投資情報

出国税で富裕層を狙い撃ち

投稿日:

Pocket

出国税とは

日本の富裕層が国外に居住地を移す際に適用される税制度。正式名称は「国外転出時課税制度」。国外移住による富裕層の課税逃れ防止を目的に、2015年7月1日より導入された。対象となるのは、1億円以上の金融資産を持ち、国内在住期間が5年を超える資産家。海外への移住の他、1年以上の海外転勤や留学の際にも適用され、株式や投資信託などの有価証券、未決済の信用取引といった金融資産の含み益に所得税が課せられる。納税せずに出国した場合、加算税などを含む額が追徴課税される。

 

[ad#shoshinsha336280]

利益と損失を考える

なんでもそうですが、何かを始めたり、規則等を作る場合、それを実施することにより発生する利益と損失を衡量し、利益の方が大きければそれを実施するし、損失の方が大きければ当然実施しないという結論になります。

ところで、この法律を作る場合はそれを考慮したのでしょうか?

利益

当然、この税の目的は、富裕層がその資産を処分した際に、本来日本で納税するべき税金を税率の低い国で納税することを許さないことです。

日本は全世界課税の国ですから、居住地が日本であれば世界のどこにいようが、日本に納税する義務があります(現地で払えばその分は相殺される等の例外はあります)。

ですので、目的は間違ってないのです。

<スポンサーリンク>

損失

では損失は何でしょうか。

この制度が作られる以前から、最高税率が上がったりして、重税に苦しむ富裕層は居住地を海外に移しています。

私達が知っているような人ですらそうなのだから、普通の起業家や日本に住む必要がない富裕層は当然に海外に移住します。

「海外に住んでる」と主張しても、日本での滞在日数等で、「日本に住んでいる」とみなされると、追徴課税されたりしますが、その辺のことはみんなよく知っているので、日本での滞在は何日まで、というふうにうまくやっています。

現在、日本にいなければ仕事にならないということも少なくなってきているので、ますますこれから加速します。

そうするとどうなるかというと、日本に住んでいるのはお金持ち以外の人ということになります。

その結果、当然納税額も減っていきます。

これは日本にとって損失です。

 

<スポンサーリンク>

ではどうする?

こういうくだらない制度を作るより、ズバリ減税によって、お金持ちを呼び込むのです。

資源がなく、これから超少子高齢化社会を迎える日本がやるべきことは、香港、シンガポールのように金融で生きていくことなのです。

日本人だけに頼れない社会になるのは間違いないのだから、海外から人やカネを呼び込まなくては日本の未来はありません。

無策のまま、増税しか知らないお上の人達が変わらなければ、日本はとんでもない国になるでしょう。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-投資情報
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供にどこの教育を受けさせるか

Contents1 重要な問題2 日本の教育3 海外という選択肢4 真剣に考える時5 結論は5.1 関連 重要な問題 お子さんのいる家庭が考えなければならない重要な問題の一つに、そのお子さんにどこの学 …

資金(資本)がある人はココに投資する!

Contents1 お金を遊ばせておくのはもったいない2 本当のお金持ちの人2.1 居住用の建物を建てる2.2 生命保険に入る3 お金持ちではないが、少し余裕資金がある人3.1 暗号資産(仮想通貨)3 …

問題が実際に起きないと行動を起こさない日本人

Contents1 台風頻発と巨大化2 対応2.1 市区町村(地方自治体)2.2 民間の会社等3 投資でも同じこと3.1 関連 台風頻発と巨大化 2018年は、日本列島を台風が毎週のように襲う年になり …

資金が少なくても投資出来る!

Contents1 資金に応じて投資手法も違う2 全く資金のない人2.1 学生、無職の人2.2 安定的な収入はないが、しばらくは食べていける人2.2.1 アフィリエイト2.3 安定的に収入がある人2. …

日本の銀行も淘汰の時代

Contents1 銀行の支店、営業所が減っていく2 銀行の数と稼ぐ力2.1 数2.2 稼ぐ力3 稼げなくなった理由3.1 預貸率の低下3.2 超低金利3.3 決済手段の多様化3.3.1 ネットの普及 …