents1 最小の元手で最大の利益1.1 最小の元手1.2 最大の利益2 不労所得3 スキルを活かす3.1 関連 最小の元手で最大の利益 何らかのビジネスをする場合、お金を借りるかどうか別にし …

リアルの崩壊

Contents1 トイザらス閉店の衝撃2 もちろん主流はネットへ3 時代の流れは速い4 日本はついていけるか?4.1 関連 トイザらス閉店の衝撃 アメリカ発の玩具量販店のトイザらスが、経営破綻を受け …

あなたにもできる、保険金請求

Contents1 保険2 保険会社は儲かる3 そんなもの?4 普段あまり使う機会がない保険4.1 火災保険4.2 地震保険5 最近の異常気象6 ダメ元で請求する7 修理しなくても良い8 保険に限らな …

日本へは投資すべきか?

Contents1 日本の景気はいいのか?1.1 法人の所得額は過去最高1.2 飲み屋はいっぱい、タクシーも行列1.3 株高も2 恐ろしい今後の日本2.1 株価は下がっていく2.2 人口減少と超高齢化 …

素人が大量参入したら一旦利確

Contents1 コロナで株価指数上昇2 株価って何?3 代表的な株価指数3.1 日本3.1.1 日経平均株価3.1.2 TOPIX(東証株価指数)3.2 米国3.2.1 ダウ平均(ダウ・ジョーンズ …