投資情報

海外に行って知る日本のデフレ

投稿日:

Pocket

ファーストフードで食べて普通に1,000円超える

最近海外へ行くと痛感することがあります。

それは海外の物価の高さです。特に先進国へ行くと目を疑うことがよくあります。

ランチというほどのものでもないファーストフードでも、日本円換算で普通に1,000円超えることもあります。ちゃんとしたランチなら2,000円超とか。

そして、新興国でも綺麗なレストランで食べると、日本と変わらないくらい取られます。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

実は日本が変わってない

もっとも、この価格は為替の関係もあるので一概に高いとか安いとは言えません。しかし確実に言えることは、どの国の物価も上がっているということです。

経済が成長する国では、物価が上がるのは当たり前のことなので、これを高いと感じるのは、私たちが住む日本の物価が上がっていないということなのです。

実際、日本に来る旅行者のほとんどは、日本の物価が安いと感じ、それが動機になっているのです。
<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

デフレは続く

日本では長い間、物の価格が上がらないデフレの状態が続いています。

国は年2%のインフレを目標にしていますが、実現は困難です。

なぜか。理由は簡単です。国民の所得が増えないからです。所得が増えないのに物価だけが上がる「スタグフレーション」は最悪です。

日本人の給与はここ数年ずっと下がり続けています。企業は毎年最高益というニュースが流れてくるのに、これがほとんど従業員に反映されていません。

こんな国世界中にあるでしょうか?

そうでなくても増税や社会保険料の上昇で、可処分所得は減り続けています。そして、今後も年金減額、配偶者控除の見直しなど厳しい未来が待っています。

<スポンサーリンク>

マイルがたまる「JALカード」

企業に要請はするが

国はインフレターゲットを達成するために、企業に賃上げ要請をしていますが、現実的にハイハイわかりました、という企業は少ないのです。

そのかわり株主優先で、配当を気前よくばらまいています。その結果、株を持っている一部の投資家や経営者だけが裕福になるという構図で、その他大勢の人の生活が向上するということはありません。

会社は株主のものなので、当然といえば当然ですが。

<スポンサーリンク>

消費税増税でデフレのまま

2019年10月に消費税増税が実施されたことから、消費は大きく落ち込み、本来のインフレどころではなくなりました。

今後新たな手を打たなければ、日本は永遠にデフレのままでいることでしょう。そして、海外に行くたびに、「あー高いなぁ」と嘆いていることでしょう。それはもはや東南アジアであっても。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふるさと納税は夢の制度

Contents1 12月は業者の勧誘が多くなる2 どの自治体に寄付してもOK3 ふるさと納税のやり方は簡単4 注意すること4.1 2,000円の負担4.2 分散して納税4.3 実質無料5 返礼品に現 …

日本の不動産はとにかく立地を重視せよ

Contents1 ポートフォリオの一つとして2 日本を取り巻く環境3 それでも投資する4 投資敵地は日本の2%しかない5 2%に投資するには5.1 業者5.2 勉強5.3 フィルター6 大都市でもキ …

コロナで不動産投資は変わるか?

Contents1 家にいる時間が増えた2 仕事場が確保できないという現実3 コロナ移住はありか?3.1 都心を離れ少し広めの家を探す3.2 アメリカではもっと顕著に4 日本での不動産投資への影響4. …

投資にフリーランチなし

Contents1 格言2 永遠になくならない詐欺3 高利回りの投資商品4 楽して稼ぐことの誘惑5 楽して稼ぐ方法などない6 投資はこの3つしかない7 損しないようになっている7.1 関連 格言 投資 …

とにかくキャッシュポイントを多く持つ

Contents1 キャッシュポイントが命2 副業は必須2.1 企業2.2 公務員3 国は国民を守ってはくれない4 どんな時代でも稼ぐ4.1 関連 キャッシュポイントが命 危機の際に思い出すのが、この …