投資情報

リアルの崩壊

投稿日:

Pocket

トイザらス閉店の衝撃

アメリカ発の玩具量販店のトイザらスが、経営破綻を受け米国内の全店舗を閉鎖することになりました。

日本にも店舗がありますが、当時玩具大型店がなかったことから、日本に上陸した時はかなり話題になりました。

また、メーカーとの直取引を原則にし、低価格販売を行ったことから、日本の他の玩具店にかなりの影響を及ぼしました。

そのトイザらスの栄華も今は昔。こんなこともあるのかーと思う一方で、完全に小売の形態が変わったことの証明でもあります。

<スポンサーリンク>

もちろん主流はネットへ

日本においてもそうですが、アメリカは常に日本の先を行っているので、小売の形態がネットへ変わっていっているのが数年前から明らかでした。

ウオールマートやトイザらスが衰退していく一方で、アマゾンが巨大化していったのです。

日本でも全く同じ現象が起きています。

総合スーパーやリアルに店舗を構える専門店は固定費の負担が大きく、ネット通販に太刀打ちできません。

また、客側もわざわざ店舗へ行って商品を買わなくても、ネットで一発検索できるわけで、時間も労力も節約できます。

楽天、アマゾン、アスクル他業者も次々参入しており、価格の比較までできてしまうのであれば、どちらが選ばれるかは明らかでしょう。

[ad#shoshinsha336280]

時代の流れは速い

最近は、特に世界は大きく動き、流行り廃りも早いので、昨日通用していたことが今日はもう無意味ということはザラです。

リアルの店舗の衰退も世の中が変わっている典型的な例です。

大きな建物を作ったり、在庫を抱えるのは非常にリスクが高いのは以前からわかっていましたが、あらためて認識させられました。

<スポンサーリンク>

日本はついていけるか?

どんなモノやサービスでも、大体はアメリカで流行ってその数年後に日本に入ってくる、と言われていますが、やはりイノベーションが起きるのはアメリカなのです。

つい最近までは、日本は一番だ、最高だ、と言われてきましたが、もはやそれも今は昔、日本で何か新しいことが生まれるのは非常に厳しい状況なのです。

変化すること、革新を嫌い続けている限り未来はないのです。

超少子高齢化の波が押し寄せる日本において、新しいモノやサービスが出てこないと、ますます厳しくなります。

しかし、官民ともに本気でなんとかしようと思ってないため、優秀な人材は海外へ流出していくのです。

日本がホントのガラパゴスにならないために考えるべき時がきています。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピン不動産投資の魅力

Contents1 フィリピン不動産は今最も熱い?2 ファンダメンタルズ2.1 1. フィリピンの現状2.1.1 プラスの要素2.1.1.1 ・人口が1億人を突破し、しかも平均年齢が若い。2.1.1. …

国内不動産投資はもう終わったか?

Contents1 投資の王道2 ネガティブな要因2.1 人口減少2.2 供給過多2.3 可処分所得の減少2.4 金利2.5 有事3 対策3.1 立地3.2 業者3.3 分散投資3.4 関連 投資の王 …

コロナで株式投資を急ぐな

Contents1 証券口座開設が急増2 リーマンショックで学んだ?3 勘違いは禁物3.1 指数や平均の信頼性3.1.1 TOPIX(東証株価指数)3.1.2 日経平均株価(日経225)3.2 株価は …

資金が少なくても投資出来る!

Contents1 資金に応じて投資手法も違う2 全く資金のない人2.1 学生、無職の人2.2 安定的な収入はないが、しばらくは食べていける人2.2.1 アフィリエイト2.3 安定的に収入がある人2. …

アメリカと日本の投資用不動産の違い(一例)

Contents1 先進国であることの安心感2 建物の価値2.1 アメリカ2.2 日本3 人口動態3.1 アメリカ3.2 日本4 家賃4.1 アメリカ4.2 日本5 住宅事情5.1 アメリカ5.2 日 …