投資情報

大坂なおみから国籍の意味を考える

投稿日:

Pocket

全米オープン制覇 大坂なおみ

テニスの四大大会の一つである、全米オープンで「日本人」の大坂なおみが優勝しました。

もちろん、男女を通じて日本人が四大大会を制するのは初めてで、快挙としか言いようがありません。

別の話題も

テニスそのものとは別に、一方ではこの「日本人」という表現について、今世界中の人がいろいろなことを好き勝手言ったり、記者会見で質問したりしています。

つまり、そもそも彼女は日本人なのか?ということなのです。その理由は次の通りです。

・日本人とアメリカ人(父親はハイチのルーツ)のハーフ

・日本で生まれたが、 4歳でアメリカへ移住

・日本とアメリカの二重国籍状態(テニスでは日本国籍を選択)

・日本語が流暢に話せない

個人的にはそんなことどうでもいいと思うのですが、これを問題にする人は、「純粋な日本人がこんな大会で優勝するのは無理だ」という先入観と嫉妬があってのことだと思います。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

日本人とは何?

では、「純粋な日本人」とか「日本人」って一体なんなのでしょうか?

両親、および先祖代々が日本人で他の血が混じってない、日本語を話す人、なのでしょうか?

それとも国籍が日本である人を指すのでしょうか?

生まれも育ちも日本だけど在日の人と、数年日本にいて帰化した人では?

日本特有の問題か

こういったことが話題になるのは、やはり日本が島国で、ある意味外の世界と隔離されているからでしょう。

そして、基本的に単一民族に近く日本語以外話す必要がないのも「日本」、「日本人」を特別なものにしているのでしょう。

とは言ってもボーダレス化は間違いなく進んでおり、ハーフ、クオーターの人も全く違和感なく日本に溶け込んでいるようにも見えます。

[ad#shoshinsha336280]

もはや何人か?など問題ではない

大坂選手もそうですが、世界で活躍するスポーツ選手にしろ、芸術家にしろ、俳優にしろ、自分や周りの人が何人(どこの国の人)かなどは気にしていないと思います。

そんなこと考えてる時間があったら、その道のスキルを磨くでしょう。

大坂本人も記者会見の質問で、

「私は自分のアイデンティティについて深く考えていません。私はたんに私であるだけです。」と応えていました。

素晴らしいと思います。というか、彼女からしたら、自分で選択したわけじゃないルーツのことを聞かれても答えようがないと思います。

<スポンサーリンク>

それでも世界に差別はある

そんなことを言っても世界には、人種、民族、言語、肌の色、宗教等により差別があるのは厳然たる事実です。

日本ではやっと最近になって、違う肌の色をした人を受け入れるようになったような気がしますが、それでも表面的かもしれません。

また、世界的には優秀で裕福であると見られている日本人でも、海外へ行けば強烈な差別に遭うのです。

国籍にほとんど意味はない

大坂選手のように一気に世界の超有名人になったから、色々な方面から色々なことを言われるのであって、私達一般人はそんなことは言われません。

せいぜい、住んでる街や会社などで差別や嫌がらせを受ける程度でしょう。はっきり言って小さすぎます。

国籍がどこであろうが「私は私」なのです。

それがアイデンティティなのです。

<スポンサーリンク>

【投資の達人講座】

日本のパスポートを持つ意味はある

「国籍に意味はない」と言いましたが、一つだけ確実に言えることは、日本のパスポートを持っていることはものすごいアドバンテージです。

2020年時点で世界の191か国にビザなしで行けるのです。これは世界最多です。正直凄すぎます。

この辺りは確実に諸先輩方に感謝しなければならないと思います。

もし国籍の話をするのなら、この話題のほうが余程ためになります。

※参考

http://tabitoushi.net/2018/10/13/日本のパスポートは世界最強/

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間に厳しいようで実は緩い日本人

Contents1 日本人の生産性2 時間を無駄にする行為2.1 会議2.2 捺印、稟議の山2.3 挨拶回り2.4 表敬訪問2.5 会社の飲み会3 時は金也4 会社員でなくても5 ストップウォッチを使 …

とにかく中国語を勉強しなさい!

Contents1 世界中の観光地で中国語が聞こえる2 一方日本人は3 どこに行った日本人4 日本の観光地で中国語を話せるか?5 世界で戦うなら中国語を勉強すべき5.1 関連 世界中の観光地で中国語が …

ふるさと納税は夢の制度

Contents1 12月は業者の勧誘が多くなる2 どの自治体に寄付してもOK3 ふるさと納税のやり方は簡単4 注意すること4.1 2,000円の負担4.2 分散して納税4.3 実質無料5 返礼品に現 …

パティシエになるには

Contents1 将来就きたい仕事2 専門学校も大盛況3 現実は厳しい3.1 お店自体が儲からない3.1.1 需要が漸減している3.1.2 原材料の高騰3.1.3 廃棄が多い3.1.4 洋菓子店以外 …

飲食店が激しく減っていく

Contents1 飲食店にとって厳しい時代2 飲食店はなぜ厳しい?2.1 客側2.1.1 そもそも飲まなくなった2.1.1.1 人口減少2.1.1.2 若者2.1.1.3 会社関係2.1.1.4 遅 …