旅情報

中南米を旅するためにスペイン語を

投稿日:

Pocket

中南米への個人旅行にスペイン語は必須

中南米を一人で旅するには、スペイン語は必須です。

中南米には多くの国がありますが、ブラジルはポルトガル語ですが、そのほかのほとんどの国はスペイン語を公用語としています。

思い立ってふらっと中南米を旅行する人はあまりいないと思いますが、もし、何かの機会で行くことになったら、また行きたくなったら、少しでもスペイン語をかじっておきましょう。

<スポンサーリンク>

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

英語は通じない

というのは、中南米の田舎は言うに及ばず、都市部でもホテルや観光地を除いて、基本的に英語が通じないからです。

世界でもこんなに英語が通じないところは珍しいのではないでしょうか。

じゃあコッチは英語を喋れるのかよ、と聞かれれば、たいして喋れないと答えざるを得ないのですが、彼らの喋れないは、ワン、トゥ、スリーも言えないというレベルなのです。

つまり全くわからないと言ってもいいと思います。

こちらはスペイン語がわからない、向こうは英語がわからないで、会話ができません。

もちろんわからなくても、旅行はできます。
レストランに行けばこれ食べたい、ホテルに行けば泊まりたいというのはあたり前ですから。

<スポンサーリンク>

基本的なスペイン語の単語だけでも

ただ、数字とかがわからないと困る事もあります。順番を待ってて、呼ばれても数字がわからないと自分の番かどうかわからないからです。

筆者は一度チリで飛行機のキャンセル待ちをしていて、順番に乗れる人の番号を呼んでいったのですが、数字くらいは知っていたので実際助かりました。

ボーっとそのまま待っていたら乗れなかったことでしょう。

こんなことならまだしも、緊急時の命に関わるようなことがあればそれこそ大変です。

<スポンサーリンク>

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

アメリカ南部でもスペイン語

また、世界を見てもスペイン語を話す人口は、英語、中国語の次に多いのではないでしょうか。

アメリカでも、カリフォルニア州等、特にメキシコと国境を接する地域はスペイン語がかなり話されていますし、標識などもスペイン語が英語と並んで表示されています。

南部以外でもアメリカにはヒスパニックが数千万人いると言われています。特にニューヨークのレストランの料理は、全て「メキシコ料理」だと言われるくらい、メキシコ人が飲食店で働いています。

だから、スペイン語が話せれば、いろいろな地域で恩恵が得られると思います。

スペイン語の勉強

英語もろくにできないのにスペイン語なんて、とお思いの方も多いと思いますが、日本人には英語よりむしろスペイン語の方が発音的には合っていると思います。

スペイン語はローマ字のようにそのままアルファベットを読めば大体いけますし、そもそもスペイン語の単語は英語のそれと7割は似ているので、英語が少しでもわかれば断然理解も早いのです。

というわけで、スペイン語が分かると楽しめる世界も広がります。

もっともどこに行こうが、英語は必須ですが。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コンラッド バンコク レジデンス 宿泊記

Contents1 ヒルトン系上級ブランド 「コンラッド」2 駅から微妙な距離3 レジデンス4 レジデンスに豪華さはない5 朝食は素晴らしい6 その他のレストラン6.1 LIU(柳)6.2 ディプロマ …

初めてのスリランカを5日間で楽しむ

Contents1 南アジアの小国 スリランカ2 スリランカの個人旅行は実はそう簡単でもない3 スリランカ5日間の行程3.1 1日目3.2 2日目3.2.1 アヌラーダプラ→ポロンナルワ3.2.1.1 …

「ピンクのカオマンガイ」へ食べに行く

Contents1 シャツがピンク2 ピンクのカオマンガイの場所は少し不便3 早い、安い、美味いの三拍子揃っている3.1 早い3.2 安い3.3 美味い4 昼の休み時間に注意5 ピンクのカオマンガイは …

バンコクの人体博物館へ行こう(museum of human body)

Contents1 人体博物館は街のど真ん中にある2 チュラロンコン大学の授業用か?3 人体の内部がわかりやすく4 頭のてっぺんからつま先まで5 直視できないものもあるが 人体博物館は街のど真ん中にあ …

マレーシア航空のゴールデンラウンジを楽しむ

Contents1 マレーシア航空のゴールデンラウンジ2 凌ぎを削る各社3 ゴールデンラウンジのここがいい3.1 24時間利用可能3.2 仮眠室3.3 ダイニング3.4 1泊2食4 香港のキャセイラウ …