投資情報

未だに宝くじを買う残念な人達

投稿日:

Pocket

ジャンボ宝くじ

宝くじ自体は年中やっており、普段は全く興味のない人でも、年末ジャンボ、サマージャンボなどの年間数回あるジャンボ宝くじの発売時期になると、有名な宝くじ売り場に集まり、長蛇の列を作ります。

いつのまにか一等前後賞を合わせると10億円の当選金を貰える可能性があるので、確かに気持ちはわかります。

<スポンサーリンク>

宝くじの当選金の額が上がっても

当選金の額が上がると、当然今までより射幸心をあおられ「数万円だけでも買ってみようかな」となりがちです。

しかし、当然ですが当選の確率が上がった訳ではありませんし、確率という意味では極めて低いのです。

一説によると、隕石が落ちてきて当たる確率よりも低いとのことです。交通事故に遭う確率の方が断然高いのは言うまでもありません。

<スポンサーリンク>

最もやってはいけないギャンブル

ギャンブル自体そもそもやってはいけないのですが、その中でも宝くじは最もやってはいけないと言われています。それは何故か。いくつか理由があります。

やってはいけない理由

胴元の取り分(控除率)が大き過ぎる

まず、日本では胴元の取り分(控除率)が、ギャンブルの中で最大だからです。

控除率が高ければ高いほど、当たり前ですが宝くじを買う方の取り分(期待値または還元率)が低くなります。

日本では、競馬など他のギャンブルの期待値が約70%から85%くらいなのですが、宝くじにおいては、なんと約46%なのです。

確率が低過ぎるのです。それは前述の通りほとんど当たらない、というレベルです。

再現性がない

宝くじの当選は、当然ですが偶然です。だから、もう一回当てるということはさらに確率が低くなります。奇跡が2回起きるという感じでしょうか。

再現性がないとなぜダメか。それは、もし当たったとしても、そのお金がなくなればたちまち無一文になるからです。

もちろんコツコツ働いていれば問題ありませんが、高額当選者がそれをするのはほぼ無理です。むしろ、散財した挙句あっという間になくなってしまうパターンがほとんどなのです。

高額当選者のその後

前述の通り、高額当選者は当たった瞬間に仕事を辞めて気前よく人に奢ったり、贅沢したりするので、当選金がすぐ底を尽きます。

実に9割以上の高額当選者がその後破産したり、人間関係が破綻して転落した人生を送るようです。「こんなことなら当たらなければ良かった」というのがその人達の共通した感想だそうです。

お金の稼ぎ方、使い方を知らない人が買い、当たるのですね。

<スポンサーリンク>

現実逃避

宝くじを買う行為というのは、「夢を買う」と言われますが、実際は「現実逃避」です。

夢といえば夢ですが、夢すぎます。

完全他力本願で、自力で何かを達成することがめんどくさいので、楽な宝くじに逃げるのです。だから基本的に普段頑張っている人は、宝くじを買うより頑張った方が稼げるのを知っているので、買わないのです。

しかし、実際に当たる人がいるから惑わされてしまいます。

<スポンサーリンク>

寄付すると考えれば

もっとも、初めから寄付する、という気持ちで買うのであれば、それはそれで素晴らしいですが・・・

宝くじではなく投資

もし宝くじを買うお金を投資に何年も前から回していれば、今とんでもなく増えているかもしれません。

もちろん投資も100%ではありません。しかし、宝くじとは真逆の方向に向かうものであり、本当の夢ではなく、現実的な夢を叶えてくれるものになり得るのです。

※関連記事

ギャンブルより本当の投資で稼ぐ

 

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

どこの何に投資するべきか

Contents1 投資対象は星の数ほどある2 「退場させられない」ことが第一3 長期、分散4 ポートフォリオ 投資対象は星の数ほどある どこの何に投資したら良いのか、これは本当にその時、その瞬間によ …

豊かな人と貧しい人

Contents1 「豊か」とは、「貧しい」とは2 経済的3 精神的3.1 家族3.2 友人関係3.3 知識、経験3.4 社会に貢献3.5 平和4 経済的に豊かでも、精神的に貧しい人5 経済的には苦し …

確定拠出年金で節税、運用益をダブルゲット

Contents1 貯蓄から投資へ2 確定給付から確定拠出へ3 それぞれのメリット、デメリット3.1 企業側3.2 従業員側3.2.1 リスクが大幅に上昇3.2.2 メリットもある3.2.2.1 1. …

コロナで医療費増大、自己負担率増の悪夢

Contents1 医療費も年金に迫る勢い2 医療費も確実に財政を圧迫する3 予防という観点の欠如4 医療費を削減するには4.1 平均在院日数を減らす4.2 セルフメディケーション4.3 薬剤自己負担 …

海外に銀行口座を作ることの意義

Contents1 海外の銀行口座を持っていますか?2 意義2.1 1.通貨の分散2.2 2.海外投資のプラットホーム2.2.1 海外の商品に投資する場合2.2.2 不動産等の売却代金や投資の配当等の …