投資情報

無料でマイルを貯める

投稿日:

Pocket

マイルやポイントは債権

飛行機に乗ったり、ショッピングでカードを使ったりしてマイルを貯めるのは、結局お金を払ってマイルを買っているのと同じことです。

そして、それはポイントついても言えます。

今は、家電でもコンビニでも牛丼屋でさえも何か買えばポイントが付きますが、それは「儲かった!」のではなく、当然、ポイント分はその料金に含まれているので、逆にその貯まったポイントを使わない方が損をしていることになります。

ポイントはお店側からすれば債務、こちらにとっては債権です。ポイントをもらわなかったり、ポイントを使わないのは債権を放棄しているのです。

今では、ほとんどのポイントがマイルに交換可能です。

だから、これらの方法でマイルをもらうのは当然であってタダではありません。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

お金を使わずにマイルを貯める

ここでは、そうではなくて、お金を使わずにいかにマイルを貯めるかを考えます。

最も1回の作業でマイルが貯まるのは、企業が作っている○○クラブとか、○○友の会の会員になることではないでしょうか。大体、1会員あたり200〜300マイルが相場だと思います。

よくあるのが、不動産会社ですね。個人的には、会員登録をするだけでこんなにもらえるんだ、と思っていますが、企業からすれば(特に不動産のような金額の張るものを扱う企業)、これくらいの出費は出費のうちに入りません。家や土地を買ってくれれば安いものです。

これらは一種のアフィリエイトで、それがわかっていてこちらから飛び込んでいくのです。

<スポンサーリンク>

ポイントサイト《ハピタス》

マイルは純粋にタダではない

マイルを貯める側からすれば、無料とはいうものの、結局個人情報と交換しているといえます。

また、一旦会員になると、電話がかかってきたり、メールや会報誌が送られてきますので、それがイヤな人にはストレスがかかります。

あとは、アンケートに答えたり、資料請求で貯める。また、他の貯まったポイントをマイルに交換したりすることが考えられます。

ただし、どんな方法であれ、当たり前ですが前述の通り、何らかの時間や労力を使ったり、個人情報を与えてるため、本当にタダかと言われればもちろん違います。

タダで簡単に手に入る物は大したことないものか、詐欺のエサだと思った方がいいでしょう。

だから、マイルの獲得とどちらを優先するかをしっかり考えて行動すべきです。

<スポンサーリンク>

 デルタ航空のキャンペーン

本キャンペーンは、一旦2019年度で終了しました。

これに関連して最もタダに近いマイルの貯め方があります。それは、「国内線の飛行機に乗って、デルタ航空(DL)のマイルを貯める」というものです。

もうかれこれ7年は実施しているのではないでしょうか。

DLはスカイチームというアライアンスに属しており、日本の航空会社にはスカイチームに所属しているところがないので、国内線とはなんの関係もないのですが、1回国内線に乗るたびに500マイルを加算してくれます(年間の加算マイル数に上限あり)。

しかも、特典航空券でもOKという意味のわからないルールになっています。DLに何のメリットがあるのかわかりませんが、いずれにしても、こちらには嬉しいことです。

これはとにかくもらうしかありません。もっとも、スカイチームというアライアンスは残念ながら一番使えないアライアンス(個人的に)なので、貯めても使い途は少ないですが、DLはマイルの有効期限がないので、将来何かのためにとにかく貯めておきましょう!

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

百貨店は生き残れるのか

Contents1 三越伊勢丹3店閉店1.1 地方1.2 都心2 生活スタイル、消費行動が変化2.1 高齢者2.2 若者3 採寸も自宅でする時代4 消費税が上がって、百貨店は万事休す4.1 関連 三越 …

コロナ減退で運輸系は蘇るか

Contents1 入国が厳しい日本2 リベンジ消費3 運輸系4 日本居住者はどうか4.1 一般の旅行客4.2 ビジネス客5 ビジネス客が戻らないと厳しい6 運輸系に投資はできない6.1 関連 入国が …

OECD消費税増税勧告のナンセンス

Contents1 OECDの消費税増税勧告2 洗脳3 消費税増税の根拠4 消費税は全国民に公平か5 無駄を排除せよ6 消費税増税で万事休す6.1 関連 OECDの消費税増税勧告 日本の消費税は19年 …

岸田くんの安易な政策に失望感MAX

Contents1 新しい資本主義と岸田ショック2 所得の再分配3 株式譲渡益等4 一旦取り下げたものの5 富裕層は海外へ、の流れが加速6 みんなの所得が増える政策を6.1 関連 新しい資本主義と岸田 …

世の中、勉強した者勝ち

Contents1 税金の無駄遣いは普通2 話題の中身2.1 1.そもそも必要なのか2.2 2.コストがかかり過ぎる2.3 3.特定の業者が絡んでいる3 社会の構図を理解する4 文句を言っても始まらな …