投資情報

投資で損失を拡大させないために

投稿日:

Pocket

ウォーレン・バフェットの名言

世界三大投資家の一人、ウォーレン・バフェットの名言に下記のものがある。

・ルール1:決して損をするな。

・ルール2:決してルール1を忘れるな。

確かにそうなのだが、事実上損をしないというのは無理だ。

<スポンサーリンク>

負けはゼロにはできない

投資の世界では、当然勝率100%ということはあり得ないので、プラスにしようとすると、勝った時の金額を負けた時より大きくするか、1回の勝ち分は少ないが、勝率を上げる必要がある。

これはバフェットでも同じだ。

つまりいかに負けを少なくするかが大事なのだが、投資家の心理として、負けを認めたくない、というものがある。

いわゆる、損切りができないという状況だ。損切りをせずに、プラスに回復するまで待つ、という行動に出るのだが、プラスに回復すればいいが、更に傷口を広げる可能性だってある。所謂「塩漬け」というやつだ。

特にFXではレバレッジをかけている場合は、全財産がなくなる危険性がある。

もちろん誰もが負けを認めたくないのだが、勝率100%はあり得ないのだったら、潔く負けを認め、新たな戦略を考えるべきなのだ。

塩漬け状態だと資金が寝てしまい、稼げるチャンスを逃してしまうのだ。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

サンクコスト

一度投下して回収できないコストをサンクコストという。

例えば、食事に行って自分が頼んだものがとんでもなく不味かった場合、頼んだ以上返品はできないので、我慢して食べたりする。

この食事代は回収できないのでサンクコストだが、これがもったいないので最後まで我慢して食べる。しかし、どっちにせよ返ってこないお金のために食べ続けるのが合理的な選択かどうかということだ。

食べ続ければお腹はいっぱいにはなるが、精神的な苦痛を伴う。一方、諦めればコストは回収できないが、他の美味しいものを食べることができる。

ここはスパッと諦めて、別の美味しいお店を選択する方が余程経済的に合理的なのだ。

<スポンサーリンク>

これを投資に当てはめると

投資においても同様のことが言える。

株にしろ為替にしろ、損している状況では誰もが損失を確定させたくない。そうした時に、そのままそのポジションを保有するか、さらに買い(または売り)増すことによって損失を薄めようと考える。

思惑通りに動けば良いが、得てしてさらに悪化したりする。

ここで既に投下した資本を諦めて損切りできるかどうかが大きく負けないコツなのだ。また、その後稼げばいいのだから。

しかし恐怖と欲望に支配されると、現実的にこれが出来なくなる。これができるようになるためには、強制的にロスカットされるよう逆指値などを入れておくことが必須となる。

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

日本の高級食材を買えない日本人

Contents1 日本には美味しいものがたくさんある2 高級食材は海外へ3 買ってるのは実は現地の人4 日本の数倍の価格でも売れる5 もう日本人は買えなくなる?6 どうしたらいいか6.1 関連 日本 …

海外に銀行口座を作ることの意義

Contents1 海外の銀行口座を持っていますか?2 意義2.1 1.通貨の分散2.2 2.海外投資のプラットホーム2.2.1 海外の商品に投資する場合2.2.2 不動産等の売却代金や投資の配当等の …

家は借りる時代

Contents1 持家がいいのか借家がいいのかの議論2 時代によって考え方が違う2.1 ひと昔前2.2 これからの日本3 持家3.1 メリット3.1.1 ローンを払い終えればその家が自分の物になる3 …

バングラデシュ不動産投資でデッカく稼ぐ

Contents1 バングラデシュの土地に投資2 バングラデシュは最後のフロンティア3 バングラデシュが最後のフロンティアと呼ばれる理由3.1 人口密度が世界一であるという事3.2 GDP成長率が20 …