投資情報

サッカー日本代表に見る今後の日本

投稿日:

Pocket

ワールドカップ出場選手選出

ロシアで開催されるサッカーワールドカップの日本代表選手が発表されました。

予選突破を決めた前監督であるハリルホジッチを大会直前で解任するという、ほとんど暴挙とも思える行為に出たサッカー協会は、後任に西野さんを選びました。

ハリルホジッチの解任が正しいとか正しくないという議論は置いといて、解任がベストと判断したのであれば、当然に解任の理由を埋めるべく行動に出なければなりません。

そして、その結果が勝利に結びつく内容でなければならないのです。

そうでなければ、解任の正当性が否定されてしまいます。ストーリーがなくなってしまいます。

 

[ad#shoshinsha336280]

代表発表

大会前国内最後の公式戦であるガーナ戦でも特に目立った選手もなく、完敗し、翌日のロシア行き代表選手の発表ではある意味筋書き通りの内容だったような気がします。

本田、香川、岡崎のいわゆるビッグ3を予選やヨーロッパ遠征で外して戦ったハリルホジッチが、もしかして本大会でも外すのではという危機感がサッカー協会やスポンサーをそうさせたのかもしれません。

<スポンサーリンク>

残念ながら勝てない

本大会まで残された時間がない中で、このチームが急に強くなることは考えにくいです。

ましてや同グループには全て格上の強豪国がいるのです。普通にやって勝てない相手と戦うには相当の覚悟が必要なのです。

にもかかわらず、特になんのアイデアもなかったのです。

いかにも日本的

4年前のブラジル大会で日本が惨敗したことはまだ記憶に新しいところですが、今回のメンバーを見ると、4年前のそれの半分が残っているのです。

つまり、今回の結果が前回と同じあってもそれを許容してるようにも見えます。

もちろん上手い人、強い人、コンディションの良い人が選ばれるべくして選ばれているのなら、なんの問題もありません。

しかし、予選で活躍した選手、今旬な選手が選外になっているという事実は何を物語っているのでしょうか。選ぶ勇気がなかったのでしょうか。

このあたりは他人の目を気にして自分の意志を通せない、いかにも日本的、日本人的な行動だと感じます。

なんとかしたい!という意志が全く見えません。

<スポンサーリンク>

サッカーだけではない

世間を賑わせた日大事件もそう、官僚や政治家のめちゃくちゃな発言や行動も全て根幹は同じです。

上からの圧力に抵抗できない、自分の考えをはっきり言えない、革新を嫌う人たちの集まりなのです。

この美徳が今後も尊重され、日本が発展すればいいのですが、その可能性は低いでしょう。

忖度という言葉が流行りましたが、2年連続で賞をもらえそうな雰囲気になってきました。

 

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …

ニセコに見るこれからの日本

Contents1 日本であって日本でない2 ニセコは潤い、北海道も潤うか3 実際は4 お客さんは外国人ばかり?5 ニセコ税5.1 関連 日本であって日本でない 北海道のニセコはその雪質により、スキー …

素人が大量参入したら一旦利確

Contents1 コロナで株価指数上昇2 株価って何?3 代表的な株価指数3.1 日本3.1.1 日経平均株価3.1.2 TOPIX(東証株価指数)3.2 米国3.2.1 ダウ平均(ダウ・ジョーンズ …

デフレから脱却できない日本

Contents1 日本のデフレは先進国で唯一?2 国は2%の物価上昇を目論むが3 なぜ給与は上がらない?4 対策はしてるのか?5 デフレ脱却のためにやるべきことは?5.1 今やるべきことは、ズバリ減 …

子供にどこの教育を受けさせるか

Contents1 教育は重要な問題2 日本の教育3 海外という選択肢4 真剣に考える時5 結論は5.1 関連 教育は重要な問題 お子さんのいる家庭が考えなければならない重要な問題の一つに、そのお子さ …