投資情報

バングラデシュの不動産に賭ける

投稿日:

Pocket

実際にバングラデシュに行ってみた

エアコンはもちろんありません

 

昨年バングラデシュの土地に投資した(その後更に追加投資)筆者がその業者の招待で実際に現地へ行ってみました。

※参照

http://tabitoushi.net/2018/03/19/バングラデシュ不動産投資でデッカく稼ぐ/

旅好きの筆者でも、実はそれまで一度もバングラデシュを訪れたことはありませんでした。

なぜか、と考えてみたのですが、単純に特に行きたいという欲求に駆られなかったからです。

特にこれといった観光地もなく、ゆっくりできるわけでもなく、おまけに今は直行便がなく、距離は日本からそんなに離れてなくても時間がかかるため、行く理由がなかったのです。

だから、もしバングラデシュに投資しなければ、永遠に行かなかったかもしれません。

そういう意味では、非常に良い機会でした。

<スポンサーリンク>

iDeCoで節税しよう

実際のところ、バングラデシュってどうなの?

大規模な開発があちこちで

 

今回の視察は、実際に自分たちが投資した土地や今後投資する可能性のある土地を中心に見たり、現地の業者さんやいろいろな事業をしている会社を訪問しました。

聞いてはいましたが、インフラがほとんど整備されていません。

普通に停電も起きるし、公共交通機関もほとんどないので、道は大渋滞、交通ルールもないに等しいので、何をするにも非常に時間がかかります。

一部の地域を除いて衛生状態も悪く、この国には奇病が多いというのも頷けます。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

バングラデシュのポテンシャル

人、人、人

 

しかし、逆を言うとバングラデッシュはこれから発展するしかないのです。ポテンシャルという意味では十分なのです。

数年前まで同じように見られていた東南アジア諸国が目覚ましい発展を遂げており、日を追うごとに進化しているので、余計に差があるように思えます。

タイやマレーシアは言うに及ばず、ベトナムやカンボジアと比べても圧倒的にバングラデシュは遅れているのです。

<スポンサーリンク>

バングラデシュには富裕層も多い

富裕層は高級百貨店でお買い物

 

意外に思われるかもしれませんが、バングラデシュには実は富裕層がかなりいます。そもそも人口が1億6千万人もいるのですから、いても不思議ではありません。

ということは、これからこの富裕層が消費したり、投資したりすれば、ますます国も成長していくはずです。

<スポンサーリンク>

TechAcademy [テックアカデミー]

だからバングラデシュに投資する

当然ですが、投資は伸び代があるところにしなければいけません。だから、バングラデシュはそれに十分値する国と言えるのです。あまりにも遅れ過ぎています。

そして具体的な鉄道や教育施設、住宅地の建設計画が発表され、またすでに着手されており、これから前進するしかないのです。

実際に行ってみると、現段階でこの国以外の新興国に投資する気が起きません。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

東南アジア不動産投資(タイ、マレーシア編)

Contents1 タイ、マレーシアの不動産2 タイ、マレーシアは確かに住みやすい3 マレーシアのジョホールバル4 不動産は流動性が悪い5 首都以外も視野に5.1 関連 タイ、マレーシアの不動産 東南 …

クアドラントの「 I 」(投資家)になる!

Contents1 金持ち父さん、貧乏父さん2 クアドラント3 右側であればいいのか?3.1 共通点3.1.1 他人やカネに働いてもらう3.1.2 時間3.1.3 勉強3.2 相違点4 やはり目指すは …

いざという時のための資格取得

Contents1 いわゆる自己投資2 4つの資格3 その資格で仕事はしてないが4 仕事に関係する資格なら取るべき5 いざという時に威力を発揮する5.1 関連 いわゆる自己投資 「資格を取る」というこ …

成城石井が選ばれる理由

Contents1 成城から各地へ2 決して安くはない3 何が客を惹きつけるのか3.1 顧客優先の原則3.2 品揃え3.3 価格と品質のバランス3.4 立地3.5 商品開発力、マーケティング力3.6 …