投資情報

素人も金融緩和の流れに乗る

投稿日:

Pocket

不景気でも株価が上がる

ある国の景気が悪くなると、その国は大概、金融緩和をして世の中にお金をばら撒きます。

特に金融ショックや感染症の蔓延など、一国だけの経済の問題ではない場合、そのレベルが激しくなります。

そのお金はどこに向かうかというと、結局は株や債券などです。だから、実体経済が悪いのに妙に株価や不動産価格が高くなっていることがあります。

終わりの見えないコロナ危機では、リーマン時をはるかに凌ぐお金が刷られることになるでしょう。

実際に、日本では日銀が株や債券を買いまくっていますし、他国も同じようなレベルです。

<スポンサーリンク>

iDeCoで節税しよう

バブル到来

コロナ危機で、一時株価は大きく下落しましたが、上記の財政出動で株価は徐々に回復しています。

しかしこれは明らかにバブルです。

株価は景気の先行指数といいますが、未だコロナが終息せず先行きが見えない中、これから景気がV字回復すると考えている人は少ないはずです。

にもかかわらず株価が上昇しています。根拠は、株価が上がっているから、です。

上がるから買う、だからまた上がる。みんながそういう行動に出るからまた上がる、という単純なものです。

日本人は何十年か前に同じことを経験しました。

<スポンサーリンク>

ジム・ロジャーズが日本株を買った

日本の未来を悲観する世界的投資家のジム・ロジャーズは、2018年に日本株を全て手放したのですが、20205月にまた日本株を買いました。

もちろん日本への見方が変わったのではなく、日銀の行動に追随してこの相場で短期で儲けようという戦略です。

賢人に学ぶ

私たちはジム・ロジャーズとは違うので、彼と同じ行動は取れませんが、彼から学ぶということは非常に重要です。

少なくとも世界中のほとんどの人よりも投資で成功しているので、投資に関しては私たちより圧倒的に上だからです。

彼の知識や世界を見る目は確かです。

もちろん、投資そのものは自己責任なので判断をするのは自分ですが。

<スポンサーリンク>

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

歴史から学ぶ

今、株価が上昇しているから買うとか、下落しているから売る、という単純なことではなく、彼は歴史から学べといつも言っています。

何年かに一度、不況は必ず来るので、そういう時に過去の経験から正しい行動をするように説いています。

今現在が、まさに正しい行動をとるべき時なのです。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

実際に儲けている人は山ほどいる

どの世界的パニックの中でも、株などで儲けている人は山ほどいます。

それは普段から勉強し、歴史に学び備えをしているからです。

そういう時に不謹慎だ、というのは次元が違います。

こういう時だからこそ不断の努力が実を結ぶのです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. こうき より:

    こんにちは。投資初心者です。2度目です。
    日銀が株、債権を買いまくってるのは、何を見れば分かりますか?
    勤労で、地道にお金を増やす人。投資でお金を増やす人。勤労生真面目さが、投資は危ないしやめておこうと思わせる。そんな日本人が多数ではないかと。
    しかし、老後2000万円問題、コロナ危機で10万とマスク支給。政府には頼れないと投資にアクションを起こす人も増えてるみたいですね。
    富裕層と貧困層ますます二極化が進みますよね?これから日本はどうなるのでしょう。

    • jinshi より:

      ご訪問ありがとうございます。
      日銀の買い入れは、日銀のHPで確認できます。
      あとは、検索すれば、証券会社などがまとめてくれた表も出てきます。

      みんなが強気になっていると、それはそれで恐いですが。

      • こうき より:

        なるほどHPページですね。
        投資もITも教育が大切ですね。
        投資の普及頑張ってください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パティシエになるには

Contents1 将来就きたい仕事2 専門学校も大盛況3 現実は厳しい3.1 お店自体が儲からない3.1.1 需要が漸減している3.1.2 原材料の高騰3.1.3 廃棄が多い3.1.4 洋菓子店以外 …

新型コロナウイルス対策に見る日本のミライ

Contents1 新型コロナ感染者数がうなぎ上り2 理由2.1 危機管理意識の欠如2.2 プロの話を聞かない官僚2.3 今も「日本が一番進んでいる」という錯覚3 経済は大打撃4 使い方が残念4.1 …

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

投資用不動産の販売会社が多い理由

Contents1 不動産投資ブーム2 雨後の筍のごとし3 100%失敗すると思った方がいい4 不動産は投資の王道5 不動産投資は甘くない6 不労所得ではない 不動産投資ブーム 数年前から世の中は不動 …

問題が実際に起きないと行動を起こさない日本人

Contents1 台風頻発と巨大化2 対応2.1 市区町村(地方自治体)2.2 民間の会社等3 投資でも同じこと 台風頻発と巨大化 2018年は、日本列島を台風が毎週のように襲う年になりました。しか …