投資情報

パティシエになるには

投稿日:

Pocket

将来就きたい仕事

子供たちに「将来就きたい仕事」のアンケートを取ると、常に女子のランキング上位に入るのがパティシエです。

なりたいのがフレンチやイタリアンのシェフではなくて、パティシエなのは、おそらくケーキやお菓子自体が子供たちに身近で、ほとんどの子供が好んで食べるのと、華やかなイメージが大きな要因だと思います。

<スポンサーリンク>

Xserverドメイン

専門学校も大盛況

パティシエになるための洋菓子専門学校も大盛況で、毎年多くの生徒が入学します。

学校を卒業したら、どこかのお店で修行を積んで、将来は自分のお店を持ちたいとみんなが夢を持って入学するのです。

現実は厳しい

どんなことでも専門の技術を身に付けるのは難しいですが、パティシエになるのもまた同様です。しかも、なった後も多くの難関が待ち構えています。

お店自体が儲からない

洋菓子店自体が儲かる業界かといえば、決してそんなことはありません。一個当たりの利益率が高いので、飛ぶように売れればもちろん儲かりますが、そんなお店は数えるほどしかありません。

むしろ以下の通り儲からない要素が満載です。

需要が漸減している

少子化の影響がこんなところにも出ています。若い世代の人口が減っており、必然的にお菓子関係の需要も減っています。

さらに、大人の間でも、ドーナツをはじめ、食べ物にしろ飲み物にしろ、甘い物を避ける傾向が強まっています

<スポンサーリンク>

原材料の高騰

ケーキに使う砂糖や生クリームは日々価格が上昇しており、買うお店側がこれらの価格を抑えることはできません。

合わせて、箱などの副資材も継続的に価格が上がっており、ボディブローのように効いてきます。

一方でこの原価の上昇分を価格に上乗せすれば消費者は敏感に反応し、一時的であっても売上は落ちます。

廃棄が多い

特にケーキは見た目が大事なので、パンのように形が不揃いというのは許されません。ということは失敗作がそれなりに出てきます。

また、賞味期限も短いので、売れ残りは全て廃棄せざるを得ません。

売れ残りを減らそうと在庫を減らすとショーケースの中が貧相になったり、客の欲しいものが無ければ、客はその店を見切ってしまうかもしれません。

<スポンサーリンク>

【投資の達人になる投資講座】

洋菓子店以外とも競合

洋菓子店も街にはたくさんありますが、ライバルは同じ洋菓子店だけではありません。最近はパン屋さんでもレパートリーが増えて、創作パンやケーキなどに近いものもあり、競合になっています。

そして、洋菓子店の経営が厳しいと分かると、さらに利益率の高いパン屋さんに業態変更する店が増えてきています。

また、ネット通販で割安の冷凍ケーキなども出回っており、最近は味も悪くないものが多いので、こちらとも競合することになります。

夏場の暑さ

元々夏場は洋菓子の需要が落ちる時期ですが、ここ数年は毎年猛暑で、今後もこの傾向は続きそうなので、ますます洋菓子にとって厳しい環境になります。

<スポンサーリンク>

労働時間の概念がない

洋菓子店はいずれも規模が小さく、バイトならいざ知らず、パティシエになろうとして修行するものに労働条件や労働時間という概念はありません。

所謂、「やりがい搾取」が横行しており、やりがいがあるからそんなことには耐えられる、という観念を植えつけています。

つまりかなり過酷な生活が待っているのは間違いありません。

単なるシェフでは稼げない

ある程度修行を積み、実績を認められると、有名ホテルやレストランでシェフとして働けるようになるかもしれません。

しかし、それは結局はサラリーマンですので、自分の好きなことはできず、言われたことを淡々とやるしかないのです。

そしてもちろんサラリーマンですので、年齢に応じた給料しかもらえません。

オーナーシェフでも

万一めでたく独立して自分のお店を持っても、今度はオーナーという大変な仕事が待っています。

今まではガムシャラにケーキを作っていればよかったのですが、これからは経営をしなければならないのです。

自分のことだけ考えていればよかったのが、どうやって利益を出していくかという、ある意味ケーキを作ることより難しい作業が待っています。

会計や法律、労務管理など勉強しなければならないことが山ほどあります。

<スポンサーリンク>

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

ガッツと資金が必要

上記の通り、今でも非常に厳しい世界ですし、今後も明るい未来が待っている業界ではありませんので、絶対にやり抜くというガッツと体力、そして修行中のお金がない時期に耐えられるある程度の資金が必要です。

これらが十分に備わっているという人は是非挑戦してみてください。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分に合った投資とは?

Contents1 最初はみんな初心者2 自分が取れるリスクを考える3 自分のメンター(師匠)を見つけよう4 まず行動、まず勉強5 ホンモノの塾 最初はみんな初心者 一口に投資と言っても、その人によっ …

米国不動産投資で、ダブルで稼ぐ

Contents1 米国不動産投資のイメージ2 どこから情報を得るか?3 米国不動産を推す理由3.1 人口増3.1.1 米国3.1.2 他国3.2 法整備3.2.1 米国3.2.2 他国3.3 減価償 …

アメリカと日本の投資用不動産の違い(一例)

Contents1 先進国であることの安心感2 建物の価値2.1 アメリカ2.2 日本3 人口動態3.1 アメリカ3.2 日本4 家賃4.1 アメリカ4.2 日本5 住宅事情5.1 アメリカ5.2 日 …

投資で損失を拡大させないために

Contents1 ウォーレン・バフェットの名言2 負けはゼロにはできない3 サンクコスト4 これを投資に当てはめると ウォーレン・バフェットの名言 世界三大投資家の一人、ウォーレン・バフェットの名言 …

コロナ減退で運輸系は蘇るか

Contents1 入国が厳しい日本2 リベンジ消費3 運輸系4 日本居住者はどうか4.1 一般の旅行客4.2 ビジネス客5 ビジネス客が戻らないと厳しい6 運輸系に投資はできない 入国が厳しい日本 …