投資情報

コロナで株式投資を急ぐな

投稿日:

Pocket

証券口座開設が急増

新型コロナウイルスの感染拡大で、証券口座の開設が急増しているとのことです。

楽天証券では、2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割増えたようです。

また楽天証券では、つみたてNISAを含む積み立てサービスも昨年から倍増し、3月は約170億円になったとのことです。

理由は、感染拡大による今後の経済を投資家が不安視し、一時的に株式相場が急落したのと、給付金の支給で当面のお金に困らない人が余剰資金で投資しようとしているからです。

今日明日の生活が苦しいという人がいる中、あるところにはあるものです。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

リーマンショックで学んだ?

10年以上前のリーマンショックでも、株価は大幅に下落しました。

しかし、その後数年かけて株価は回復し、日本ではバブル後最高値に迫り、アメリカにいたっては過去最高を更新してしまいました。

だから今回も、株価が底を打った後はいずれ持ち直しコロナ前に戻る、いやさらにその上をいくと多くの人が期待しているのです。

これは日本だけでなく、世界中の先進国がお金をばら撒いているので、日本だけの現象ではありません。

この3月末で、約550兆円以上の経済対策がされた模様です。

リーマンショックももちろん世界に波及したので、世界中の人がそこから学んだのです。

<スポンサーリンク>

iDeCoで節税しよう

勘違いは禁物

指数や平均の信頼性

日本であれば、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価(日経225)で一括りにされますが、それぞれ内容が違うので、その上げ下げで世の中を判断することはできません。

TOPIX(東証株価指数)

東京証券取引所第一部に上場している全企業を対象として算出・公表している指数で、各銘柄の浮動株数に基づく時価総額を合計して計算しています。

20年6月時点で、2,100社以上が対象になっているため、市場全体の値動きを表している指数だと言われていますが、時価総額の大きい企業の数字に影響を受けやすくなります。

日経平均株価(日経225)

日本経済新聞社が東証一部の代表的な225社の株価を平均して出す数値です。

日経平均株価は、値がさ株といって単純に株価が高い会社の影響を受けやすくなります。

株価は常に間違っている

世界最大の機関投資家である、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株を買えば、株価に影響を与えるため、株価や株価指数が企業の業績の良し悪しとか、社会の経済状況を必ずしもダイレクトに反映しているわけではありません。

本来、株価は現在から将来の企業の収益性を反映したものです。しかし、実際には違うのです。

ここに投資家の期待や不安が加味され、強気になれば上がるし、弱気になれば下がるのです。

だから「株価は常に間違っている」と言われるのです。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

2番底はあるか

日米共に、2月中旬から1か月程かけて暴落した株価は底を打った後、アメリカのダウ平均は3月中旬から1か月程で半分くらい戻し、さらに徐々に回復しており、コロナ危機前に迫る勢いです。

ハイテク株が多いナスダックは既に最高値を更新しています。

日経平均もコロナ前に近い水準まで戻ってきています。

つまり、いずれも全体的には既に割安の域にはありません。

あとは2番底を狙うか、個別に割安な銘柄を見つけていくことです。

いずれにせよ、株価は気まぐれなので、短期で半分になったり、倍になることを覚悟して始めましょう。

<スポンサーリンク>

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

リーマンショック後に勉強しておくべきだった

個人的には、リーマンショックを経験したのであれば、本来その後10年ほどの間に株の勉強をしていなければならなかったのです。

これではリーマンショックで学んだことにはなりません。

<スポンサーリンク>

焦ってはダメ

筆者もそうですが、人間はすぐ忘れてしまいます。そしてすぐ10年経ってしまいます。

しかし、今回乗り遅れても、絶対に焦らないことです。

なんとなく割安そうだからとか、みんながやっているから、という理由で適当に始めるのは最悪です。

特にこの時期に口座開設して始めた人は要注意です。

大きく稼げないため、また何もしないとなる人が多そうです。

これを機に勉強する。これで十分です。同じようなことは必ず起きるのですから。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

マイナポイント5,000円分を今すぐゲットだ

Contents1 マイナポイントとは2 マイナポイントの目的2.1 マイナンバーカードの普及2.2 キャッシュレス決済の普及2.3 消費の活性化3 どうやってマイナポイントをゲットするか4 子どもの …

独自サービスを提供するSMBC日興証券

Contents1 SMBC日興証券2 日興イージートレードと日興フロッギー2.1 日興イージートレード2.1.1 単元未満株の投資2.1.1.1 ○ミニ株(10株)2.1.1.2 ○キンカブ(金額・ …

最もリターンの高い投資とは

Contents1 お金を使うのではなく2 目先のことを考えるな!3 人に尽くす4 なぜできない? お金を使うのではなく 投資におけるリターンはリスクと必ず釣り合うので、そういう意味では純粋に投資と言 …

問題が実際に起きないと行動を起こさない日本人

Contents1 台風頻発と巨大化2 対応2.1 市区町村(地方自治体)2.2 民間の会社等3 投資でも同じこと 台風頻発と巨大化 2018年は、日本列島を台風が毎週のように襲う年になりました。しか …