投資情報

日本という場所のリスクをどう考えるか

投稿日:

Pocket

日本で頻発する自然災害

ここ数年、日本では、地震、大雨、大雪などの自然災害が毎年のように起きています。

しかもその規模も、数十年に一度というレベルのものばかりになってきました。数十年に一度といっても、毎年起きていれば、「例年並み」になってしまいます。

本当にどうなってるんだろう、というくらいです。

偶然ではなく、もちろん必然ですが。

<スポンサーリンク>

マイルがたまる「JALカード」

異常気象の原因は?

地震はさておき、大雨や大雪、猛暑などはやはり地球温暖化が原因になっているのでしょうか。

そうだとしたら今後はもっと早いペースで、しかも規模ももっと大きな自然災害が起きてくると考えて間違いないと思います。

世界的に見れば、人口は爆発的に増えていますし、ますます世の中便利になると同時に、電気やガスなどのエネルギーを使うことになり、自然に対して厳しくなることはあっても、緩むことはないからです。

自然に対して厳しくするから、厳しい仕打ちが帰ってくるのです。

<スポンサーリンク>

大地震の確率70%の衝撃

3.11の東日本大地震の後、首都圏で震度6以上の地震が来る確率は、なんと70%という数字が出ています。

この数字の意味するところはなんでしょうか。

例えば、70%の確率で雨が降ると天気予報で出ていれば、普通は「雨が降る」と思い、「傘を持って行く」という行動に出ます。

また、70%の確率で円安になると聞けば、普通は「円安になる」と思い「円を売って、反対の通貨を買う」という行動に出ます。

それらと同じように考えれば、普通は「大地震が来る」と思い、「この地を離れる」という行動に出てもおかしくありません。

[ad#shoshinsha336280]

実際には行動を起こせない

しかし、実際にそういった行動に出る人はほとんどいません。

確率という意味では全く同じはずなのに、です。

ではなぜ行動を起こさないのでしょうか。

それはやはり、ほとんどの人はそんな地震なんて来ない、と勝手に思い込んでいるからです。ここ最近で2度も大きい地震が起きているにもかかわらず。

そして何と言っても一番の理由は、今の生活を捨てられない、ということだと思います。

現実に今の生活を捨てて海外に住める、という人はどのくらいいるでしょうか?

一部のお金持ちを除いてほとんどいないでしょう。

<スポンサーリンク>

命さえあればなんとかなる

しかしここで命と今の生活のどちらが大切か、ということです。

当たり前ですが、命がなければどんなとこでも生きていけません。一方、命さえあればなんとかなるかもしれません。

日本に住むリスク

日本に投資するかどうかも問題ですが、今はそもそも日本に住むこと自体がリスクだと思わなければいけません。

過去最大級の自然災害には人間の力は無力です。

<スポンサーリンク>

本当の投資を学びたい人必見【投資の達人講座】

今やるべきこと

日本を離れるにせよ、住み続けるにせよリスクがありますが、何かが起こってもそのリスクを最小限にしておきたいのです。

そのためにはやはり、世界のどこにいても自分で稼ぐ力をつけることでしょう。もっと言えば、自分が働けなくても、部下やお金が働いてくれるようにしておく、つまり投資しておくことが必須なのです。

この素晴らしい国を離れるには勇気がいりますし、住み続けるのもまた勇気がいります。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国不動産投資で、ダブルで稼ぐ

Contents1 米国不動産投資のイメージ2 どこから情報を得るか?3 米国不動産を推す理由3.1 人口増3.1.1 米国3.1.2 他国3.2 法整備3.2.1 米国3.2.2 他国3.3 減価償 …

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

旅と投資を両方楽しみたい

Contents1 旅をしながら投資する、投資しながら旅をする2 不動産2.1 数人でツアーに参加するメリット2.2 デメリットは3 ペーパーなど3.1 関連 旅をしながら投資する、投資しながら旅をす …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える4.1 …

OECD消費税増税勧告のナンセンス

Contents1 OECDの消費税増税勧告2 洗脳3 消費税増税の根拠4 消費税は全国民に公平か5 無駄を排除せよ6 消費税増税で万事休す6.1 関連 OECDの消費税増税勧告 日本の消費税は19年 …