投資情報

リアルの崩壊

投稿日:

Pocket

トイザらス閉店の衝撃

アメリカ発の玩具量販店のトイザらスが、経営破綻を受け米国内の全店舗を閉鎖することになりました。

日本にも店舗がありますが、当時玩具大型店がなかったことから、日本に上陸した時はかなり話題になりました。

また、メーカーとの直取引を原則にし、低価格販売を行ったことから、日本の他の玩具店にかなりの影響を及ぼしました。

そのトイザらスの栄華も今は昔。こんなこともあるのかーと思う一方で、完全に小売の形態が変わったことの証明でもあります。

<スポンサーリンク>

もちろん主流はネットへ

日本においてもそうですが、アメリカは常に日本の先を行っているので、小売の形態がネットへ変わっていっているのが数年前から明らかでした。

ウオールマートやトイザらスが衰退していく一方で、アマゾンが巨大化していったのです。

日本でも全く同じ現象が起きています。

総合スーパーやリアルに店舗を構える専門店は固定費の負担が大きく、ネット通販に太刀打ちできません。

また、客側もわざわざ店舗へ行って商品を買わなくても、ネットで一発検索できるわけで、時間も労力も節約できます。

楽天、アマゾン、アスクル他業者も次々参入しており、価格の比較までできてしまうのであれば、どちらが選ばれるかは明らかでしょう。

時代の流れは速い

最近は、特に世界は大きく動き、流行り廃りも早いので、昨日通用していたことが今日はもう無意味ということはザラです。

リアルの店舗の衰退も世の中が変わっている典型的な例です。

大きな建物を作ったり、在庫を抱えるのは非常にリスクが高いのは以前からわかっていましたが、あらためて認識させられました。

<スポンサーリンク>

日本はついていけるか?

どんなモノやサービスでも、大体はアメリカで流行ってその数年後に日本に入ってくる、と言われていますが、やはりイノベーションが起きるのはアメリカなのです。

つい最近までは、日本は一番だ、最高だ、と言われてきましたが、もはやそれも今は昔、日本で何か新しいことが生まれるのは非常に厳しい状況なのです。

変化すること、革新を嫌い続けている限り未来はないのです。

超少子高齢化の波が押し寄せる日本において、新しいモノやサービスが出てこないと、ますます厳しくなります。

しかし、官民ともに本気でなんとかしようと思ってないため、優秀な人材は海外へ流出していくのです。

日本がホントのガラパゴスにならないために考えるべき時がきています。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

コロナで医療費増大、自己負担率増の悪夢

Contents1 医療費も年金に迫る勢い2 医療費も確実に財政を圧迫する3 予防という観点の欠如4 医療費を削減するには4.1 平均在院日数を減らす4.2 セルフメディケーション4.3 薬剤自己負担 …

南アジア不動産投資(スリランカ編)

Contents1 スリランカのイメージ2 他のアジア諸国の不動産は?3 スリランカは最後のフロンティア?3.1 経済成長率3.2 地理的場所3.3 内戦終結3.4 観光客増3.5 ホテル不足3.6 …

OECD消費税増税勧告のナンセンス

Contents1 OECDの消費税増税勧告2 洗脳3 消費税増税の根拠4 消費税は全国民に公平か5 無駄を排除せよ6 消費税増税で万事休す OECDの消費税増税勧告 日本の消費税は19年10月に8% …

電車の中でゲームをするな

Contents1 悲しい光景2 電車の中は貴重な場所3 車通勤の人も4 金持ちはやらない5 時はカネなり 悲しい光景 今電車に乗っている人のほとんどがスマホをつついています。その中でも異常に速いスピ …