旅情報

バンコクの激安ホテル アジアホテル

投稿日:

Pocket

駅直結

バンコクのアジアホテルは、BTS(スカイトレイン)のラチャテーウィ駅直結という交通至便な場所にあります。

便利といっても、ラチャテーウィ駅自体はスワンナプーム国際空港と市内を結ぶエアポートリンクの終着駅パヤータイから一駅、中心地サイアム駅からも一駅というビミョーな位置にあります。

両駅から歩けなくなもないですが、歩道が良くないので、距離以上に時間がかかります(筆者は普通に歩けます)

<スポンサーリンク>

老舗の高級ホテル?

アジアホテルは、筆者が35年前の大学生時代に初めて海外旅行した時に泊まったホテルです。

初めての海外ということもあり、何もわからなかったので、適当に選んだのがタイのバンコクでした。そして、当然のようにツアーに参加しました。

当時のバンコクには、確か今ほど大したホテルもなく、アジアホテルは大型の高級ホテルに属していたと思います。

筆者はそれまで、そもそもこういった大型ホテルに泊まったことがなく、日本人ツアー御用達ホテルで、ツアー料金の割にはちゃんとしたホテルだなと、当時は思いました。

 

※もちろんプールもあります

<スポンサーリンク>

最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!

今は格安ホテル?

時代は変わり、今バンコクには雨後の筍の如くホテルが林立しています。世界屈指の観光立国だから当然といえば当然ですが。

流石にコロナパンデミックでその多くが苦しんでいると思いますが、いずれにせよ超高級から庶民的でも快適なホテルまで山ほどあります。

だから、古くなったアジアホテルの地位は相対的に下がり、かなり安くしないと泊まってもらえない部類になりました。

つまり、格安ホテルの部類に入ったのです。

実際、一泊3,000円代は普通ですし、場合によっては、朝食が付いてこの価格の時もあったり、2,000円代の時もありました。

 

※写真ではいつもキレイ(笑)

 

<スポンサーリンク>

【投資の達人になる投資講座】

コスパが高い

現在のアジアホテルの建物は流石に古びており、いつもどこか修繕をしているという印象があります。

また、室内の設備も昔のままのところが多く、他のシティホテルと戦うのはちょっと無理です。

逆に泊まる側にとっては、そこそこのレベルで格安という高コスパのホテルになっており、細かいことを気にしないのであれば、十分だと思います。

ただ、これは長い間ずっとリュックを背負って安宿に泊まりながら旅をしていた筆者の感覚なので、「全然メリットない」と思われる方も多いと思います。

タイのように日本と比べて物価の安い国では、どうせなら日本では泊まれなような高級ホテルにリーズナブルに泊まりたいという人が多いのは当然だからです。

<スポンサーリンク>

空港へのアクセスは重要

前述の通り、空港と市内を結ぶエアポートリンクの終着駅から近いので、もしかしたら、そこが一番のメリットかもしれません。

また、バンコクはまだ電車の路線が少ないので、駅から微妙に距離があるホテルがたくさんあります。

そんな中、アジアホテルはラチャテーウィ駅直結であるのと、前面にパヤータイ通り、少し歩くとペッブリー通りという広い幹線があり、バスで多方面に行くことができ、さらには川を走るボート乗り場もすぐです。

公共交通機関を使う人にとってはやはり悪くない立地です。

そもそもタクシーしか使わないという人はさておき、渋滞の激しいバンコクで、渋滞のない電車で空港に短時間で行き来できるのはやはりメリットでしょう。

 

※ここでスヌーカーをしたことありません。

<スポンサーリンク>

建て替えじゃなくマイナーチェンジで

このホテルはおそらく築40年以上だと思いますが、そうすると建て替えの時期がもう少しすると来るかもしれません。

しかし、今後建て替えで新装オープンすると確実に宿泊料が上がるので、筆者としては中途半端にマイナーチェンジを繰り返して、中途半端な立ち位置を維持してもらいたいところです。

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

336280

<スポンサーリンク>

side

<スポンサーリンク>

-旅情報
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ピンクのカオマンガイ」へ食べに行く

Contents1 シャツがピンク2 ピンクのカオマンガイの場所は少し不便3 早い、安い、美味いの三拍子揃っている3.1 早い3.2 安い3.3 美味い4 昼の休み時間に注意5 ピンクのカオマンガイは …

ネパールでの銀行口座開設挑戦記

Contents1 ネパールで銀行口座開設2 ネパールのローカル銀行2.1 INVESTMENT BANK2.2 PRIME BANK 2.3 Citizens Bank 3 おそらく非居住者は無理3 …

マイルを貯めるべき航空会社(ショッピング編)

Contents1 マイラー必須の武器2 どのクレカを使うべきか?3 絶対に損したくない人は2つのキャリアを持つ3.1 乗って貯める3.2 ショッピングで貯める3.2.1 ・UAセゾンカード(最大1. …

訪日外国人急増で日本は潤うか

Contents1 訪日外国人6,000万人へ2 日本が選ばれる理由2.1 狭い国土に見どころが多い2.2 アクセス良好2.3 相対的に物価が安くなった3 訪日客増で日本は潤うか?4 オーバーツーリズ …

住む場所を特定しない生き方

Contents1 住む場所を自由に決めるという贅沢2 ところで、仕事はどうする?3 子どもの教育はどうする?3.1 関連 住む場所を自由に決めるという贅沢 移住のことについては別の記事で書きましたが …