投資情報

有事の円高、これだけを覚える!

投稿日:

Pocket

有事の円買い

日本や世界で何か重大な危機や事件、事故が起きると、必ずといっていいほど円高になります。

過去を見ても、日本で震災が起きたり、世界のどこかで戦争やテロが起きたり、起きそうだと言われると、ほぼ例外なく円高になっています。

よく「有事の円買い」と言いますが、まさにその通りです。

<スポンサーリンク>

日本円は安全資産か?

なぜ有事の際に日本円が買われるのでしょうか。

有事の際の資産の逃避先としては金が常連ですが、日本円も金同様に安全資産なのでしょうか。

日本の未来は暗いと言われていても、日本円には信頼がある、というのもわけがわかりません。

<スポンサーリンク>

代表的な低リスク通貨、米ドル・ユーロ・日本円

米ドル

昔は「有事のドル買い」と言われていましたが、2001年のアメリカ同時多発テロを境にアメリカ国内でのリスクが高まり、ドルもリスクが高いとみなされるようになりました。

ユーロ

その後一時的にユーロへお金が流れましたが、ギリシャ危機をはじめとするEUの危機で、ユーロもリスクが高いと判断されました。

日本円

結果残ったのが日本円で、消去法で「日本円が最もリスクが低い」となったのです。

為替はわからない

為替は、金融政策、物価、貿易、資本、介入、マクロ統計、金利、リスクなどさまざまな要素が絡み合って決まります。

しかし、よくアナリストや学者、専門家などが、もっともらしく理由を並べて予想していますが、実際はなかなか当たりません。

日本は国力がどんどん落ちて、これから円安になっていくと言われて久しいですが、実際にはそう簡単に円安にはなっていません。

円安に向かっていっていても、何かが起きると円高になり、振り出しに戻るような感じです。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

為替はこう動く

上記の通り為替変動の要因はいろいろありますが、事実上下記の要因が大きく影響していると思います。

短期的

短期的には、為替は金利とリスクが影響します。

金利

お金は金利の高い方に流れます。

アメリカが金利を引き下げると、アメリカの方が金利が高くでも、円が買われ円高になります。

ドルから円に資金がシフトするのです。

リスク

これがつまり有事です。

リスクが高くなると円が買われます。

これは円が安全資産として認識されているから、というよりも、低金利の日本で資金を調達して他国に投資(ドルでする)していた投資家が、リスクを避けるために投資を引き上げ、日本に円で返済する、つまり円に替える(円を買う)ことから円高になるのです。

リスクは大体13年で回避されるので、未来のない日本円でもokとなるのです。

長期的

長期的にはその国の国力が反映されます。ということは、前述の通り日本の国力を考えると、円が弱くなる円安に向かうと言えそうです。

<スポンサーリンク>

リスク大円高

過去の事実から確実に言えることは、「何かが起きると円高になる」ということです。これはもう理屈抜きに覚えていいと思います。

そして、当面金利とリスクだけを見ておけば十分でしょう。

ではFXで稼ぐか

そんな後出しジャンケンみたいなことができるならFXで稼げばいいじゃないか、ということなのですが、これがなかなか上手くいかないのです。

所詮、FXは投機です。投資ではありません。

この法則が通じなくなった

もはや日本円は安全資産ではなくなった

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

独自サービスを提供するSMBC日興証券

Contents1 SMBC日興証券2 日興イージートレードと日興フロッギー2.1 日興イージートレード2.1.1 単元未満株の投資2.1.1.1 ○ミニ株(10株)2.1.1.2 ○キンカブ(金額・ …

効率よく稼ぐための外部活用のススメ

Contents1 収入を最大に支出を最小に2 ポイントは支出3 時給の安い人に任せる4 家事も同じこと4.1 関連 収入を最大に支出を最小に 投資にしろ、ビジネスにしろ、稼いでナンボですから、利益を …

アメリカと日本の投資用不動産の違い(一例)

Contents1 先進国であることの安心感2 建物の価値2.1 アメリカ2.2 日本3 人口動態3.1 アメリカ3.2 日本4 家賃4.1 アメリカ4.2 日本5 住宅事情5.1 アメリカ5.2 日 …

投資すべき本当の理由

Contents1 投資すべき理由2 本当の理由3 投資しないと生きていけなくなる3.1 雇用形態3.2 物価の上昇3.3 増税、社会保険料の負担増等4 人間は必要に迫られないとやらない4.1 例えば …

今こそ本気で資産配分(アセット アロケーション)を行う時

Contents1 何が起きてもほとんど変わらない、日本人の資産配分1.1 日本人1.2 米国人2 資産を増やす人とそうでない人3 何のための資産配分か3.1 インフレ、デフレ3.1.1 インフレ対策 …