投資情報

糖尿病をナメたらダメよ

投稿日:

Pocket

糖尿病大国日本

日本の糖尿病患者は優に1000万人を超えると言われています。さらにその予備軍まで含めると、その数は2000万人ともいわれています。

なんと日本人の約10人に1人が糖尿病なのです。この数字を聞いて驚かない訳にはいきません。筆者の身近には糖尿病患者は一人もいないことから、余計に違和感を感じてしまいます。ただそれが事実なのです。

日本の糖尿病患者に要する医療費は世界5位で、立派な糖尿病大国です。

ちなみに世界には現在4億人の患者がいて、毎年1000万人ずつ増えているそうです。

<スポンサーリンク>

発症すると治癒しない

糖尿病は発症すると治癒しないと言われています。つまり死ぬまで付き合うことになるのです。さらに透析したりと過酷な生活が待っています。

そしてこの病気の恐いところが合併症です。重症化すると神経麻痺や血管障害、腎臓障害などを起こし、失明などの重篤な結果に繋がったり、他の病気の発症・進展を促進させることがあるのです。

つまり早期の治療が必要なのです。

<スポンサーリンク>

どうしてここまで多いのか?

食事

糖尿病になる理由は素人的には容易に想像できます。甘いものを食べたり飲んだりするから、だと思っていますが、単に甘いものを食べるだけじゃなく、バランスが悪いのが原因です。

また食文化も完全に欧米化しているからでしょう。

他にはどんな原因があるのでしょうか?

遺伝

糖尿病は遺伝に起因するところが大きいのですが、これは本人の意志ではどうにもならないので諦めるしかありません。

運動不足

食べたら運動しなければいけないのは当たり前ですが、現実は運動不足が常態化している人が多いのです。

運動といっても、激しい運動ではなく、歩くだけでいいのですが、それすらできていない人が多いのです。

世の中が便利になればなるほど歩く機会が減ります。メールやスカイプなどによって移動せずとも会話ができたり、ネットで買い物もできるため、動く必要がありません。

今後実際の移動なしに全てできるようになったら、糖尿病の心配と共に足腰の心配もしなければならないことになります。

[ad#shoshinsha336280]

低学歴や不安定雇用に起因する貧困

よく肥満と貧困が結びつけられますが、糖尿病との因果関係も当然あります。野菜などを取らずに安くてお腹が膨れるジャンクフードばかり食べていれば必然です。

親の収入や学歴によって、その子どもたちのそれらも決定する場合が多いというのは、遺伝に似ているかも知れません。

若い人の患者も増えている

糖尿病と聞くと、年配の病気のように思えますが、今は若い成人、更には10代の患者も増えています。

このままではますます医療費が増大する

これからも糖尿病患者の数は増えることが予想されています。そうであれば当然に医療費が増え、国の財政を圧迫します。

高齢者が増えるだけで医療費が増えるのに、さらに特定の病気のしかも若年層の患者が増えれば、今後の日本の財政は真っ暗です。

<スポンサーリンク>

とにかく糖尿病にならないようにする

糖尿病になる前に食生活を変えるとか、一日1万歩歩くなど普段から出来ることをやりましょう。

特にお金のかかることはありません。逆になってしまうと、経済的にも肉体的にも精神的にも相当の負担を強いられます。

お金がかからない投資だと思えば、すごくお得です。

学校での教育を含めて、社会全体に啓蒙していく必要があります。

※高血圧も恐い

↓↓↓↓↓↓↓

血圧は健康のバロメーター

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バングラデシュの不動産に賭ける

Contents1 実際にバングラデシュに行ってみた2 実際のところ、バングラデシュってどうなの?3 バングラデシュのポテンシャル4 バングラデシュには富裕層も多い5 だからバングラデシュに投資する5 …

タワマンを買ってはいけない

Contents1 タワーマンション受難の時代1.1 自然災害1.1.1 地震1.1.2 水害1.1.3 暴風1.2 コロナウイルスの影響1.2.1 エレベーター1.2.2 心身の不調2 タワマンを買 …

これからが本当の働き方改革だ

Contents1 コロナウイルスの影響で世界は大混乱2 会社の対応2.1 進んでいる会社は違う2.2 一方で何もしない会社も3 今流行りの働き方改革4 これは不幸中の幸いだと思うしかない5 従業員は …

飲食店が激しく減っていく

Contents1 飲食店にとって厳しい時代2 飲食店はなぜ厳しい?2.1 客側2.1.1 そもそも飲まなくなった2.1.1.1 人口減少2.1.1.2 若者2.1.1.3 会社関係2.1.1.4 遅 …

お金持ちの行動から学ぶ

Contents1 お金持ちと一緒に行動する2 3つのレベル2.1 ①お金があまりない人2.2 ②小金持ちの人2.3 ③大金持ちの人3 情報弱者にならないために3.1 関連 お金持ちと一緒に行動する …