投資情報

預金残高が過去最高

投稿日:

Pocket

日本人の預金残高が過去最高

日本人の預金残高が過去最高になっています。

理解に苦しむ一方で、日本人らしいといえばそうだし、全然日本人は昔と変わってないなーという印象です。

銀行に預けてもほとんど利息がつかない現状では、むしろタンス預金が増えているという報道がなされていたので、混乱してきました。

その原因を探ってみました。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

原因は?

将来への不安

これが1番大きいのではないでしょうか。

世の中には好決算を迎えている企業が多いとは聞きますが、企業は内部留保を大きくするか株主への配当を増やすだけで、儲けが従業員等になかなか分配されません。

いわゆる「労働分配率が低い」というやつです。

ということは、収入が増えるのは一部の株主だけということになります。

つまり普通のサラリーマンは収入がなかなか上がらず、一方で税や社会保険の負担が大きくなっています。

そうであれば、当然みんな消費に慎重になり、とりあえずは預金をしておこうと思うのも当然かもしれません。

他に投資すべき商品が見当たらない

当面使う予定のないお金があるなら、本来それを遊ばせておくのはもったいないはずです。

昔はそれこそ銀行預金、郵便貯金に置いておくだけで、何年か後に倍になってるという夢のような時期もありました。

しかしもちろん今は違います。預金はおろか他にも美味しい投資商品が国内にはないのです。

もし投資するにしても知識がないので、証券会社の勧めるままに株や投資信託に使うしかないのです。

<スポンサーリンク>

今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

やるべきことは

お金に働いてもらう

将来が不安であれば、お金を増やせばいいのですが、労働以外に増やし方を知らない人が多すぎます。そういう人は早急に投資の勉強をする必要があります。

自分の体力は落ちていく一方です。とにかくお金に働いてもらいましょう。

[ad#shoshinsha336280]

海外を利用する

前述の通り、国内の投資商品にはまともなものはほとんどありません。

そうであれば、当然海外のそれを利用すればいいのですが、何をどうすればいいのかわからないという人が多いと思います。

今はネットでもいくらでも探せますし、セミナーなどもやってますので、まず参加してみることです。

海外投資は慎重さとともに積極性が必要です。

外貨に替えておく

日本の銀行に預金していて、インフレになれば、お金の価値が下がります。だから、必ず一定額は米ドルをはじめとする外貨に替えておくのです。もちろん海外の銀行に。

違う通貨をいくつか持っていれば、全ての通貨が下落するということはありません。

<スポンサーリンク>

預金封鎖もあり得る

日本人にとって最も安全だと思われている銀行預金は、実はかなり危険なことかもしれません。

実際に戦後行われた預金封鎖が今後ないとは限りません。NHKが特集するほどです。

自分の資産は自分で守りましょう!

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

独自サービスを提供するSMBC日興証券

Contents1 SMBC日興証券2 日興イージートレードと日興フロッギー2.1 日興イージートレード2.1.1 単元未満株の投資2.1.1.1 ○ミニ株(10株)2.1.1.2 ○キンカブ(金額・ …

ついに来たアメリカ大統領選

Contents1 いよいよ決戦の時 トランプ対バイデン1.1 大統領選は長期戦1.2 アメリカ大統領の任期は4年1.3 三選禁止2 アメリカ大統領選のシステム2.1 ステップ1.民主党と共和党の2大 …

確定拠出年金で節税だ!

Contents1 年金の構造1.1 公的年金1.2 私的年金2 会社員(第2号被保険者)2.1 企業年金(3階部分)2.1.1 確定給付年金と確定拠出年金2.1.1.1 確定給付年金(DB)2.1. …

金融機関のカモになる日本人

Contents1 金融商品を扱う金融機関2 カモがネギを背負ってやって来る3 半分以上の投資家は儲からないという事実4 営業マンに聴いてみよう5 金融庁長官が異例の指示6 原因はいつも同じ6.1 関 …