投資情報

日大アメフト部は日本の象徴

投稿日:

Pocket

今日本で最も熱い話題

今をときめく大学のアメフト部が連日ニュースで大きく伝えられています。

関学との対抗戦で日大の選手が、ボールを持っていない関学の選手に故意にタックルしたという問題が発生し、日大アメフト部の謝罪や記者会見等の初動のマズさから、もはや話は大学そのものにまで発展しています。

プレーに関係ない相手にタックルをしたこと自体が悪いのは疑いようがないのですが、それを選手本人の意志でやったのか、監督の指示でやったのかが争点になっています。

これについては、選手本人が単独で記者会見を開き、「監督の指示だ」と主張しました。

この後慌てて監督とコーチが記者会見を開き「選手の判断だ」と反論しました。

どちらが真実かはわかりませんが、おそらく日本国民の99%は選手の方を信じているのではないでしょうか。

なぜなら、選手自身が自発的にそうする理由が見当たらないからです。監督の「つぶせ」の指示を誤解した、と監督は主張していますが、昨日今日作った即席チームではあるまいし、また選手も幼稚園児ではないのだから、そんな誤解は普通あり得ないでしょう。

<スポンサーリンク>

初動からその後のすべてが悪い

言った言わないはさておき、今回の事件で一番マズかったのは、日大側の相手選手や学校に対する謝罪のタイミングや態度などです。

よく企業が不祥事を起こした時にとる対応で、ちゃんとした企業とそうでない企業とに分かれるように、今回の日大は明らかに後者でした。

さらに選手が謝罪会見をした後に慌ててやった監督側の会見が火に油を注ぎました。

残念ながら点数をつけるとしたら「0点」でしょう。

奇しくも2016年に「危機管理学部」を創設していたというところがなんとも皮肉です。

<スポンサーリンク>

今なら無料のオンライン講座!投資の達人になる投資講座

これも全て原因は一緒

もっとも、日大の監督、コーチが100%悪いのかというと、そうとも言い切れないのではないでしょうか。

というのも、ここが典型的な日本の体育会の一つであったのであり、それは他にも日本中で山ほどあるのです。

やはり根源は戦時中の日本の軍隊にあると私は見ています。当時の教育が戦後70年以上経った今、なお綿々と受け継がれているのです。

上には絶対服従の原則が今も学校、いや社会全体の常識になっているのです。「個人の尊重」という超基本的な概念が全くないのです。

だから、会社でも自殺者が出るということが日常茶飯事になっているのです。

海外の人が聞いたら腰を抜かすような内容ですが、これが日本のスタンダードなのです。

これは学校教育から変えていかなければならないのですが、容易なことではありません。

いっそのこと、全学生に海外留学を義務付けるくらいの政策が必要です。これからは若者が海外に行っていろいろな経験を積むことが必須になってきます。日本のスタンダードは世界のスタンダードではないのです。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人になる投資講座】

来年の受験者数への影響は必至

学校にしろ企業にしろ不祥事は起きるのですが、その後の対応が世間の信頼を維持できるかどうかの分かれ目だと思います。そしてそれは、経営に直結すると言っていいと思います。

そういう意味では、今回の事件で日大アメフト部だけでなく、日大そのものの信用が失墜してしまったので、来年の受験者数減とそれによる経営への影響は計り知れないでしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナで医療費増大、自己負担率増の悪夢

Contents1 医療費も年金に迫る勢い2 医療費も確実に財政を圧迫する3 予防という観点の欠如4 医療費を削減するには4.1 平均在院日数を減らす4.2 セルフメディケーション4.3 薬剤自己負担 …

大坂なおみから国籍の意味を考える

Contents1 全米オープン制覇 大坂なおみ2 別の話題も3 日本人とは何?4 日本特有の問題か5 もはや何人か?など問題ではない6 それでも世界に差別はある7 国籍にほとんど意味はない8 日本の …

展示会に出展する心得はコレだ

Contents1 毎日どこかで展示会2 出展にかかるコスト2.1 小間代2.2 装飾代、デモ代2.3 搬入、搬出費用2.4 人件費2.5 旅費交通費3 期待される効果3.1 新製品を現物で紹介できる …

ついに来たアメリカ大統領選

Contents1 いよいよ決戦の時 トランプ対バイデン1.1 大統領選は長期戦1.2 アメリカ大統領の任期は4年1.3 三選禁止2 アメリカ大統領選のシステム2.1 ステップ1.民主党と共和党の2大 …

だから勉強しなければならないのだ

Contents1 昔から誰もが一度は感じる疑問2 聴かれても困ってしまう3 勉強しなくても生きてはいける3.1 学校で習うことは社会では使わない?3.2 事実勉強してない人でも生きていけてる4 それ …