旅情報

マレーシア航空のビジネスクラスは2度おいしい

投稿日:

Pocket

マレーシア航空は年中キャンペーン?

マレーシアのフラッグシップキャリアのマレーシア航空は年に数回、キャンペーン(安売り)を行います。年に数回ですが、期間としては最近はほぼ1年中何らかのキャンペーンをやっているので、こまめにホームページをチェックすれば、かなり安く旅行することが出来ます。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

マレーシア航空のビジネスクラスに旨味

運賃

特に、ビジネスクラスの安さは半端じゃありません。他の航空会社ではまず見たことない価格です。LCCをも凌駕する安さと言ってもいいと思います。

おそらくここ数年の最安値は、アジア各都市で往復8万円代、ロンドンで14万円代、オーストラリア、ニュージーランド各都市で12万円代だったと思います。これって、下手したら繁忙期のエコノミーより安いかもしれません。

ただ、面白いのは、クアラルンプール(KL)やKLで乗り継いでマレーシア各都市へ行くより、KLで乗り継いでバンコクやバリのような近隣諸国に行った方が安いというのもなんかよくわかりません。

まあそれはさておき、安いのはありがたいことです。

<スポンサーリンク>

マイル

しかも、もちろんマイルもビジネスの割増も含めしっかり貯まりますので、同じワンワールドのJALに貯めればJAL派の人にはさらに利用価値が高いのです。

実際にJAL派のマイル稼ぎの定番になっています。

そして、使用機材も成田発着はA350のフルフラットシートですので、快適です。

安いからといって、正規料金の人よりサービスが悪くなるといったことももちろんありません。

乗り継ぎに注意

ただし、行き先によってはKLで一泊または長時間の乗り継ぎ時間が発生する場合がありますので、時間に余裕のある人でないと厳しい方面もあります。

アジア方面でバンコクなどメジャーな都市は問題ありませんが、マイナーな都市では乗り継ぎ時間が長くなる場合もあります。

また、ロンドン、オセアニア行きも乗り継ぎが悪かったはずです。(スケジュールは変更されますので、各自ご確認ください)。

しかし、東京発が午前発と夜発の一日2便体制であれば、これもかなり解消されるはずです。

そして予約期間も実際に搭乗する時期よりかなり早く、しかも短いので、予定の立てられない人には厳しいです。

というわけで、いろいろと制約はありますが、価格とマイルで2度おいしいキャンペーンなのです(上記の通り、乗り継ぎで減点される場合はあります)。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

マレーシア航空救済?

これは、マレーシア航空機が数年前に失踪したり、撃墜されるなどしたため、乗客が減り、会社の財務状況が悪くなったことによると言われています。

そういう意味で、みんなで乗って、マレーシア航空を盛り上げましょう。

でも、上記の通りマニアの間(特にJAL派)では有名で、キャンペーン価格の席がすぐ埋まってしまいますので、コッソリお願いします。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コンラッド バンコク レジデンス 宿泊記

Contents1 ヒルトン系上級ブランド 「コンラッド」2 駅から微妙な距離3 レジデンス4 レジデンスに豪華さはない5 朝食は素晴らしい6 その他のレストラン6.1 LIU(柳)6.2 ディプロマ …

メークロン市場へは電車で行く

Contents1 バンコク郊外にある珍風景 メークロン市場2 メークロン市場への行き方2.1 メークロンへは電車で簡単に行ける2.2 先ずはウォンウィエン・ヤイ駅へ2.3 ウォンウィエン・ヤイからマ …

ベッカムに会える?ワット・パリワット(ワットパリワット)に行こう!

Contents1 ワット・パリワット(Wat Pariwat)1.1 ちょっと変わったお寺ワットパリワット1.1.1 装飾が素晴らしい1.1.2 キャラクター?とベッカム?で人気1.1.2.1 有名 …

アユタヤへの行き方4選

Contents1 バンコク郊外の街アユタヤ2 4通りの行き方2.1 ①バンコク発のツアーに参加する2.1.1 メリット2.1.2 デメリット2.2 ②バンコクからタクシーをチャーターする2.2.1 …

ピンクのガネーシャに会いに行こう

Contents1 バンコクからのショートトリップ2 タイでもヒンドゥー教の寺院は多い3 ピンクのガネーシャは、タイで行くべきスポットの一つ4 ピンクのガネーシャへの行き方4.1 電車→車→車(ガッツ …