投資情報

投資をしないで生きていけますか?

投稿日:

Pocket

先行きが見えない時代だからこそ

収入を得る手段(キャッシュポイント)には、給与収入、年金、株や保険の配当、預金の利息、不動産の賃料、副業のネットビジネス等いろいろ考えられますが、それがもし給与収入や年金だけであれば、非常に危険です。

今の世の中、何が起きてもおかしくないのですが、会社が潰れる、事故に遭う、天災に遭う、病気になるなんて事は普通に予見しておかなくてはならない時代になりました。

もしそういう事が起きたとき、収入源が一つしかなく、この入口を塞がれてしまったら、たちまちピンチになります。また、物価が上がっても給与は頭打ち、年金は今後確実に減っていきます。これは、今そこにある危機なのです。

そしていつ病気やケガに見舞われ、まとまったお金が必要になるかわかりません。特に身体が全てです、という人は、病気やケガをした時働けなくなり、収入が途絶えてしまいどうにもなりません。プロの野球選手、サッカー選手が良い例です。

そうでない人も、もちろん身体が資本です。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

キャッシュポイントは多ければ多いほどいい

だから収入源はいくつかあり、しかも自分が倒れても収入が途絶えないような方法をとらなければなりません。

ちなみに単に労働時間を増やす、というのでは全く意味がありません。自分が倒れれば文字通り両方の仕事とも共倒れになります。

どういう事かというと、自分以外のもの、例えば、他人、お金、保険、不動産等に働いてもらうのです。

ただ、他人となると、雇用するとかしないとか、裏切られたとか、カネを持ち逃げされたとか面倒な事が発生する可能性があるため、結局はお金やそれに準ずるものに働いてもらう事の方が安全と言えると思います。

<スポンサーリンク>

キャッシュポイントの種類

キャッシュフロー・クワドラント

ロバート・キヨサキの有名な著書「金持ち父さん、貧乏父さん」に出てくるキャッシュフロー・クアドラントには、左側に被雇用者(E)と自営業者(S)があり、右側にビジネスオーナー(B)、投資家( I )があります。

実質的に自らが時給で働く、被雇用者と自営業者は、今の時代非常に不安定です。

一方、他人やお金に働いてもらう、ビジネスオーナーや投資家ももちろん悪い時期もありますが、自分の時間を使ってないので、その浮いた時間を他のビジネスや投資に使うことができます。

もっとも、現実的にはビジネスオーナーもリスクが高い時代になってきており、今まで順風満帆だったのに、急に地獄を見るようなことも起きます。

クアドラントの「 I 」(投資家)になる!

やはり究極は投資

基本的には、クワドラントの右側にあるビジネスオーナーと投資家になりたいのですが、前述の通りビジネスオーナーも安泰とはいきません。

かといって、投資も数年に一度の金融ショックなどで、退場させられる人が多くいます。また通常も、必ずリターンが得られるとは限りません。

しかし、総合的に言ってやはり投資が必須なのです。

サラリーマンでも自営でも、ビジネスオーナーでも同時に投資をするのです。

<スポンサーリンク>

アメリカではみんなが投資家

アメリカにおいては多くの人が積極的に投資をしています。

日本人は自分の資産のうち半分以上が預貯金ですが、アメリカ人は10数%しか預貯金がないのです。

そのかわりアメリカ人は株や投資信託に40%ほどを投資しています。一方日本人は15%ほどにとどまっています。つまり、多くのアメリカ人はリスクを取っているのです。

それはなぜかというと、アメリカは基本的にずっと経済成長が続いているからです。そして、インフレになっているからです。

インフレになるということは、お金の価値が下落するということです。現金のまま持っていたのでは、実質的にはお金が減っているのと同じなのです。

だから、最低でもインフレ率を上回るパフォーマンスが出る投資をするのです。彼らは、したくなくてもやらざるを得ないのです。

<スポンサーリンク>

投資をしないで生きてはいけない

日本では長らくデフレが続いています。

しかし、日銀がインフレターゲットを2%に設定している以上、最低でも2%のリターンがないと、資産は目減りします。

実際には2%は達成できていませんが、前述の通り日本国民には所得や社会保障の面で厳しい未来が待っています。

もはや、投資なしでは生きていけないでしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える ハイ …

インフレの国に投資し、デフレの国に住む

Contents1 インフレ1.1 物価は上がるもの1.2 インフレの国1.3 物価も上がるが賃金も上がる2 デフレ2.1 経済停滞の証し2.2 デフレの国3 現状を嘆いても仕方ない4 デフレの国に住 …

独自サービスを提供するSMBC日興証券

Contents1 SMBC日興証券2 日興イージートレードと日興フロッギー2.1 日興イージートレード2.1.1 単元未満株の投資2.1.1.1 ○ミニ株(10株)2.1.1.2 ○キンカブ(金額・ …

日本はテキサス州を見習え!

Contents1 大増税時代を迎える日本2 特に怒らない日本人3 昔からしっかり考えている国はある4 テキサス州にも集まる4.1 税金4.1.1 個人4.1.2 法人4.2 働き方の変化5 魅力的な …