投資情報

日本の貧困率がヤバい

投稿日:

Pocket

日本は経済大国でも貧困?

日本は先進国の中で最悪の貧困率だと言われています。GDPで世界3位の経済大国でこの事実は信じられないのですが、事実なのです。

日本では、7人に1人が貧困で苦しんでいるというデータがあります。ちなみに貧困率とは、可処分所得が年間122万円未満の世帯の割合のことをいいます。

<スポンサーリンク>

iDeCoで節税しよう

街を歩いても、ニュースを見ても

街を歩けば、飲食店は混んでるし、高級ブランドショップで普通に買物してる人がいます。

また、学生でもスマホの使用はもちろん、高いドリンクを飲んだり食べたりしています。

お盆や年末年始、ゴールデンウィークには多くの人が旅行に出かけたり、ディズニーランドなどのレジャー施設で大金を使っている映像を見ると、みんなお金持ってるんだなあといつも思ってしまいます。

ただ、それは単にある一面を見ているだけで、世の中にはもちろん裕福な人も貧しい人もいます。これは昔からそうです。

ところが今はその構成が変わってきているということでしょう。つまり格差が明確になってきたのです。

<スポンサーリンク>

貧困率が高くなる理由

富の偏在

理由の一番はこれです。

実は日本人は今でも一人あたりでは世界一の金持ちの国民なのです。しかし、富が偏っているのです。

これは、元々お金持ちにはお金が集まるようになっていますし、さらに投資家に有利な税制を敷いたり、非正規雇用を大幅に増やしたためです。つまり、政治や企業がそうしたのです。

そして、所得の多い人の富を少ない人に分配するのは日本でも同じなのですが、そのシステムが上手く機能していないのです。

<スポンサーリンク>

TechAcademy [テックアカデミー]

所得税

現在のところ日本の所得税は、給与所得などは累進課税で、最高45%、住民税と合わせると最高約55%もの税金が課せられます(以下復興特別税は別途課税)。

しかし、実際にはお金持ちでも全ての所得にそんな税率を掛けて払っている人は少ないのです。

なぜならお金持ちは給与所得などで得るよりも、投資などで得た所得の方が圧倒的に多いからです。

そしてその投資などで得る所得には、事実上一律約20%しか税金がかからないのです。

納税額自体は確かに多くても、税率という意味では大したことないのです。

実際日本人の富裕層が納める税金はアメリカの富裕層などに比べても少ないのです。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

消費税

消費した者万人に課される消費税は、一見平等のように感じますが、負担という意味では明らかに富裕層に有利になっています。

所得のほとんどを消費に回さざるを得ない人の負担率は、消費税が10%なら全所得の10%に税金がかかることになりますが、所得の一部を消費に回す富裕層は全所得に占める税率は10%より薄まることになります。

そしてその消費税が8%から10%に上がったため、当然貧富の差はますます広がることになります。

富裕層は税率が2%くらい上がろうが下がろうが影響はほとんどないのに対し、所得のほとんどを消費に回す人はもろに影響を受けるのです。

お金持ちが寄付をしない

日本の富裕層は欧米のそれらに比べて寄付をしないとよく言われています。

もっとも、単に寄付をする、しないではなく、富裕層の社会貢献が少ないのです。

アメリカでは、お金持ちになったら寄付をするのが当然です。いや、お金持ちでなくても寄付をするように子どもの頃から教育を受けます。

また、企業も然りです。

儲けても株主への配当に回すか、内部留保でガッチリ蓄えており、社会に還元されないのです。

これでは社会全体がよくなりません。

今後もこの構図は変わらない

これからも富裕層はますます裕福になり、そうでない人はますます苦しくなります。

社会保障費が足りなくなり、増税が必須となると、安易に消費税を上げようとする。そうすると、上記の通り所得の少ない人が影響を受ける。そして景気が悪くなって税収が減る、という悪循環に陥るのです。

このままでは、この構図は変わりません。

<スポンサーリンク>

富裕層の海外脱出

そして既にもう問題になっていますが、その富裕層が海外に移住してしまうことが加速すると、日本にとって最悪の事態になります。

国は富裕層が海外移住する際に、持っている資産の含み益に対して課税する、いわゆる出国税制度を導入し、海外移住を牽制していますが、はっきり言って全く意味がありません。

やるべきことは逆の減税なのです。日本に住むと税金が安くメリットがあって、ずっと日本に住みたいと思わせることが大事なのですが、実際は「日本は住みにくい所」と思わせるような税制を取っているのです。

上記の通り、富裕層の税金は、全所得に占める割合は小さくても、純粋な労働に対しては最大約55%を持っていかれます。海外移住を検討しても、全く不思議ではありません。

追えば追うほど逃げるのです。

気がつけば、日本には老人と貧しい人しか残っていなかった、という笑えない状態になっていないことを祈るばかりです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナ減退で運輸系は蘇るか

Contents1 入国が厳しい日本2 リベンジ消費3 運輸系4 日本居住者はどうか4.1 一般の旅行客4.2 ビジネス客5 ビジネス客が戻らないと厳しい6 運輸系に投資はできない 入国が厳しい日本 …

岸田くんの安易な政策に失望感MAX

Contents1 新しい資本主義と岸田ショック2 所得の再分配3 株式譲渡益等4 一旦取り下げたものの5 富裕層は海外へ、の流れが加速6 みんなの所得が増える政策を 新しい資本主義と岸田ショック 「 …

有事の円高、これだけを覚える!

Contents1 有事の円買い2 日本円は安全資産か?3 代表的な低リスク通貨、米ドル・ユーロ・日本円3.1 米ドル3.2 ユーロ3.3 日本円4 為替はわからない5 為替はこう動く5.1 短期的5 …

バンコク銀行口座開設体験記

Contents1 旅行ついでにバンコク銀行で口座を開設2 非居住者の銀行口座開設が困難に3 先ずは日本大使館へ4 次にバンコク銀行本店へ5 開設自体は非常に簡単 旅行ついでにバンコク銀行で口座を開設 …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える ハイ …