投資情報

小銭を軽んじるな!

投稿日:

Pocket

1,000円の攻防

一般的な庶民は、1,000円を超えるかどうかで、お金を躊躇せずに払えるかどうかが分かれると思います。

つまり、1,000円未満であれば、「まあいっか」と、ちょっと無駄だと思ったり、我慢できることでも我慢せずお金を払ってしまいます。

しかしこの行為の繰り返しが実はお金持ちにはなれない理由なのです。

<スポンサーリンク>

具体的には

嗜好品

これくらいの金額で多いのが嗜好品です。酒やタバコ、お菓子やコーヒーなど、無くてもなんの問題もない物が多いのです。

ランチはコンビニでパンやおにぎりなどを買って安く済ませ、高いスタバのコーヒーなどを飲んでる人がたくさんいますが、やるべきことが完全に逆です。

コンビニでさらに余計なお菓子などを買っている人はほとんど癖になっているのです。

ランチは栄養のあるものをしっかり食べて、コーヒーはコンビニで済ませるのがあるべき姿です。

携帯代やゲーム

携帯の通信費も月払いなのであまり目立ちませんが、ネットばかりやっていると、毎日少額が加算されていくのと同じ状況になってしまいます。

ゲームセンターなどでするゲームは言うに及ばずです。

<スポンサーリンク>

今なら無料のオンライン講座!投資の達人になる投資講座

タクシー代

飲んで夜遅くなって、帰宅のために自腹で払うタクシー代は、そもそも1,000円どころではないので言語道断です。

ここで、近場で時間を節約するためにタクシーに乗るのは、むしろいいことではありますが、それはあくまで、その浮いた時間を有効に使える人、もっと言えば、その時間にタクシー代よりも稼げる人だけが許されることです。

単にめんどくさいからとか、疲れたから、という人に使う資格はありません。それは単なる浪費なのです。

100円ショップ

1100円だからという理由で、カゴがいっぱいになるまで買物する人がいますが、こういった商品は寿命が短いか、どこかに紛失してしまうことが多く、結局「安物買いの銭失い」になるものです。

良いモノを長く使う、のがお金持ちです。

コンビニでの買物

100円ショップに行くよりも頻度が高いのがコンビニです。

コンビニは便利さが価格に現れているため、ほとんどの場合普通のスーパーより価格は高いです。

ジュースなどは下手するとスーパーの倍くらいする場合もあります。

その価格差を払ってまでコンビニで買わなければならないものなどないはずなのに、みんな行くのです。

それこそ500円にもならないほど一回の価格が少ないから、つい行ってしまうのでしょう。

<スポンサーリンク>

お金持ちにはなれない

上記のような行動をしている人を見ていると、やはりお金持ちではない人が多い気がします。

本当のお金持ちは基本的に無駄使いしません。そして贅沢もしません。そんなお金があるのなら彼らは投資に回します。

逆を言えば浪費しているような人はお金持ちにはなれないのです。

もしお金持ちになりたければ、小銭を大切にしましょう!

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットは、1セントが落ちていたら拾います。そしてこう言います。「10億ドルへの第一歩さ」と。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大増税時代を生き抜く

Contents1 日本は増税無しには成り立たない?2 次から次へと来る増税の荒波2.1 配偶者控除見直し2.2 紙巻きタバコ2.3 出国税2.4 ついに来たか消費税10%2.5 所得増税2.6 ワイ …

イギリスの不動産に投資する

Contents1 ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン1.1 先進国1.2 新興国2 イギリスの不動産とは3 堅実でしかも少資金から始められる4 イギリス不動産投資の出口を考える ハイ …

マイナポイント第2弾で15,000円ゲットだ

Contents1 マイナポイント第1弾は失敗?2 第1弾(めんどくさい)2.1 マイナンバーカードを作って5,000円分のポイントゲット2.2 正直年配の人はムリ3 第2弾(作業は超簡単)3.1 1 …

有事の円高、これだけを覚える!

Contents1 有事の円買い2 日本円は安全資産か?3 代表的な低リスク通貨、米ドル・ユーロ・日本円3.1 米ドル3.2 ユーロ3.3 日本円4 為替はわからない5 為替はこう動く5.1 短期的5 …

買い物はセルフバックでお得にする

Contents1 アフィリエイト2 企業(広告主)も積極的に活用2.1 手数料が少なくて済む2.2 広告宣伝費の削減3 アフィリエイトで食っていく?4 セルフバック5 セルフバックでお買い物6 自分 …