投資情報

投資と消費

投稿日:

Pocket

投資と消費のどちらが好きですか?

私は「 投資」という言葉が好きです。一方で、「消費」という言葉はあまり好きではありません。なぜなら、「お金のない人は消費する。お金のある人は投資する。」が座右の銘だからです。もっとも、自分は金持ちではないですが・・・。だから投資するんだ、とも言えます。

<スポンサーリンク>

ホームページ作成サービス「グーペ」

投資とは?

もちろん読んで字の如く、利益を得るために資金を投入することですが、その具体的な行為は多岐にわたります。

居住用の不動産を購入するのは投資か?

例えば、自分が住むための家を購入する行為はどうでしょうか。自分が住むのだからそんなの投資なんかじゃない、と言われる方は多いと思いますが、私は完全にこれを投資行為として考えています。

つまり、私は物件を見る時に、今この物件を買って、5年後に今より高く、もしくは同価格で売れるか、を選定の基準にしています。そういう目で見ることが実は不動産の本質を見ることだと思っています。
単に安いからとか、大規模だから設備が充実しているからだとか、プールがついているからだとかだけで決めているとしたらあまりに危険です。

[ad#shoshinsha336280]

自宅は資産?それとも負債?

そもそも「不動産は資産でしょうか?それとも負債でしょうか?」という議論がありますが、自分の居住用としての不動産はやはり負債です。

基本的に、お金を生まないものは全て負債です。居住用の不動産はいろいろなコストはかかりますが、お金を生まないので完全に負債です。これを人に貸して家賃をもらったり、売って現金に換えて初めて資産になります。

<スポンサーリンク>

特に不動産はペーパー等と違って流動性が悪く、要らなくなったからすぐ売ろうと思っても思うように売れません。そういう意味でも自宅用だろうが、賃貸用だろうが前述したような視点で選んでみると良いと思います。

不動産は、1に立地、2に立地、3、4が無くて5に立地(日本)。ロケーション、ロケーション、ロケーション(米国)。と昔から言われているにもかかわらずこれを無視する人がたくさんいます。というか、そもそもそういう知識がない人が多すぎます。

不動産屋は当然プロで、素人との知識の差は歴然としています。その人達の言うことはウソではないのですが、売るのが仕事であって、私達の資産設計を考えてくれているわけではないのです。良いことばかりを言われると、ついその気になってしまいがちです。

プロと同じ知識をつけるのは無理にしても、常に勉強は必要です。

コレを終の住処にするからそんなの関係ないよ、とおっしゃる方、人生何があるかわかりませんよ。

<スポンサーリンク>

【火災保険の窓口】

お金を使う行為は全て投資と考える

不動産に限らず、お金を使う行為は全て「投資」行為だと考えれば、常に自分の今してる行為をする意味を考えるようになると思います。

一つ一つの行為を単なる消費ではなく投資だと考えて貴重な財産を増やしましょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

効率よく稼ぐための外部活用のススメ

Contents1 収入を最大に支出を最小に2 ポイントは支出3 時給の安い人に任せる4 家事も同じこと4.1 関連 収入を最大に支出を最小に 投資にしろ、ビジネスにしろ、稼いでナンボですから、利益を …

日本へは投資すべきか?

Contents1 日本の景気はいいのか?1.1 法人の所得額は過去最高1.2 飲み屋はいっぱい、タクシーも行列1.3 株高も2 恐ろしい今後の日本2.1 株価は下がっていく2.2 人口減少と超高齢化 …

マイナポイント5,000円分を今すぐゲットだ

Contents1 マイナポイントとは2 マイナポイントの目的2.1 マイナンバーカードの普及2.2 キャッシュレス決済の普及2.3 消費の活性化3 どうやってマイナポイントをゲットするか4 子どもの …

最初の投資が暗号資産(仮想通貨) はヤバいぞ

Contents1 再び脚光2 暗号資産は資産か3 投資対象は、株、債券、不動産4 若者はなぜ暗号資産へ?5 投資は稼げる6 若い人こそ勉強7 金融リテラシー7.1 関連 再び脚光 最近また暗号資産が …

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …