投資情報

資金が少なくても投資出来る!

投稿日:

Pocket

資金に応じて投資手法も違う

投資といってもその人の資金や属性に応じてその手法は異なってきます。あれやりたい、とかこれが儲かりそうと思っても、ある程度のお金が必要であったり、属性によっては無理なこともあります。

そこで、ここでは資産、資金がないまたは少ない人の投資手法を紹介します。

<スポンサーリンク>

今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

全く資金のない人

学生、無職の人

学生は勉強しましょう。それは、学校の勉強は当然ですが、投資や金融についても早くからやっておくに越したことはありません。

無職の人はとりあえず安定的な収入(地位)を得られる仕事を見つけましょう。

流石に何もないと厳しいですが、本を読んだりセミナーに出たりすることは無料でできるので、できることから始めましょう。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

安定的な収入はないが、しばらくは食べていける人

アフィリエイト

まずはこれでしょう。

95%の人は稼げていないと言われていますが、最も手っ取り早く、コストがかからず、スキルもそれ程必要ないのは、アフィリエイト以外にないでしょう。

本当にありがたい世の中になりました。PC、スマホさえあってその気になれば稼げるのですから。

自分のブログを作ってそこにリンクを貼ったり、フェイスブック、ツイッター、インスタなどのSNSで情報を流しながら集客したりと、今は素人でもなんでもできる時代です。

わからないこともネットで検索すればほとんど解決できます。

それこそお小遣い程度から、ビッグマネーまで稼げる割に初期投資はほとんどかかりません。

企業は時代の流れに従い、テレビなどコストが高い広告から、単価が安い個人のアフィリエイトに重きを置くようになってきています。

まさに私たちの時代なのです。

これを使わない手はありません。

本当は、塾に入ってしっかり学ぶのがいいのですが、高額の授業料が払えない人は独学でとりあえずやりましょう。

<スポンサーリンク>

 

安定的に収入がある人

国内不動産投資

不動産投資と聞くと、ほとんどの人が、お金持ちがやるもの、と思ってしまいますが、実は資金がなくても可能なのです。

有利な属性は、やはりサラリーマンや公務員で、安くても毎月安定的な収入がある人たちです。

こと銀行の貸し出しという意味では、日本は世界でも稀に見るサラリーマン信仰が強い国で、はっきり言ってユルユルで誰でもいいのか?とツッコミを入れたくなるほどです。

これを使わない手はありません。

サラリーマンの唯一の特権と言ってもいいでしょう。

そして、通常は頭金を入れたりするのですが、不動産の価格全部を借りるフルローンや、さらに手数料など不動産価格以上に借りるオーバーローンも場合によっては可能なのです。

今、「不動産投資をしない人は損をしている」とまで言われているのです。

この貸し出しはその時々でコロコロ条件が変わってきますので、できる限り早く始めることが大事です。

また、サラリーマンのように安定的な収入がない個人事業主であっても、毎年きっちり確定申告をして財務状況を証明すれば可能とも聞きます。

良い業者、良い物件が必須ではありますが、是非トライしたい投資です。

<スポンサーリンク>

MLM

人に紹介してフィーを得るという意味ではアフィリエイトと同じですが、こちらは一旦自分が紹介した人が入会すれば、自分の下にどんどん人が増えていき、雪だるま式に報酬が増えていきます。だから、マルチレベルマーケティングと呼ばれています。

だから始めるならとにかく早く始めなくてはいけません。あるモノやサービスが世に出尽くしてしまえばもうその需要は無くなってしまいます。

また、単なるアフィリエイトと違って自分も購入しなければならないので、その負担や在庫が思いのほか大きくなって耐えきれなくてやめてしまうということもあり得ます。なるべく自分の負担が軽いものを選びましょう。

とにかく魅力的なモノやサービスを探し、そこに集中することが必要でしょう。

良い案件に当たれば、とんでもない金額を稼ぐことも可能です。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

養老保険

毎月安定的に収入があるなら、毎月そのうちの5万円くらいを養老保険で積み立てるのが良いと思います。しかも毎月口座からの自動引き落としにして、他のことに使えないようにするのです。

振込だとめんどくさいし、つい他のことに使ってしまいますが、強制的に引かれてしまえば使うこともできません。

会社の持株会のようなイメージで、気がついたらかなりの金額になっていた、というようにしたいです。

そのためには日本でやっていたのではダメで、海外の高利回りの商品を複利で回すことが必要です。

そして、期間も20年くらいと長く設定して投下資金の2〜3倍にしたいのです。

これはある意味最も堅実な投資かもしれません。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ノーベル賞の賞金は投資の結果で増減する

Contents1 2019年は旭化成の吉野さんが受賞2 ノーベル賞とは3 経済学賞はノーベル賞ではない?4 賞金は投資で捻出 2019年は旭化成の吉野さんが受賞 先日、旭化成の吉野彰さんが2019年 …

インフレの国に投資し、デフレの国に住む

Contents1 インフレ1.1 物価は上がるもの1.2 インフレの国1.3 物価も上がるが賃金も上がる2 デフレ2.1 経済停滞の証し2.2 デフレの国3 現状を嘆いても仕方ない4 デフレの国に住 …

為替の影響を受けないための3つの要素

Contents1 為替を考えずに生きて行ける?2 為替を予想しない3 必要な3つの要素3.1 自分で決めたルールに則って取引をする(ルールを絶対守る)3.2 複数の外貨を持つ3.3 定期的に投資する …

移住する国を選ぶ判断基準

Contents1 人気移住先ランキング2 判断基準2.1 1.治安2.2 2.食事2.3 3.ビザの取りやすさ2.4 4.気候2.5 5.成長国2.6 6.物価2.7 7.税制3 旅行する時は意識し …

日本はテキサス州を見習え!

Contents1 大増税時代を迎える日本2 特に怒らない日本人3 昔からしっかり考えている国はある4 テキサス州にも集まる4.1 税金4.1.1 個人4.1.2 法人4.2 働き方の変化5 魅力的な …